坐禅

思量経

コメント(0)

中部経典15の思量経を講読。教え諭してもらいにくい人、教え諭してもらいやすい人について16項目が挙げられ、「人の振り見て我が振り直せ」式と、自己反省式で気をつけるように説かれている。

謙虚に、機嫌よく、気前よく、こだわらない、そんな人物になりたいものである。

  1. 邪な願望をもつ
  2. 自分を持ち上げ他人を蔑む
  3. 怒りに打ち負けている
  4. 恨みを抱く
  5. 怒りによって攻撃する
  6. 怒りを振りまく言葉を吐く
  7. 注意されると抵抗する
  8. 注意されると拒絶する
  9. 注意されると反駁する
  10. 注意されると話をそらす
  11. 注意されてもきちんと釈明しない
  12. 失敗を隠蔽する
  13. 物惜しみする
  14. 狡猾でたぶらかす
  15. 強情で過度の自意識をもつ
  16. 自己の見解・自分の立場にこだわる

コメントする

このブログ記事について

このページは、おの2019年10月17日 12:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ありがたいお唱え」です。

次のブログ記事は「『なぜ共働きも専業もしんどいのか』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンク用バナー