Webの最近のブログ記事



もうすぐ一時帰国だが、何となく気分が晴れないことがある。どれも自力解決が難しいものばかりに、悶々としてばかり。

  1. 昨年の11月に頼んだコルカタ・アジア協会の写本コピーがまだできない。先月には後輩にお金も払ってもらったし、毎月電話しているのだが「できあがったら電話する」の一点張り。こまめに電話するしか対策なし。

  2. 先月後輩がバンダルカル研究所に頼んだ写本のコピーがまだできあがらない。「20日でできる」と言っていたので、20日過ぎから毎週電話しているのだが、その度に「停電が多くて」「写本の分量が多くて」と言い訳され、1ヵ月半が過ぎた。来週は必ずできるというが、もう帰国だ。

  3. 迷惑メールと掲示板への書き込みがひっきりなし。メールは10通中1,2通しか読むものがない。掲示板は消すのが日課。ホームページにメールアドレスをさらしているからだろうが、何とかならないものか。YY-BBSで特定のIPをはじくプログラムはないかな。

  4. ボードゲーム雑誌『シュピール』が進展しない。〆切まで急いで原稿を仕上げたのだがそのまま。4月、8月、12月に発行の予定だが、昨年8月発行分の5号が今年の1月にずれ込み、昨年12月発行分の6号がまだ出ておらず、今年4月発行分の7号はまだ話にすら上がっていない。エッセン特集号になっているが賞味期限が切れそうだ。私も原稿執筆以外の仕事をしていないので偉そうなことは言えないけれども、大いに心配。DTPの勉強をしてみようかと考えている。手伝ってくださる方がいたらご一報ください。

  5. 博士論文はテキストファイルで作りLaTeXで出そうと思っているが、初稿はワードで出してみようと思ったら、ワード(2002)が強制終了しまくる。脚注が3000もあるところに、ユニコード変換のマクロをかけるからだが。修士論文はワードで泣きを見た(肝心のところでファイルが開けなくなったりする)が、不安定なところは改善されていないようだ。(写真:ワードでテキスト処理中の状態。なんか仮面ライダーXが半分変身したところみたいでかっこいい)

CGIストップ

コメント(0)



前にもあったのですが、掲示板のファイルかが爆発して容量オーバーとなり、CGI(掲示板、投票、カウンタなど)が全てストップしています。FTPアクセスができないインドでは復旧まで時間がかかりそうですが、しばらくお待ちください。メールは読めます。
トップページもふっとびました。避難先は
http://hourei.hp.infoseek.co.jp/em/index0.html
です。

ホームページ更新

コメント(0)



今、叔母が日本語を教えている南ドイツのテュービンゲン大学というところからホームページを更新しています。ホームページサーバーのセキュリティが高いためにインドからFTPが使えないという最悪の状態で頑張っていますが、久しぶりに自分のPCから高速でつながるので、これまで書き溜めておいた分も含めて大量更新となりました。
来月上旬は学会と調査と巡礼でいないので、次の更新まで今回の更新をゆっくりご覧になってお待ち下さい。いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。

サイト更新

コメント(0)



相変わらずネットカフェから。
 パソコンは直っていないが、WindowsXPで日本語入力ができることを発見。というわけで先週分を更新した。こういうときに限っていろいろニュースがあるものだ。
 ネットカフェの環境について。いちおうISDNらしいが、あまり早くない上にいきなりブレーカーが落ちることがあるので油断できない。こまめのセーブが必要。
 さらにすごく暑い。冷房が入っているネットカフェなど、こちらで見たことがない。扇風機が何台か設置されていて、あとは換気扇があるぐらい。今は1台、背中の後ろで大きいのが回っている。まあ、外はもう42度ぐらいあるので、それと比べればまだまだ涼しいのだが。
 利用料は1時間50円。家からも歩いて3分ぐらいなので毎日来ている。今日はもう4時間ぐらいいたことになる。
 メールも毎日読んでいるし、ちょくちょく更新していくつもり。バックアップを取っていなかったルール和訳、サイトのページが残念だ。まだ頭に残っているが、一から作り直すのはつらい。
 みなさん、データのバックアップはこまめに取りましょう。

はてなアンテナ

コメント(0)



リファラーを見ていると、ほとんどの方がはてなアンテナから来ているようだ。
アンテナは便利だけど、何となくドライで寂しい感じもする。「ここだけは見ておくべきです」と勧める従来のリンク集と比べて、「ここに並べておくから、勝手に見れば??」というような。
他の人のサイトで、私が真っ先に見るところはプロフィールとリンク集だ。そこで管理者の人となりを自己・他己の両方から見ることができる。真心こもった紹介文が連なったリンク集は、心が温まるものだ。
私のサイトもリンク集には特に気を使っているつもり。一度書いた紹介を見直すなど、頻繁な更新を心がけている。
というわけでみなさん、リンク集をもっと見ましょうね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWebカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはIndiaです。

次のカテゴリは梅花流です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー