『ディクシット:アニバーサリー』多言語版、1月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬、拡張セット『ディクシット:アニバーサリー(Dixit: 10th Anniversary)』の日本語を含む多言語版を発売する。デザイン・J.L.ルービラ、イラスト・M.カルドゥア、X.コレット、ピエロ、F.ディオン、M.クードレイ、C.ヒンダー、J.ペリシエ、C.ルフェーブル、P.エチェゴエン、3400円。プレイするためには『ディクシット』または『ディクシット:オデッセイ』が必要。

dixit10thanni.jpg

2018年で発売10周年を迎えたコミュニケーションゲームの定番『ディクシット』の拡張カードセット第9弾。今まで発売されたセットのイラストレーターたちが集結して、新たに描いた追加カード84枚が入っている。ほかのディクシットシリーズのカードと混ぜてプレイすることもできる。

『ディクシット』の追加カード集はオデッセイ、クエスト(旧ディクシット2)、ジャーニー(旧ディクシット3)、オリジン(旧ディクシット4)、デイドリーム、メモリーズ、レヴェレイション、ハーモニーが発売されており、その集大成というべきカード集。さまざまなイラストレーターの画風でイメージを膨らまそう。

Amazonランキング大賞2018 ゲーム部門1位は『ブロックス』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Amazonは3日、昨年11月から今年10月までの販売データなどを元に集計したAmazonランキング大賞を発表した。1位には、知名度の高い定番ゲーム『ウノ』『人生ゲーム』を上回って、『ブロックス』がランクインしている。

『ブロックス』は今年6月放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で紹介され、また今月の日経プラス1に掲載されたテーブルゲームランキング(ボードゲーム)で1位となった。フランスで発売されて18年、ニュースタンダードとしてすっかり定着したようだ。

4位には同じく日経プラス1のテーブルゲームランキング(カードゲーム)で1位になった『ナンジャモンジャ』。モダンボードゲームの代表格『カタン』が7位につけている。

ホビージャパンの売り上げランキングで5年連続1位を守り続けている『ドブル』(14位)を、メディアでたびたび取り上げられている『ナインタイル』(オインクゲームズ)が上回っており、勢いを感じさせる。ゲーム部門(非電源)のランキングは以下の通り。

【Amazonランキング大賞2018 ゲーム部門】
1位:ブロックス(マテル)
2位:ウノ(マテル)
3位:人生ゲーム(タカラトミー)
4位:ナンジャモンジャ・ミドリ(すごろくや)
7位:カタン スタンダード版(GP)
13位:ナインタイル 新装版(オインクゲームズ)
14位:ドブル 日本語版(ホビージャパン)
15位:どこでもドラえもん日本旅行ゲーム5(エポック)
20位:キャット&チョコレート 日常編(幻冬舎エデュケーション)
(ボードゲームのみ抜粋)

Amazon:Amazonランキング大賞2018ゲーム部門

リンクフリー このバナーをお使いください