坐禅

子どもと過ごす週末

コメント(0)

妻が海外出張のため、2人の子どもと3人きりで過ごす週末。妻が見るというパターンは毎月何度もあるが、私は初めてだった。
先輩の和尚さんから「男の育児は、授乳以外何でもできる」と教えられたことがあるが全くその通りで、しかもその授乳もミルクを夜中1回起きて作ればそれで事足りるので大したことはない。もう少しで8ヶ月の息子には湯冷ましもせず、お湯を水で薄めてミルクを作るから早い。
土曜日は朝にパン屋まで1時間の散歩、昼にマツキヨまで車でお買い物、夜に外国語サークルに行ったが休みだったので本屋さん。日曜日は土浦まで外国語サークル&お買い物。外出すると親子ともに気分転換になってよい。
食事は金曜に作った煮物を食べ続け、後はパンとか麺類とかでごまかす。赤ちゃんの離乳食も作るので、どうしてもお姉ちゃんの分まで気が回らない。ちゃんとしたものは保育所の給食で食べてくれ、子どもたち。
入浴は3人で入り、息子を洗ってから浴室の隅に座らせ、タライにお湯を入れてクジラのおもちゃを浮かばせておく。息子がそれに夢中になっている間に、娘を洗って自分も洗う。もとよりカラスの行水なのでゆっくりできなくても汗が流せればOKだ。
いつもはおっぱいを吸いながら寝入る息子と、おっぱいを触りながら寝入る娘が、当然のように寝付かないのにはウンザリしたが、イライラせずに先に寝てしまうことにした。育児はとても体力をつかうものらしく、ほとんどバタンキューで9時間以上眠る(その間1回ミルクを作るため起こされるが)。
洗濯、料理、皿洗い、ミルク、おむつ替え、掃除、散歩……の繰り返しで気晴らしといえばちらちらインターネットをするくらいだったが、久しぶりに子どもとべったりできた週末で満足した。妻が帰ってくるまで今週いっぱい、楽しい育児にしたいものだ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2006年9月 4日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お盆明け」です。

次のブログ記事は「『スコットランドヤード・ゲーム』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー