坐禅

好意からのいじめ?

コメント(0)

市のいじめ防止基本方針が改定になり、新しい項目が追加されました。

好意で行った行為でも、相手に苦痛を感じさせる場合も想定し、柔軟な対応ができるようにしていく。

大人の世界では「小さな親切、大きなお世話」「ありがた迷惑」「独りよがり」がなくはありませんが、子どもの社会にも「善意によるいじめ」も起こっているとすると複雑だと思います。具体的にこれはストーカー的なもの? あるいはクラスのためという大義名分や、先生の意向を忖度して規範を強要するようなもの?

正義感や善意も度を過ぎれば苦痛を生み出しますが、かといってできるだけ人と関わらないことを勧めたり、他人のわがままをそのまま肯定したりするのも変。自分も相手も心地よいくらいの適度な関わり方というのは、子どもだけでなく大人にとってもたいへん難しい問題です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2018年2月12日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「架神 恭介/至道 流星『リアル人生ゲーム完全攻略本』」です。

次のブログ記事は「シンガーラ経」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー