『クランズ・オブ・カレドニア』日本語版、2月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは2月下旬、『クランズ・オブ・カレドニア(Clans of Caledonia)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.アイジュジュ、イラスト・K.フランツ、1~4人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分、8000円(税別)。

オリジナルはベルリン在住のゲームデザイナー・アイジュジュ氏の自費出版レーベル「カルマゲームズ」からキックスターターを経て2017年に発売された作品。キックスターターでは6400人が39万ユーロ(5100万円)を出資した。昨年のエッセン・シュピールの人気投票では『テラミスティカ:ガイア・プロジェクト』と並んで同率1位になり、注目されている作品である。

舞台は19世紀のスコットランド。プレイヤーは氏族の長となり、家畜を育て、チーズやウイスキーを作り、市場で売買を行ってさまざまな輸出契約を達成させ、自分の氏族をより繁栄させることを目指す。

手番には8つのアクションから1つを行い、お金がなくなった人からパスしていく。その後で資源を獲得・加工・販売を行い、勝利点を得る。9つの氏族と、4枚×両面のモジュラーボード、9つの得点タイルで毎回さまざまな展開になる。

『テラミスティカ』の影響を受けたとされるシステムは、陣取り、氏族ごとの特殊能力、アクションの強化など、さまざまな要素が組み合わされており、戦略性が高い。その一方、契約タイルはランダム性が高く、市場の値動きに合わせたマネージメントも必要で、戦術面の楽しさもある。ゲーマーズゲームの粋を味わえる作品だ。

テンデイズゲームズ:クランズ・オブ・カレドニア

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンクフリー このバナーをお使いください