坐禅

寺院消滅率42%

コメント(0)

「全寺院の4割が年収300万円以下」丸儲けは間違いだった?

「2040年における寺院消滅率は曹洞宗42%」「曹洞宗は(全1万4200カ寺中)約6000カ寺相当が無住になる可能性がある。曹洞宗では現在、宗派を挙げて過疎地の寺院問題の検討会などを開いているが、いまのところ打つ手は見いだせていない」

増田レポートの「消滅可能性都市」に存在する宗教施設をカウントして出した数字なので、全滅にはならないだろうが、あと20年で檀家数が急減するのは間違いなく、結婚しないで清貧の生活を送るならともかく(次の住職はやってこないのでおそらく無住)、家庭をもって後継者を育てるのであれば住職の副業・複業や夫婦共働きが一般化していくと思われる(うちはすでにそうなっている)。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2019年9月20日 12:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「102歳と91歳」です。

次のブログ記事は「六波羅蜜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー