オーストリアゲーム賞2016に『ケララ』

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ウィーン・ボードゲーム・アカデミー(D.デ・カサン代表)は、今年のオーストリアゲーム賞(Spiel der Spiele)を発表し、インド象のお祭りをテーマにしたタイル配置ゲーム『ケララ(Kerala)』が大賞に選ばれた。このほか、キッズ・ファミリー・友人・フリークの4つの部門でヒットゲームが発表されている。

オーストリアゲーム賞は、選考委員が予め候補作を絞り込み、最終的にゲーム経験の少ない人に遊んでもらってその評価で決めている。コアな愛好者が選ぶことが多いゲーム賞の中で、広く遊びやすい作品を選んでおり、ドイツ語圏のショップではドイツ年間ゲーム大賞に次いで影響力の大きい賞とされる。

『ケララ』はコスモス社(ドイツ)から発売されたゲームで、タイルを選んで各自のタイルにつなげて配置していく。タイルは象コマに隣接して置き、置いたら象をそのタイルに移動する。こうして同じ色がつながるように配置していき、最後にできあがったパターンによって得点や失点がある。日本国内では未発売。

毎年キッズ、ファミリー、フレンド、エキスパートの部門で「ヒットゲーム」が挙げられているが、今年は各部門のベスト(simply the best)が選出されるようになった。選ばれたのはキッズ部門で『フラッターシュタイン城』、フレンド部門で『スカイアイランド』、フリーク部門で『モンバサ』。また昨年に初めて設けられた2人ゲームの特別賞は今年は選出されていない。

【オーストリアゲーム賞2016】
大賞(Spiel der Spiele)
ケララ(Kerala / K.ヒーゼ / コスモス)

キッズ部門ベスト
フラッターシュタイン城(Burg Flatterstein / G.ホフマン / ドライマギア)

キッズ部門
キツネ探し(Ausgefuchst)、レオ(Leo muss zum Friseur)、カラス追い(Raben schubsen)、トロピカーノ(Tropicano)

ファミリー部門ベスト
アドベンチャーランド(Abenteuerland / W.クラマー、M.キースリング / ハバ)

ファミリー部門ヒット
リンゴの木のオママ(Die Omama im Apfelbaum)、メモリーボードゲーム(Memory Das Brettspiel)、ニトログリセリン(Nitro Glyxerol)、スカルキング・ダイスゲーム(Skull King Das Würfelspiel)

フレンド部門ベスト
スカイアイランド(Isle of Skye / A.プフィシュター、A.ペリカン / ルックアウト)

フレンド部門ヒット
コードネーム(Codenames)、ガムガムマシーン(Gum Gum Machine)、マジック:ザ・ギャザリングボードゲーム(Magic: The Gathering Arena of the Planeswalkers)、

フリーク部門ベスト
モンバサ(Mombasa / A.プフィシュター / エッガート)

フリーク部門ヒット
ダイナスティーズ(Dynasties)、ラグランハ(La Granja)、シニョーリエ(La Granja)

グリフィンスクロール
エピックPvP(Epic PvP)、ヴァルスキルの霧(Nebel über Valskyrr)

Der Östreichische Spielepreis:Spiel der Spiele 2016
TGiW:ニュルンベルク'16新作情報:コスモス

カレンダー