坐禅

安楽死

コメント(0)

安楽死は仏教的にアリか? お坊さんに聞いてみた

曹洞宗総合研究センターの古山健一師と宇野全智師にきく。はかなくて弱い個人の意思で死を選択してしまうよりも、苦痛や苦悩を分かち合い、生きていてよかったという瞬間をもてるように周囲が関わること。

鴨川に身投げした人に老婆が竿を差し出すとたいていは掴んで助けられるという話(菊池寛『身投げ救助業』)を思い出した。自死であれ安楽死であれ、死にたい人と思う気持ちは100%ではないと信じたい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2019年10月29日 12:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『なぜ共働きも専業もしんどいのか』」です。

次のブログ記事は「『ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー