坐禅

お寺の苦情

コメント(0)

お寺のホームページに掲載している「お布施の金額設定」、「もうひとつの戒名問題」を検索してくるのか、ときどき近くのお坊さんの苦情が寄せられる。このたびは北海道から。

メールによると、親族が亡くなって施主を務めたとき、住職から30万円以上の戒名が当然と勧められ、経済的余裕がないというと、25万の戒名で月賦払いを勧められ、何とかねばって15万にしてもらったところ、怒った顔で「葬儀のお布施はきちんと20万もらいますからね」と言われたという。そのほかに49日の本堂使用料も請求されている。過疎が進む地方で寺院の維持が大変なのもよく分かるけれども、経済状態を無視した額を露骨に要求して、どこに慈悲があるのかと。そして、ご本人は、戒名なしで俗名で葬儀をしてほしいそうである。

地元にもお布施の金額をはっきり言う和尚さんがいるが、金額を言うかどうかよりも、信頼関係が築かれているかが大切だ。信頼関係があれば、納得してその金額を出せるだろうし、そうでなければ、金額を言わないこと自体に不満を覚えるかもしれない(ちなみにインド滞在時は"as you like"(お好きな金額でどうぞ)ほど高いものはなかった)。

南直哉氏は著書で僧侶の友人を作ることを勧め、ただしお金の話が先に来ない人という。寺院経営としては一定の額が必要なのも事実であるが、私もできる限りそういう友人となりたい。

これに対して先ほどお送りした返事が以下。この言葉は、相手の心にどれくらい響くだろうか。

-----
メール拝見しました。返事が遅くなったことをお詫び申し上げます。また、このたびは、ご逝去にお悔やみ申し上げます。

お布施や寺使用料の設定は、同じ地方でもそれぞれのお寺に任されておりますので、金額の高低を申し上げることはできないのですが、お布施の本来の趣旨からすると、そちらのご住職の仰ることは確かに逸脱しているように見受けられます。

本来であれば、金額以前に、お布施がどういう性格のものかをしっかり説明して納得して頂き、相互に努力して信頼できる関係を作りながら頂戴しなければいけないはずですが、先に金額の話が来てしまうと、その信頼形成を難しくしてしまいますね。

ひとまず金額の話には一切触れずに、ご住職と仏の教えについてじっくり話し合う機会をもたれてみてはいかがでしょうか。私のお寺では戒名料は一切頂かず、お布施の金額も直接申し上げてはおりませんが、なじみのない親族などが「できるだけ安く」みたいな話をしてくると、抵抗感を抱かざるを得ません。

それから俗名のままお葬式をしてほしいという方は年々増えているようです。ところが仏式の葬儀は仏教徒専用に作られているので、「戒名がなければ葬儀はできない」ということになるのだと思います。

ただこれには双方に勘違いがありまして、戒名は修行を積んだ僧に与えられるものではなく、在家信者として仏の教えに則って(後生から菩提に至るまで)生きていこうとする人に与えられるものです。出口ではなくて入口で授かるものです。

一方、授ける私たち僧侶にとっては、戒名は利権ではなく、志す人全てに無条件で与えられるものでなければならないと思います。また、戒名を授けるには、自分自身が仏の教えに則った生活をしていなければなりません。死者を金づるのようにしか見ていない僧侶には、葬儀を執り行う資格はないのです。

以上、浅学の私見を述べさせていただきました。ご参考になりましたら幸いです。また疑問点がありましたら、できる限りお答えしますので遠慮なくお聞きください。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2009年3月29日 18:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2つの卒園式」です。

次のブログ記事は「伴僧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー