坐禅

離檀料

コメント(0)

お墓の引っ越し 高額な「離檀料」 トラブルも(産経ニュース)

公的機関に相談することをにおわせたら1250万円の離檀料が50万円になったとか、やっていることがお互いに何を考えているやら。

薄情だと感じられる方もいらっしゃるかもしれないが、うちのお寺は来る者拒まず、去る者追わず。過疎化している地域ではあるが、新しく檀家さんになられる方もたまにいらっしゃる。幸い、離檀される方はほとんどおらず、あっても遠方のため近くのお寺に移るというケースである。

問題は離檀よりも、自然減のほうである。子供さんがいらっしゃらなかったり、いらっしゃっても遠方にいたりして、永代供養を申し込む方が増えている。この傾向は今後も間違いなく続く見込みで、いずれ伽藍を維持することが難しくなっていくだろう。「永代」供養といいつつ、いったいいつまでもつか心許ない。

高額な離檀料に至る背景も、寺離れに加えてそういった檀家減少がありそうだ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2014年1月28日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヤハハエロ」です。

次のブログ記事は「レシートとお札」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー