JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

rootriverfolkJ.jpgアークライトゲームズは9月(期日未定)、『ルート拡張:さざめく河のけだもの軍記(Root: The Riverfolk Expansion)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.ウェールレ、イラスト・K.フェリン、1~6人用、10歳以上、60~90分、5600円(税別)。プレイするためには『ルート』基本セットが必要。

部族ごとに異なるルールで戦う非対称ボードゲームに2つの勢力を加える拡張セット。オリジナルは2018年に発売された。2~4人までだったプレイ人数が1~6人に拡張される。

新しい勢力として加わるのは捨て札を使って暗躍する宗教家「蜥蜴教団(The Lizard Cult)」と、川を移動できる商人「河民商団(The Riverfolk Company)」。ほかの勢力との組み合わせによって新しいゲーム展開が生まれる。

また、協力シナリオや「メカ野侯国」と対決する1人用ルールも加わったほか、木製カードスタンドも付属して、より深く『ルート』の世界に入り込むことができる。

内容物:入門用ルールブック 1冊、派閥ボード 4枚、動物カード 4枚、派閥概要カード 2枚、キャラクターカード 3枚、関係マーカー 9個、得点マーカー 3個、交易所マーカー 9個、追放民マーカー 1枚、庭園タイル 15枚、遺跡タイル 4枚、開始時アイテムタイル 7枚、放浪者コマ 1個、蜥蜴教団兵士コマ 25個、河民商団兵士コマ 15個、カードスタンド 6個(※カードサイズ:63x88mm)

rootriverfolkJ2.jpg


(写真は英語版)

長野・高森に8月2日、ボードゲームカフェ「Stellarium(ステラリウム)」がオープンした。JR市田駅徒歩5分、10:00~18:00、不定休。

店主の壬生氏がボードゲームカフェに行きたいのに近所になかったため、自分で作ったというボードゲームカフェ。店名はラテン語で「星に関係する場所」。4人テーブル4卓、カウンター5席の21席で50種類のボードゲームが遊べる。

料金はフリードリンク付きで30分500円(1日最大1500円)。飲食メニューはカレー、チャーハン、ラーメン、うどん、そば、スパゲッティ、ヨーグルト、アイスクリームなど。フリーWi-Fiありで飲食のみの利用も可能。

Stellarium
長野県下伊那郡高森町下市田2964-115
[Twitter ]

stellarium.jpg

centurygolem2J.jpgアークライトゲームズは9月3日、『センチュリー:ゴーレム 未知なる東方山脈(Century: Golem Edition - Eastern Mountains)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.マツウチ、イラスト・A.カナーニ&C.クイリアムス、2~4人用、8歳以上、30~45分、4800円(税別)。

プランBゲームズ(カナダ)によるセンチュリー三部作の第2弾『センチュリー:イースタンワンダーズ』(2018)のゴーレム版として、2019年に発売された作品の日本語版。単独でも、『センチュリー:ゴーレム』と組み合わせてもプレイできる。

最高のゴーレムを作り上げるのに必要な「ソウル・クリスタル」を交易する商人となって貿易ネットワークを構築する。盤面は六角形タイルを並べて作るモジュラーボードとなっており、手番には荷車を移動してアクションを行う。アクションは開拓地を建設してクリスタルを交易するか、集めたクリスタルを勝利点に変えるか、クリスタルを補充するかの3択。開拓地は後から建てるほどコストが上がるので、効率のよい独自の交易ルートを先取りしていくことがポイントとなる。

コンポーネントは『センチュリー:ゴーレム』と同様、すべてのパーツやトレイが一新され、中でもクリスタル・トークンはこのテーマならではのもの。『センチュリー・ゴーレム』と組み合わせると、「冒険同盟ルール」が楽しめる。

内容物:荷車コマ 4個、山タイル 32枚、勝利点タイル 27枚、ボーナスタイル 20枚、開拓地コマ 80個、クリスタル 105個、クリスタルのケース 4個、ルール説明書 1枚、「冒険同盟」ルール説明書 1枚、プレイヤーボード 4枚

リンクフリー このバナーをお使いください