30分のSAN値競争!『ポケット・マッドネス』4月28日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ポケット・マッドネス日本語版アークライトは4月28日、クトゥルフ神話がテーマのフランスのカードゲーム『ポケット・マッドネス(Pocket Madness)』日本語版を発売する。デザイン・B.カタラ&L.モーブロン、イラスト・M.ルセンヌ、2~4人用、8歳以上、30分、2000円(税別)。

オリジナルはファンフォージ社(フランス)から2016年に発売された作品。『Mr.ジャック』『プゥー』『ダイス・スター』など、短時間でも遊びごたえのあるボードゲームを発表してきたフランス人コンビがデザインした。

このゲームでプレイヤーは古き神々の崇拝者となり、信憑性のありそうな噂話をもとに、不穏な空気が漂う場所を調査し、古き神々にたどり着くことを目指す。謎を解く鍵を揃えることができれば、古き神々のもとへと向かうゲートが開かれるだろう。しかし、人智の理解をはるかに超える力を持つ者たちの前に、一歩間違えれば、狂気に彷徨うことになる。できるだけ長く正気を保って勝者になるのは誰だろうか。

手番には場札からカードを取るか、同じ種類のカードを出してゲートを開き特殊能力を手に入れるか、数字の高いカードを捨ててほかのプレイヤーに狂気トークンを取らせるかの三択。誰かの手札か場札がなくなるとラウンド終了で、残った手札に応じて狂気トークンが授受される。こうして誰かの狂気トークンが10枚以上になったらゲーム終了で、狂気トークンの少ないプレイヤーが勝利する。

特殊能力はゲームに逆転をもたらし、正気の瀬戸際をめぐってスリルある展開が楽しめるだろう。

内容物:場所カード63枚、ゲートカード7枚、狂気トークン40個、説明書1冊(カードサイズ:70×120mm)

ポケット・マッドネス日本語版(コンポーネント)

人生ゲームの歴史が詰まった書籍『人生ゲーム COMPLETE』発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

主婦の友社は25日、人生ゲームの『人生ゲーム COMPLETE』を発売した。監修・タカラトミー、A5判・128ページ、1800円(税別)。

1968年に日本語版が発売され、今日においてもシリーズ新作が毎年発売されているボードゲームの代名詞人生ゲーム。完全撮り下ろしフルカラーで最新の『人生ゲームMOVE!』まで全製品版を紹介する。

製品版だけでなく、非売品、限定版、テレビゲーム版、ノベリティグッズも扱い、CMコレクションや元タカラ会長・佐藤安太氏のインタビューも掲載。また人生ゲームの元となった海外版のタイトル、一番面積の広い人生ゲーム、人生ゲーム平成版の種類、1つのマスで支払うお金の最高額など、トリビアも満載の一冊だ。

家族向けプレイスペース「ファミーリエ」、大阪貝塚に4月1日オープン

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

大阪・貝塚市に4月1日、家族向けのボードゲームスペース「遊べるボードゲーム屋ファミーリエ」がオープンする。JR阪和線東貝塚駅徒歩2分、当面は週末のみの営業で、金曜17:00~22:00、土日祝日10:00~22:00。

「ボ育て(ボードゲームで子育て)」を提唱し、情報誌も制作しているまえだ氏が店主。店名はドイツ語の「家族」を意味し、近隣で活動しているボードゲームサークル名から取られた。ボードゲームカフェ・プレイスペースがひしめく大阪市内から40km南、関西空港近くに新しいボードゲームの拠点が生まれる。

乳幼児連れでも参加できるよう、畳敷きの座敷に積み木・絵本・紙芝居を用意し、間仕切りのある授乳・おむつ交換スペースも準備。テーブルは4卓で、座敷とソファー席とで30名ぐらいが入れる。遊べるボードゲームは300種類以上。絶版になったものも少なくない。重量級ゲームもあり、1人での来店も歓迎だ。

プレイ料金は大人30分200円(1ドリンク付き)からで、最大1日1200円。家族割があり、大人1人と子供1人で最大900円と1人で来るよりもお得。キッズゲームの物販もあり。お子さんを遊ばせながら夫婦でボードゲームを楽しむなど、休日のおでかけスポットとして地元から重宝されそうだ。

遊べるボードゲーム屋ファミーリエ
大阪府貝塚市半田3-6-10(旧91-1)シルク阪口2F
電話:070-5043-3776
ウェブサイト

大阪ファミーリエ(店内)

カレンダー