バハムートゲート(Bahamut Gate)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

いきなりボス戦から

バハムートゲート

強力な大型ボスを協力して倒すダイスゲーム。ゲームマーケット2016春において、かぼへるから発売された。ビット絵のキャラクターたちが、RPG世代を直撃する。

今回のボスモンスターが、八角形タイルで表され、それを取り囲むように騎士、ドワーフ、エルフ、巨人、魔法使いといったプレイヤーコマが配置される。ボスモンスターがランダムに回転した後、ボスの顔に近いところにいるプレイヤーから攻撃開始。「いきなりボス戦かよ!」

自分の番には、ダイスを4個(巨人は6個)振り、その出目を使って移動やスペルといったアクションを行う。ボスモンスターの顔の前にいると危険なので退避したり、HPを回復したりできる。それから同じダイス目を使ってアタック。同じ目が揃えば揃うほどボスモンスターに大きなダメージを与えられる。

しかしボスモンスターのHPは高く、何周かしないと倒せない。その間、1手番ごとにボスが反撃を加えてくる。ボスモンスターはまず、近いところにいるキャラクターの方向を向き、ダイスを3つ振って攻撃してくる。出目によって、ダメージを受ける範囲とダメージが変わる。攻撃をもろに喰らえば、1,2発でキャラクターは死んでしまう。「ボス強すぎ、っていうかキャラ弱すぎ!」

HPが0になったキャラクターはお城で復活できるが、全員で合計3回死んでしまうとゲームオーバーだ。その前にボスを倒すことはできるだろうか。

3人プレイで15分ほど。バハムートを相手に、私のキャラクターは騎士。攻撃で与えるダメージが+1加算される頼もしいやつだ。これで地道にボスのHPを削っていく。さらにスペルカードを捨てることで2ダメージを与えるドワーフ、ゾロ目を作りやすい魔法使いもいて、余裕であるかに見えた。しかしボスの攻撃は熾烈を極め、2回倒されてしまう。あと1回、ここでボスの息の根を止めないと負けるというタイミングでオーバーキルが決まり、ぎりぎりの勝利。

しかしゲームはこれで終わらない。バハムートを倒しても次のボスモンスターが登場する。ボスモンスターシートは封がしてあり、戦うまで見ることはできない。『パンデミック・レガシー』のようなナラティブな手法である。ボクらの戦いは始まったばかりだ!

バハムートゲート
デザイン&イラスト:金子裕司/かぼへる(2016年)
1~4人用/10歳以上/20分
かぼへる:バハムートゲート

カレンダー