2003年11月アーカイブ

ゲームパーティ2003

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームパーティ2003 

【ゲームパーティ2003】

11月24日(祝)10:00〜17:00 ティアラ江東

参加料300円で誰でも参加可能。多人数ゲームなどのイベントに加え,日本中からゲームデザイナーがオリジナルゲームを発表! その規模はゲームマーケットを超える。目玉はメビウスが提供する試作品段階のプエルトリコカードゲーム、サンファンをはじめとしたエッセンの新作群。遊宝洞仮面舞踏会。その他有名・新鋭ブランド多数。1日では遊び足りないぐらい。24日は江東区へ集結!(主催:ゲームオリンピック実行委員会)

日本ボードゲーム大賞、ノミネート発表

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本ボードゲーム大賞、ノミネート発表 

日 日本ボードゲーム大賞 世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」は、昨年に引き続き2回目となる日本ボードゲーム大賞のノミネートリストを発表しました。名古屋バネスト、メビウス、ボードウォーク岡山などの店長、子どもゲーム輸入代理店の担当者、そして「ゆうもあ」のスタッフが推薦したゲームを4部門にわたって発表、これから一般投票が始まります。ノミネートリストには合計93タイトルものゲームが並んでいます。

 投票は25日頃からウェブ上にて、また各ショップに投票用紙が配布されています。サークルには24日のゲームパーティを皮切りに協力を募ることになっています。〆切は1月。

 昨年は入門者部門にトランスアメリカ、フリーク部門にプエルトリコ、国産部門にブロックス、子どもゲーム部門に穴掘りモグラが選ばれました。特に国産部門のブロックスは、発売元のビバリーが「日本ボードゲーム大賞受賞!」と大きく宣伝しており、この賞の知名度も少しずつ上がってきたようです。日本人が選ぶベストチョイス、ベストバイに皆さんもどんどん投票しましょう。(ゆうもあ

スイスゲーム賞2003、3部門を発表

| コメント(0) はてなブックマーク - スイスゲーム賞2003、3部門を発表 

瑞 スイスゲーム賞11月19日から5日間にわたって開催される第13回スイス・ゲーム祭に先立って、スイスゲーム賞2003が発表されました。この賞はスイス国内のゲーム関連団体が共催で行う一般投票の結果選出されるもので、4月中旬から10月末までの約半年の間に、1500人以上の投票がありました。正式発表はゲーム祭の開会式にてスイス・ルドテーク連盟会長のレナーテ・フクス氏より行われました。(Olma Messen

【スイスゲーム賞2003 Schweizer Spielpreis 2003】

〈ファミリーゲーム部門〉

1位:アルハンブラの宮殿(Der Palast von Alhambra/D.Henn/Queen Games)

2位:ヨーロッパツアー(Europa Tour/A.R.Moon&A.Weissblum/Schmidt Spiele)

3位:北京文書(Peking-Akte/-/Hasbro)※色メガネのギミックを使ったゲーム

〃 :ゴブレット(Gobblet/T.Denoual/Gigamic)

〈子どもゲーム部門〉

1位:キンダーカタン(Die Kinder von Catan/K.Teuber/Kosmos)

2位:マックス・ネズミショック(Max Mauseschreck/-/Ravensburger)※でかいチーズのギミックを使ったゲーム

3位:ジャンプ!陸だ川だ(Schnapp, Land, Fluss/H.Shafir/Amigo)※ワードゲーム

〈フリークゲーム部門〉

1位:レーベンヘルツ(Lowenherz/K.Teuber/Kosmos)

2位:アメン・ラー(Amun-Re/R.Knizia/Hans im Gluck)

3位:ニューイングランド(New England/A.R.Moon&A.Weissblum/Goldsieber)

遊宝洞、エッセン出展成功

| コメント(0) はてなブックマーク - 遊宝洞、エッセン出展成功 

エッセン国際ゲーム祭で日本初の純国産ゲームブースを出した遊宝洞のレポートが掲載。全て前例なしというなかで大健闘した模様。これに続くメーカーはどこか?(11/19)

カルカソンヌ公式ページ?

| コメント(0) はてなブックマーク - カルカソンヌ公式ページ? 

カルカソンヌの公式ページが公開!といってもゲームではなく南仏にある本物の都市。オード州の州都で人口45,000人。97年にユネスコの世界遺産に認定されている。ホームページでは城壁に囲まれた3Dのグラフィックがあり、今年発売されたカルカソンヌ3が特徴をよく捉えているということが分かるだろう。(Poeppelkiste)

ドイツ教育ゲーム賞にはちゃめちゃジェットコースター

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ教育ゲーム賞にはちゃめちゃジェットコースター 

独 ドイツの私塾「シュテュディエンクライス(Studienkreis)」と、その雑誌「ゲームと学び(spielen
und lernen)」は10月30日、新しいゲーム賞「ドイツ教育ゲーム賞(Deutscher
Lernspielpreis)」の第1回を発表しました。あらかじめ応募のあった140タイトルから2部門25タイトルがノミネートされていた中から決まったのは以下の2ゲームです。はちゃめちゃ〜はサルの神殿とともに発表されましたが日本未発売。ゲームの教育効果を評価する機運が高まっていることで、学校などの教育現場への導入が進むことが期待されます。(Deutscher Lernspielpreis

【ドイツ教育ゲーム賞2003 Deutscher Lernspielpreis】

・一般発売ゲーム部門:

はちゃめちゃジェットコースター(Chaos in der Achterbahn/G.Baars/Ravensburger)

・未発売ゲーム部門

シャーマンのダイス運(Das Wurfelgluck des Schamanen/A.Forkel&Prof.G.Gluck)

イタリアゲーム賞にクランス

| コメント(0) はてなブックマーク - イタリアゲーム賞にクランス 

伊 イタリアのルッツァ・コミック&ゲーム祭(Lucca Comics & Games 2003)において一般投票によるイタリアゲーム賞が発表されました。いくつかの部門について投票が行われ、合計33,000票もの投票の結果ボードゲーム部門に輝いたのはイタリア人作家レオ・コロヴィーニのクランスでした。

長い間ゲーム不毛の地とされてきたイタリアですが、コロヴィーニ、ダヴィンチ、キダルトゲームズなどの活躍などで脚光を浴びてきており、この賞がさらにその傾向を強めるものと見られます。(Spielbox

【イタリアゲーム賞2003 Premio Giocabolario(ボードゲーム部門)】

1位:クランス(Clans/L.Colovini/Winning Moves)

2位:メキシカ(Mexica/W.Kramer&M.Kiesling/Ravensburger)

3位:ケーブトロル(Cave Troll/T.Jolly/Fantasy Flight Games)

メビウス便11月

| コメント(0) はてなブックマーク - メビウス便11月 

次回メビウス便はエッセンの新作。クイーンから・シャハトの競りゲーム・インダストリア ・パニングのダイスゲーム・ラッキーループ

ウィニングムーブズから・コロヴィーニの陣取りゲーム・アレクサンドロス ・コンラートの金塊争奪ゲーム・ナゲット

クワリから・2人用アブストラクト系ゲーム・スブラタ

キダルトから・ブラフ推理ゲーム・コヨーテ

これら6つからいくつかになるとのこと(ウィニングムーブズを除く4作でした)。(Mobius)

オランダゲーム賞2003にプエルトリコ

| コメント(0) はてなブックマーク - オランダゲーム賞2003にプエルトリコ 

蘭 オランダゲーム賞 オランダゲーム賞委員会はアイントホーフェン・ゲームスペクタクルにおいて、2003年のオランダゲーム賞を発表しました。ゲームサークルなどから選ばれた審査員がノミネートした作品から386名が投票を行った結果、1位はプエルトリコに。このゲーマーズゲームの粋に賞を送った国はドイツ・アメリカ・スイス・日本に続き5ヶ国目となり、国際的な評判の高さを物語ります。2位にクランス、3位にボーナンザ。昨年はカルタヘナが1位を受賞しています。

 2002年の6月1日から2003年の5月31日までに発売されたゲームという変則的な年度設定と、オランダのメーカーがライセンス販売をするまでの時間差のため、ドイツ年度からすると複数年にまたがるものとなっています。オランダ国産ではクワリのズーシム、スプロッターのカンヌが入賞しました。(Spellenprijs)

【オランダゲーム賞2003】

1位:プエルトリコ(Puerto Rico, A.Seyfarth)

2位:クランス(Clans, L.Colovini)

3位:ボーナンザ(Bo(o)nanza, U.Rosenberg)

4位;モルゲンランド(Morgenland, R.Breese)

5位:ズーシム(ZooSim, C.v.Moorsel)

6位:トランスアメリカ(TransAmerica, F-B.Delonge)

7位:赤箱ニムト(Take 5!, W.Kramer)

8位:カンヌ(Cannes, Doumen etc)

カタン世界大会、渡辺氏が4位入賞

| コメント(0) はてなブックマーク - カタン世界大会、渡辺氏が4位入賞 

独  エッセン国際ゲーム祭(Spiel '03)にて行われた第2回カタン世界大会(ヘルネ・ボードゲームセンター主催)にて、日本代表の渡辺フミキ氏が決勝に進出、4位入賞を果たしました。同じく日本代表の高木ヨシノリ氏も9位入賞という高順位。今大会は、カプコン版カタンが発売されている中国、韓国の代表を加えて計25ヶ国48代表の参加となり激戦が繰り広げられました。優勝はドイツ元チャンピョンのミヒャエル・ヒルシュフェルト(Michel Hirschfeld)氏。前回の世界大会でも好成績を収めている実力者です。以下スペイン代表サムエル・フューンテス(Samuel Fuentes)氏、フィンランド代表ラッセ・リンタクンプ(Lasse Rintakumpu)氏が入賞です。

 記念すべき第1回世界大会をアイルランド代表のジャック・キーフト氏に奪われたドイツ勢としては面目が保たれた形になりました。日本としても、カプコンが公式スポンサーとなった今大会で、前回大会の池田氏(6位)を上回る成績を残したことは、ヨーロッパでの知名度を大いに上げました。メダルまであと一歩です。ガンバレニッポン!(Catan, Kosmos

アッティカ、型ぬきにずれ

| コメント(0) はてなブックマーク - アッティカ、型ぬきにずれ 

独  エッセン国際ゲーム祭(Spiel '03)から発売され、好評を博しているメルクルの新作アッティカの一部に、タイルの型ぬきと印刷のずれがあることが判明しました。型どおりにぬくと、タイルの裏側に印刷されていない白い部分が残ってしまうそうです。メーカーはメールで応対、無償で新しいものを送るとしています。(Hans im Glück)

メビウス、水道橋に移転

| コメント(0) はてなブックマーク - メビウス、水道橋に移転 

●  国内最大手のドイツゲームショップ、メビウスゲームズは2003年の12月1日から店舗を水道橋(すいどうばし)に移すことを発表しました。東口マクドナルドとなり、サブウェイがある梅澤ビルの5階。駅近・東京ドームのすぐそばという最高の立地で、集客力向上も期待できそうです。九段の店舗は11月29日まで。電話・ファックスも変わりますので注意が必要。

 1993年に開店して以来、国内のゲームシーンを牽引し続けて10年になるメビウスゲームズですが、その努力がひとつ実ったといえるでしょう。11月24日に開かれるゲームパーティでメビウスから試作品段階のプエルトリコカードゲームサンファンが出展されるなど、非ドイツ圏で筆頭的な地位を築きつつあり、また次の10年で更なる発展が期待されます。(

カレンダー