フェデュッティのゲームアソロジー『ジャングル』日本語版、6月14日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

junggleJ.jpgアークライトは6月14日、『ジャングル(Junggle)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.フェデュッティ&A.ヴレーデ、イラスト・S.シモタ、2~10人用、7歳以上、10~15分、1800円(税別)。

オリジナルは2017年、ズィーマンゲームズ(カナダ)から発売された。今年のゲームマーケット大阪に来日したフランス人ゲームデザイナー、B.フェデュッティと、オインクゲームズから『ゾーゲン』をリリースしたドイツ人ゲームデザイナー、A.ヴレーデの共同作品。強弱を示す「天敵」と動物の体の大きさで表される「ランク」というルールを用いて、同じコンポーネントで5種類のゲームが遊べる。

ゲームの内容は、同時アクションゲーム「ジャングルの王様」と「ジャングルの地響き」、記憶とバーストゲーム「ジャングルの迷子」、推理ゲーム「社交場」、ブラフゲーム「ジャングルパーティー」の5種類。数字によらないため、子供から大人まで楽しめるファミリーゲームとなっている。さあ、ジャングルへ出発だ!

内容物:動物カード:45枚、早見表(動物の輪)カード9枚、ルール説明書1冊(※カードサイズ:直径85mm)

junggleJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください