2005年6月アーカイブ

「勝利への道」に新バリアント

| コメント(0) はてなブックマーク - 「勝利への道」に新バリアント 

独 勝利への道 年間ゲーム大賞のノミネート5作に入った勝利への道(Verflixxt! くそったれ)にホームページが登場、新しいバリアントが発表されました。ルールにもタイルを並べ替えるなど5つのバリアントが付属していますが、作者のクラマーとキースリングがテストプレイを重ねて作ったものです。物足りないと思っていた方は特に4番をお試し下さい。(Verflixxt Nochmal

1.8人用

 コマを1人につき2つずつ追加すれば7〜8人でも遊べます。

2.場所交換

 1を振ったら、1マス進める代わりに1マス前か後ろにいるコマと場所交換できます。交換の際タイルは取りません。

3.ラッキータイルもマイナスに

 このルールは2〜4人用で、5人以上の場合はもう1セット必要です。ラッキータイルをプレイヤー人数+2枚だけ使います(6人なら8枚)。そのうち3枚をゴール直前に並べ、残りを通常の位置に並べます。ラッキータイルは1枚だけ取れば一番マイナスの大きいタイルをプラスにできますが、2枚取るとどちらも効果がなくなり、3枚取ったら1番プラスの大きいタイルがマイナスになってしまいます。

さらにバリアントとして、最後尾のコマよりも後に残ったタイルはゴールタイルの下に重ねておきます。1人を除いて全員ゴールしたら、その人がこのタイルを含めてまだ取られていないタイルを全部取ります。

4.戦略ゲーム

 各自-1と1〜6の数字が書かれた7枚のカードをもちます。手番には合計が6以下になるようにカードを自由に組み合わせて(何枚でも可)出します(例えば1,4,-1,2や1,3や6や4,3,-1や2)。次にカード1枚につき1回ずつ、その数だけコマを移動します(4枚出せば4回)。移動のたびに、タイルを取る状況になったら取らなければなりません(通常ルール通り)。出したカードは自分の前に置き、全員が手札を使い切るまで回収できません。先に手札を全部使いきった人はパスします。ルールブックにある他のバリアントと組み合わせて遊ぶのもよいでしょう。

5.裏向きタイル

 タイルを混ぜて表向きでランダムに並べます。番人はスタートから近いラッキータイルかプラスタイルに置きます。手番の最後に、コマも番人も乗っていないタイルを1枚、裏返します。裏返せるタイルがなければ何もしません。タイルは表向きでも裏向きでも取らなければなりません。

フェデュッティのマイゲーム大賞

| コメント(0) はてなブックマーク - フェデュッティのマイゲーム大賞 

B.フェドゥッティが毎年行っているマイゲーム大賞(My game of the year)はDOWの協力ゲームキャメロットの影、確率変動ギャンブルゲームマニラ、ドイツゲームの粋を集めたフランスゲームヒマラヤ。ライトゲームの推薦リストに妖精奇譚が入った。(Bruno Faidutti)

フェデュッティのマイゲーム大賞

| コメント(0) はてなブックマーク - フェデュッティのマイゲーム大賞 

年間ゲーム大賞にナイアガラ

独 ドイツ年間ゲーム大賞 ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は27日、ベルリンで開かれたプレス会議にて今年の大賞を発表しました。先月8日に発表された5タイトルから、27回目の栄光に輝いたのはナイアガラ。4回目の年間子どもゲーム大賞(Kinderspiel des Jahares)には小さなおばけが選ばれました。

 公式発表ではナイアガラについて「最後までエキサイティングなゲーム進行だけでなく、何よりも抜群のコンポーネントの質がひきつける。テーマがこれだけリアルで、またその感覚がゲームで再現されているのは稀である」とし、また小さなオバケについては「記憶能力の挑戦になるが、小さな子どもでも大人に勝つチャンスがある。でも頭のよさがポイントになるだけではない。騎士の広間でボールを回すには落ち着いた手が必要だ。作者とメーカーは子ども古典文学を同質のゲームに作り変えることに成功した」とコメントしています。

 ナイアガラの作者T.リーシング氏は新人、メーカーのツォッホはヴィラ・パレッティ(Villa Paletti)に続いて3年ぶり2回目の受賞。ツォッホはコンポーネントの評判が高く、今回の受賞作品も川の流れを透明な円盤で模し、箱を使って滝に見立てた点が高く評価されました。先行して行われていた2つのアンケート(SpielboxH@ll9000)でもナイアガラを予想する声が最も多く、愛好者の予想通りの結果です。

 小さなおばけは同タイトルの童話をゲーム化した磁石ゲーム。作者K.ハーファーカンプ氏は子どもゲーム作家でグラグラ城のオバケ(Schloss Schlotterstein)などの多くの作品があります。コスモスは2002年の秋から子どもゲームに取り組んできましたが、3年かけて初めて、ハバ、セレクタ、ドライマギアという子どもゲーム専門メーカーに肩を並べました。日本ではまだ輸入されていませんが、受賞によって早晩入ることになるでしょう。(Spiel des Jahres)

【ドイツ年間ゲーム大賞2005】

ナイアガラ(Niagara / Thomas Liesching / Zoch)

【ドイツ年間子どもゲーム大賞2005】

小さなおばけ(Das kleine Gespenst / Kai Haferkamp / Kosmos)

ミープルチョイスに乗車券ほか

| コメント(0) はてなブックマーク - ミープルチョイスに乗車券ほか 

米 乗車券 アメリカのゲーム愛好者グループシュピールフリークスは、ミープルチョイス(Meeples' Choice)に、乗車券電力会社ゴアが選ばれました。

 ミープルチョイスはカルカソンヌのコマ「マイ・ピープル」から付けられた名前。1000人以上のメンバーからなるこのグループで1年に1度、前年に発売されたゲーム(主にドイツゲーム)の人気投票を行って発表します。2001年に始まりましたが、アメリカのゲームシーンに大きな影響を与えたカタンの発売された95年まで遡って賞を発表しました。

 昨年はサンチアゴアッティカアメンラー、一昨年はプエルトリコ蒸気の時代指輪物語・対決と、いずれも一筋縄ではいかない戦略ゲームが選ばれています。フリーク色が濃いドイツゲーム賞よりもさらにフリーク寄りと言うことができるでしょう。日本のフリークの皆さんも未プレイのものがあれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 乗車券は舞台もデザイナーも発売元もアメリカづくしということもあって人気を博しているようです。電力会社ゴアはドイツゲームでは非主流となった長時間(2〜3時間クラス)ゲームで、こうしたゲームが受け入れられるあたり、ウォーシュミレーションでならしてきたアメリカのゲームシーンの特徴を見ることができます。(Mrrple Choice

メビウス便6月

| コメント(0) はてなブックマーク - メビウス便6月 

6月のメビウス便はアレア&クニツィアのパラッツォ、ゴルトジーバー&ドーラのクレタ、大賞ノミネート作品ヒマラヤ、ツォッホから昨年のエッセンで発表されたシチリアヨッヘンロッヘンの中から3〜4点。オプションにラベンスの子どもゲームバナナエクスプレスとアミーゴの子どもゲームスノルタ。ドイツ年間ゲーム大賞発表前に届くか?(Mobius Games 6/17)

梅雨に彼女とゲーム

| コメント(0) はてなブックマーク - 梅雨に彼女とゲーム 

メビウスママのひとりごとvol.18は梅雨に彼女と遊びたいオススメゲーム。すぐれたコンポーネントと奥の深さをもちあわせたゲームで、知性とセンスと優しさを伝えよう。

ドイツ人にとっての陣取りゲーム

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ人にとっての陣取りゲーム 



ドイツのボードゲームには、陣取りものが多い。フランスを舞台にした「カルカソンヌ」、スペインを舞台にした「エルグランデ」、ドイツを舞台にした「ラインレンダー」「ヴァレンシュタイン」、イタリアの「サンマルコ」、アメリカの「マンハッタン」、イラク(現在)の「チグリス・ユーフラテス」、エジプトの「アメンラー」、インドの「タージマハル」、中国の「チャイナ」、日本の「サムライ」、今年はヴェルサイユ宮殿の貴族を「陣取り」する「ルイ14世」がヒットしている。架空の世界だが「カタン」もそうだ。限られた土地を限られた人やお金で占領する。占領した人だけが利益を得ることができるから、やすやすと人に渡してはならない。


ドイツでは離婚の理由として「生活圏の侵害」というのがよくあるという(asahi.comドイツ年特集:「生活圏」侵したら、離婚の危機)。日本だったらおそらく「家庭内の不和」が離婚の主要な理由になるだろうことを考えると、自分自身の立ち位置にずいぶん違いがあることに気づかされる。配偶者であっても侵害されたくない、自分だけのテリトリー。日本でも近年はそういう生活スタイルが増えているが、夫婦では特にテリトリーはできるだけ重なり合うことが理想視される。



この言葉に、さすが、周りの国と陸続きの狩猟民族の発想だなあと感心しているのは、私だけでしょうか。狭い島国の日本の場合、一緒に暮らす二人は、考え方や感性、価値観、そして性格までも一致している方がいいと、一般的には考えられていますよね。



ここから考えると、陣取りゲームにおいてもドイツ人は日本人と比べ物にならないほど、自分のテリトリーに対する思い入れが強いのではないだろうか。だからこそ陣取りゲームが白熱するのではないだろうか。ギブアンドテイクでみんな仲良く共存しましょうというような島国感覚では、自分のテリトリーを奪われても奪ってもそのこと自体はさほど悔しくも嬉しくもない。ただその結果として利益が増減することの方が精神的に大きい。極端な話、あるテリトリーを取っても取らなくても利益は全く同じという状況なら、日本人はきっと取らない方を選び、ドイツ人は取る方を選ぶ傾向があると考えられる。


ここに、ドイツの陣取りゲームの楽しみ方のヒントが隠されている。もっとテリトリーに執着すること。損得計算はさておいて、自分のテリトリーを死守し他人のテリトリーは全力で落とす。取られても諦めず、たえず挽回を期す。そんなゲームとは直接関係のない精神的な攻防が楽しめるようになってきたら、新しい境地が生まれるかもしれない。さらには、仕事や人生に変化が現れることだって、考えられなくはないのである。


ラベンスバーガー好調

| コメント(0) はてなブックマーク - ラベンスバーガー好調 

『ボードゲームキングダム』vol.2発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ボードゲームキングダム』vol.2発売 

日 ボードゲームキングダム エンターブレインは6月10日付けでボードゲーム紹介本『ボードゲームキングダムvol.2(著・オフィス新大陸)』を発売しました。127ページ、税込3465円。オフィス新大陸による紹介本は『ボードゲーム天国』から通算で4号目で、前号(2004年10月8日)から8ヶ月ぶりの発刊、『ボードゲーム天国』から数えるとほぼ1年に1冊の刊行ペースとなっています。

 内容はそれだけの時間をかけた分、従来どおり写真を多用した美しいデザインのレビューが50本、そしてリプレイ記事などを掲載。ボードゲームにあまり興味のない人にも興味を持ってもらえる内容です。またフリークにとっても、海外で発売されるタイトルが増え、1つ1つのゲーム情報がウェブでも少ない近年、もう1度個々のゲームを見直すのによい資料となるでしょう。(Amazon.co.jp)

ジョイフルハイパーでプレゼントセール

| コメント(0) はてなブックマーク - ジョイフルハイパーでプレゼントセール 

秋葉原のボードゲームショップ・ジョイフルハイパーがワールドカップ日本代表出場決定記念にプレゼントセール。1万円以上の購入者を対象に抽選1名にデジタルオーディオプレイヤーほか、先着100名/50名にもれなくワイヤレスマウス/インナーケースプレゼント。期間は6/11〜30まで。(ジョイフルハイパー 6/10)

ボードゲームを考える集い(7)次回?

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲームを考える集い(7)次回? 



人数が20人を超えていた上に進行が下手で、当初目論んでいたフリートークには程遠かったが、それにもかかわらず参加者の中には次回を期待する声が上がっているのは嬉しいものである。


次回があるとすれば、どんなテーマがいいだろうか。ムソウさんは「みなが協力して(知恵を出して)できること」「こんなコンテンツあったらいいな」「サイトを持っている人が、参加者に直接サイトの感想などを聞く」という提案をなさっている(EasyBoardGames)。


これで思い出したのが、少し前に行った当サイトの読者アンケートで、どういうコンテンツを増やしたらいいかというもの。多い順に以下のような希望が出ていた。



  1. 新作レビュー

  2. インタビュー

  3. リプレイ

  4. play:gameデータベースとの連携

  5. 評価システム

  6. 特定ゲームの研究

  7. サークル紹介

  8. フォーラム


新作レビューは、ブログでレビューが増えた現在でもまだ需要が高い。私もそうだが、ゲームを買うか買わないか、ウェブのレビューをあちこち読んで判断するという人が多いからだろう。逆から見れば、新作を遊んでレビューや評価を出すだけのサイトでも、皆に見てもらえるということだ。新作はどんどん出るから、サイト更新の動機にもなる。新しいものを追うというのは、サイト運営の大きな方向性となりうるだろう。


インタビューやサークル紹介、イベントの参加レポートなど、リアルな動向を反映したものも見たい人が多いようだ。誰もがどこにでも足を運べるわけではない。実際に見聞した情報というのは、二次情報が氾濫するウェブ上では貴重だ。


リプレイは、『ノイエ』や『シュピール』、『ボードゲーム天国・王国』など紙媒体では見られるが、ウェブではまず見かけない。作ろうとしたことがある人ならば分かると思うが、非常に時間と手間がかかるのだ。まずゲームの魅力が伝わるようにだいたいの筋書きを作っておき、プレイ中は録音と経過撮影をし、それをまとめる。そこまでするのはさすがに難しいとしても、例えば外神田ドイツゲー情報局(仮)のようなネタリプレイも面白い(ハカセ大好き)。


私が読みたいのは、メタ・ゲーム的なコンテンツ。すなわちボードゲームを取り巻く環境について論じたものが読んでいて楽しい。ボードゲーム通信のボードゲーム論、moon gamerの創作ゲームのコンポーネントになりそうなグッズ収集、ボードゲームを始めようのインストの方法研究、All aboutのゲーマー名言集、河内ゲームクラブの創作ゲーム考など。当サイトの海外事情コーナーも、自分が読みたいと思ったことが翻訳の動機になっている。あとはたかのさんがゲームマーケットで発表している漫才本のような、ボードゲームをネタにしたお笑いがウェブにもあったらいいなと思う。


メーカーの中には、サイト管理者にゲームを提供して紹介してもらうというところも出てきた。ゲームサイトを見る人は相当の愛好者に限られるので、実際どれだけ一般への波及効果があるかは分からないが、ウェブのもつ影響力が注目されてきている証拠であろう。意識するにせよしないにせよ、ウェブの強みをうまく生かせるようサイト管理者同士のつながりを大事にしていきたい。まだお会いしたことのない方も、いつか直接にお話しできることを願っている。ボードゲーム情報を発信しているという共通点で結ばれた同好の士として。


最後に話し合った日本ボードゲーム大賞については、ゲームサイトと直接関係ないので省略し(もちろん頂いたご意見は生かすよう努力します)、今回の集いのまとめはこれがおそらく最終回。参加してくださった皆さん、今度はもっと遊びましょう。声をかけられなかったゲームサイト管理者の皆さん、次回はぜひご一緒に。長らく読んでいただきました方、ありがとうございました。今回の考察が、新サイト立ち上げや定期更新のお役に少しでも立てば幸いです。


参加者の一覧&関連記事(益田ラヂヲ氏)


第24回ゲッティンゲン・ゲームデザイナー会議閉幕

| コメント(0) はてなブックマーク - 第24回ゲッティンゲン・ゲームデザイナー会議閉幕 

独  6月4、5日の2日間にわたって毎年恒例のゲッティンゲン・ゲームデザイナー会議(Spieleautorentreffen
in Göttingen)が開催されました。ゲームデザイナー連盟(SAZ)に加盟する140名のデザイナーが参加。新作の試作品を紹介して、相互の情報交換を行いました。

 会議では4つの賞の授賞式があり、まずボードゲーム界に革新的な貢献をした人物に贈られる第2回インノ・シュパッツ賞(InnoSpatz、賞金500ユーロ)はドイツ・ボードゲーム博物館の館長P.レムッケ氏。20年前からハンブルク(現在はケムニッツ)で博物館を続けてきた功績が評価されました。30,000点のボードゲームを収蔵、1階では1,500点のゲームがすぐに遊べるようになっています。。

 次にボードゲームを効果的に紹介したメディアに贈られる第1回アレックス賞(ALEX、賞金1000ユーロ)は、ハンブルクの雑誌「ゲーマガジン(GEE Magazin)」で「机上演習・東(Planspiel Ost)」という記事を執筆したT.ミシュケ氏。奨励賞として「日本と韓国のボードゲーム」のU.バルチ氏ほか2名が受賞しています。

 そして先日発表された第17回ヒッポダイス・ゲームデザイナーコンテストは優勝者の沢田氏をはじめ、上位を独占した外国人が全員欠席だったため、決勝に残った2名のドイツ人が代表して受賞しました。

 最後に年間ゲーム大賞審査委員会が主催した第1回後継者デザイナー賞(Der Autoren - Nachwuchspreis、賞金2500ユーロ)はスイス人のS.ポーション氏に贈られ、このほか4名のドイツ人がノミネートされました。

 各賞の審査員にはその道の専門家をあて、公平な選出が配慮されています。ここにデザイナー、メーカー、ジャーナリズムが一体となってボードゲームの発展に力をあわせている姿を見ることができます。なお、ゲームデザイナー連盟の議長はムーン氏に替わってカサソラ氏が就任しました。(H@LL9000)

ゲームサイトを考える集い(6)国産ゲームのレビュー

| コメント(2) はてなブックマーク - ゲームサイトを考える集い(6)国産ゲームのレビュー 



ドイツのボードゲーム市場に出品される世界のゲームは年間500タイトルを数えるまでになったが、実は昨年発売された国産ボード・カードゲームの総数も50を超えた。キャラクターに完全に依存しているもの*1や双六に毛が生えただけのようなもの*2、海外作品の日本語版*3も少なくないが、意欲的な作品も見られるようになってきた。


ところが、新作の国産ゲームのレビューや評価を見られることは意外に少ない。場合によっては「2ちゃんねる」でちょっと書かれている程度ということもある。そこで多くが輸入品に傾倒しているボードゲーム愛好者にとって、国産ゲームの情報に目を向ける機会を増やすことが必要になってきている。国産ゲームのレビューが少ないのはなぜか、そしてそれはどうすれば増えるのか。


一番の原因は、国産ゲームを遊ぶ人が、質の上で輸入品を選ぶボードゲーム愛好者ではなくて、ウェブに現れない無数の一般人たちだという構造的なものであろう。『おばけ屋敷ゲーム』や『どこでもドラえもん日本旅行ゲーム』などはボードゲーム愛好者にはほとんど話題にのぼらなかったけれども、『カタン』や『カルカソンヌ』などと比べ物にならないビッグセールスを記録している。明らかに、遊んでいる人が別なのだ。愛好者でなければ、わざわざ遊んだゲームのレビューや評価を書くことは少ない。


次に、多くのゲームサイトでテーマ設定が「輸入ゲームの紹介」になっており、仮に管理人が遊んでも熱意を込めて紹介するには至らないということが考えられる。国産ゲームは言わずもがな、紹介しなくてもみんな知っているだろうという安心感が、結局誰も知らないという結果を生み出しているのではないだろうか。


3つ目は、上記の2つと密接に関連するがボードゲーム愛好者の中にある「所詮国産なんて大したことがないだろう」という先入見。日本人には昔から舶来物を特にありがたがる習性があり、特にヨーロッパのメルヘン、ドイツの品質、木のぬくもりなどというとはじめから好意的になる。それはそれでかまわないのだが、代わりに国産がその内容に関わらず不当に貶められてはいないだろうか。『アルゴ(ダビンチコード)』がドイツで評価されて始めて目を向けたという愛好者も少なからずいただろう。


そこでレビューを増やすための方策だが、まずは愛好者が遊ばなければならない。「考える会」では、サイト管理者同士がゲームを貸し借りして、1回でもいいから遊んでみるという提案をした。ちょっと遊んでみたいけれど、買いたいというほどではないというのが正直なところ。だったら借りて遊んでみようというわけだ。それが難しければ、サークルのラインナップに国産ゲームがあったら、はじめからバカにしないで遊んでみるという現実的な案も考えられる。意外な発見があるかもしれない。


次に遊んだらレビューや評価をどこかに書くこと。愛好者の目から見たレビューは、むしろメジャーな輸入品の紹介より情報的な価値が高い。見たい人も多いだろう。できれば「2ちゃんねる」でなく、自分のサイトかplay:gameデータベースに。


そしてレビューを書く上では、国産という点をまず高く評価したい。輸入品と比べれば劣る点はいくらでも見つかるだろう。それを並べ立てて面白くないと書くことは簡単だ。しかしそのゲームは、輸入品がこれだけ入ってきている日本で、メーカーが野心に燃えて発売したものなのだ。同じ要素でも、国産品にそれがあることが大きなプラスになる。提灯記事を書くのでは決してない。メーカーの意気込みを鼓舞し、次につながっていくようなレビューを。


発売されるゲームが玉石混交なのは、日本もドイツも変わらない。愛好者同士で情報を共有しながら「玉」に焦点をあて高く評価することが、そのゲームのメジャー度を上げ、メーカーに製作の指針を与え、より優れた国産ゲームが増えて、国産ゲームの発展にもつながっていくと思う。


これからは国産ゲームの時代だ!




*1:キャラクターをのせること自体はかまわない。『ミッキー&フレンズ5リンクス』のような好作もある。キャラクターを通してボードゲームに親しんでもらうという考え方もあるだろうが、ゲームとしての機能がお粗末なものはもはやゲームではなく、単なるキャラクター商品と呼ばざるを得ない。


*2:双六がボードゲームの基本であることはその通りだが、世界標準のクオリティという観点から言えば、その先に何かがほしい。


*3:質の高いゲームが刺激になるという点では評価できるし、現在高い人気を集めているのは事実だが、そろそろ日本でも独自に発展し始めてもいい時期ではないかと思う。


紙とペンでカタンを遊ぶ

| コメント(0) はてなブックマーク - 紙とペンでカタンを遊ぶ 

独紙カタン コスモス社が販促のためピザのおまけとして配布していた「カタン―紙と鉛筆で遊ぼう」のフリーダウンロードが始まりました。ボードと資源カードと盗賊を印刷して切り取り、ダイス2コと4色の鉛筆かペンを用意すれば遊ぶことができます。

 ルールは簡略版で、開拓地と都市で7点獲得することで勝利となり、発展カードはありません。ボードには初期配置がすんだものと初期配置から始めるものの2種類があり、それぞれ4つのボードがあります。面白さが分かった人はコスモス社の廉価版(ゴールドエディション)へ。

 トライソフト、カプコン、ハナヤマによって日本でも広まったカタンですが、発売当時ドイツでも言われていたように覚えるルールが多く、初めてボードゲームに触れる人にとってはよくわからないという声もあります。このためルール把握という敷居を下げることで、知名度は高くてもこれまで敬遠していた人にも触れてもらおうというコスモス社の戦略があるようです。(Catanien)

ビバリー、ブロックス デュオを発売

| コメント(0) はてなブックマーク - ビバリー、ブロックス デュオを発売 

日 ブロックス デュオ ビバリーは6月1日、パズルゲームのヒット作ブロックスの2人専用版ブロックス デュオを発売しました。ブロックスはフランス発のパズルゲーム。その手軽さと奥の深さが受けてドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、日本ボードゲーム大賞(2002)など18以上のアワードを獲得し、世界中に波及しました。今回の2人専用版はビバリーによる日本語版が世界初。これを皮切りにアメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、イスラエルなど21カ国での発売が予定されています。

 基本的なルールは同じですが、サイズは約半分、コーナーではなく中央からピースを置き始める点が異なります。コンパクトで持ち運びもしやすく、また2人用になったことで相手の状況を先の先まで読む戦略性が強まりました。価格もお手頃となって税込2,310円。この発売を機に頭脳スポーツ協会での大会なども予定されており、親子で気軽に遊びたい人から、徹底的に研究して強くなりたいという人まで、この夏はブロックス三昧です。コンピューター対戦もできるブロックスのホームページはこちら。(ビバリー)

カレンダー