2009年4月アーカイブ

ゲームマーケット前泊イベント

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット前泊イベント 

いよいよ来月に迫った国内最大のアナログゲームイベント、ゲームマーケット2009で前泊イベントが開かれることが、公式ページの発表で分かった。申込はメールで受け付けられている(4月30日まで、先着順)。

今年のゲームマーケットは、前日にプレイベントが行われることがすでに発表されているが、今回は宿泊付きで遠方からの参加者も安心。修学旅行でおなじみの文京区本郷の旅館にて、午後6時から翌朝9時まで遊ぶことができる(寝なくても大丈夫?)。

複数申込ももちろん可能。部屋は男女別に相部屋となる。ゲームマーケットスタッフが多人数ゲームを用意するとのことで、楽しいひと時が過ごせそうだ(でも枕投げは禁止)。

ゲームマーケット2009:前泊イベント

新作の人気は『ドミニオン』が圧倒

| コメント(0) はてなブックマーク - 新作の人気は『ドミニオン』が圧倒 

ドイツのボードゲームサークル「胡椒袋(Die Pfeffersäcke)」が毎年この時期に行っている新作人気投票の結果が、ハンス・イム・グリュック社のホームページで発表された。対象となるのは昨年のエッセンから今年のニュルンベルクまで発売された2009年度の作品。

昨年1位の『ストーンエイジ』、一昨年1位の『ノートルダム』はともにドイツゲーム賞で2位に入っており、ここで挙げられたゲームは今年のドイツゲーム賞も上位に入りそうだ。

ダントツで1位となったのは『ドミニオン』。日本でも今月日本語版が発売され、さらに人気が広まろうとしている。今年のドイツゲーム賞はこれで決まりではないだろうか。またドイツ年間ゲーム大賞も、審査員の匙加減によるとはいえ、これだけの人気の広まりを審査員は無視できないだろう。『カルカソンヌ』(2001)か、それ以上の人気である。

投票者数・11位以下など詳細はまだ公表されていない。

【プフェファークーヘル2009】
1位:ドミニオン(Dominion) 236pt.
2位:ヴァルドラ(Valdora) 107pt.
3位:パンデミック(Pandemie) 54pt.
4位:フィンカ(Finca) 52pt.
5位:黄金の都市(Die goldene Stadt) 45pt.
6位:スモールワールド(Smallworld) 38pt.
7位:落穂の問題(Eine Frage der Ähre) 28pt.
8位:賽は投げられた(Alea iacta est) 27pt.
9位:ダイヤモンドクラブ(Diamands Club) 26pt.
10位:マオリ(Maori) 24pt.

Die Pfeffersäcke:Berichte
TGW:新作の人気は『アグリコラ』か『ストーンエイジ』
TGW:人気の新作は『ノートルダム』

週末はすごろくやとポストホビーへ!

| コメント(0) はてなブックマーク - 週末はすごろくやとポストホビーへ! 

東京・高円寺のボードゲームショップ「すごろくや」は、今月25日(土)から3日間にわたって、開店3周年記念の感謝セールを行う。一部新作を除き一割以上の割引。この間、通信販売は一時中止されるので、実際に足を運んでみよう。開店時間は11:00〜20:00。

同じ時期、代々木のホビージャパン本社では、同社が運営するオンラインショップ「ポストホビー」のガレージセールを行う。日時は今月26日(日)の10:00〜16:00。RPG、ボードゲーム、カードゲーム、シミュレーションゲーム、サプライ品、パッケージ破損品などが三割〜九割引きで販売される。

ホビージャパンへは新宿駅から行くことができ、新宿と高円寺は中央線で12分。26日の朝から、1日で両方のショップを回ってみるのはいかが。

高円寺0分:開店3周年記念の割引セール
ホビージャパンゲームBlog:4月26日 ポストホビー・ゲーム・ガレージセール開催!

追記(4/23):25日(土)は千駄ヶ谷のバー・ジパングにて16:30からボードゲームイベントUrventが開かれている。すごろくやの感謝セールの帰りに寄ってみてはいかが。高円寺から代々木までは17分、代々木から会場へは8分でたどり着ける。場所や参加費など詳細はリンク先を参照のこと。

ネットショップ「テンデイズゲームズ」オープン

| コメント(0) はてなブックマーク - ネットショップ「テンデイズゲームズ」オープン 

テンデイズゲームズ本日10時から、ネットショップの「テンデイズゲームズ」がオープンした。既存のショップでは取り扱いの少ない13タイトルを扱っている。

ショップの店長は、秋葉原のイエローサブマリンで水曜日の会を主催するタナカマさんこと田中誠氏。個人輸入で会にもちこんだところ好評だったゲームを、希望者の求めに応じてイエローサブマリンで委託販売していたが、その売れ行きが好調で、今回の開店につながった。

オープン時の13タイトルは『クイック』、『ジュピターのもとに』、『頭脳絶好調カードゲーム』、『ウボンゴ』、『ザックンパック』(以上コスモス)、『ヴィア・ロマーナ』(ゴルトジーバー)、『ディクシット』(リベル)、『ロストシティーボードゲーム』、『ズーロレット拡張』(以上リオグランデ)、『ケイラス』、『ケイラスプレミアムエディション』(以上イスタリ)、『チケットトゥライド北欧』(デイズ・オブ・ワンダー)、アグリコラ追加デッキセット(ルックアウト)。国内での発売がないか、品切れが続いている商品が多くを占める。

今後も日本未紹介タイトル・一般未取り扱いタイトルを中心に展開していくとのこと。現場の生の声をもとに、ショップに並ぶゲームを楽しみにしたい。

テンデイズゲームズ

『ドミニオン』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ドミニオン』日本語版発売 

ホビージャパンは今月上旬から、世界中で人気を博しているカードゲーム『ドミニオン』の日本語版を発売した。税込み4,725円。

『ドミニオン』は、自分のチョイスでデッキを構築しながら得点を増やすアメリカのカードゲーム。昨年の秋にアメリカのリオグランデゲームズとドイツのハンス・イム・グリュック社で同時発売され、エッセン国際ゲーム祭の人気投票で1位を獲得。日本でも人気が爆発し、ドイツ語版を扱ったメビウスゲームズではわずか2ヶ月で年間売れ筋ゲームの6位に入った。

人気の秘密は、テキストのあるカードが少なくてゲームが覚えやすく、1ゲーム30分程度で終わるという手軽さと、好きなカードを買ってコンボを作る楽しさ、手札が常に5枚なので構成バランスを考えなければならない奥の深さ、登場するカードの組み合わせを変えられるリプレイアビリティの高さにある。TCGと違い、新たにカードを買い足さなくても遊べるスタンドアローン型だが、すでにいくつかの拡張パックが予定されている。

今回のホビージャパンの日本語化は、オリジナル版の発売からわずか5ヶ月というスピードで、旬を逃さなかった。今回の製品は40周年記念商品に位置づけられている。年明けに発売された『アグリコラ』に続く日本語版の発売で、今後の展開も楽しみだ。

ホビージャパン:ドミニオン日本語版

『ル・アーブル』プロモカード

| コメント(2) はてなブックマーク - 『ル・アーブル』プロモカード 

『ル・アーブル』プロモカードは2008年のエッセンで、10ユーロ買うごとに1枚ずつ配布されたカードである。全て特別の建物で12種類ある。整理番号があるが、特別の建物なので全てシャッフルして用いられる。

オークションで出回っているものもあるが、入手難。画像ファイルはボードゲームギークから入手できる。印刷して厚紙とともにスリーブに入れれば遊べるだろう。以下和訳。

公衆トイレ(Dunny、公共、整理番号00、建設コスト:レンガ1、資産価値14)このカードがめくられたらすぐ、整理番号が最も大きいカードがある建設計画エリアの上に置きます。(建物アクション不可)
労働者コテージ(Worker's Cottages、公共、整理番号36、購入のみ、資産価値12)所有者は最終ステージ(最後のラウンドカードの決算後)でメインアクションを1回ではなくて2回できます。2つのアクションは続けて行います。(建物アクション不可)
建設現場(Construction Site、整理番号37、購入不可、使用料:食料2、資産価値0)各プレイヤーに特別の建物を3枚ずつ配っておきます。この建物に最初に入ったプレイヤーは、3枚のうち好きな1枚と建設現場と交換し、可能ならばその建物をすぐに使用します。使用料を免除されるのは、その建物を建設した場合に限ります。この後、全員が手札を捨て札にします。
材木キャンプ(Logging Camp、整理番号38、購入のみ、資産価値6、釣り1・ハンマー1)食料1を7枚まで、材木1に換えることができます。
MSダグマー(MS Dagmar、整理番号39、購入か近代化した造船所で交換、資産価値50)近代化した造船所で、アクションを行わずに、豪華客船を1隻捨てれば、(無料で)MSダグマーが手に入ります。MSダグマーは豪華客船とみなします。(建物アクション不可)
質屋(Pawnbroker's、整理番号40、経済、購入のみ、使用料:食料1、資産価値4)手持ちの、異なる種類の品物をいくつでも重ねてこの上に置き、品物1枚につき2フランを受け取ります。これらの品物は、2フランを払えばいつでも手元に戻せます。(取り戻すために建物に入る必要はありません)
海賊の隠れ家(Pirate's Lair、整理番号41、海賊、資産価値0・購入価格4)所有者は、海運会社で使われた船1隻につき1フランを奪います。(建物アクション不可)
廃品回収所(Junkyard、整理番号42、経済、購入のみ、使用料:食料2か1フラン、資産価値4、ハンマー1)食料2を5回まで、鉄1に換えられます。
ダイブバー(Dive Bar、整理番号43、経済、購入のみ、資産価値4)人員コマが帰宅するとき、ダイブバーに寄って2フランを街金庫に支払います。ダイブバーには一度に何人もいることができます。(建物アクション不可)
警戒線(Picket Line、整理番号44、公共、購入のみ、資産価値2)供給スペース1つからマーカーを全部取ります。次の手番に、ほかのプレイヤーも全員、供給スペースからマーカーを全部取らなければなりません。その後、警戒線はゲームから取り除かれます。(最終ラウンドの最初以降は、警戒線は登場できません。)
タバコ工場(Tobacco Factory、整理番号45、公共、購入のみ、資産価値6)所有者は、自分の建物にいるほかのプレイヤーの人員コマを取り除くことができます。(建物アクション不可)
牛追い(Cattle Drive、整理番号46、購入のみ、資産価値4)牛をもっているプレイヤー全員から、牛1をもらう。2人プレイでは相手から牛2をもらう。

Boardgamegeek:Le Havre Expansion - Essen Promo Cards

iPhoneにドイツゲーム続々

| コメント(0) はてなブックマーク - iPhoneにドイツゲーム続々 

携帯端末のiPhone(iPod touch)用に、今月、クニツィアの『タブラ・ラサ』とシャハトの『ズーロレット』が発売される。英語とドイツ語のみだが、ダウンロード販売なので日本でも遊ぶことができそう。

クニツィアの『タブラ・ラサ』は1999年にドイツで発売されたカードゲーム。今回発売されるのはその英語版『シャルルマーニュの騎士』で、向かい合って10の城を奪い合う。列ごとに同じ数字か色を出さなければならないという縛りがゲームを面白くする。2人プレイは対戦で、チーム戦ではない模様。

シャハトの『ズーロレット』は2007年に発売され、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した作品。動物をトラックに載せて集め、種類ごとに分けて余らないように檻に入れる。動物がそれぞれ動き、実際の動物園にいるかのような臨場感を味わえる。4人までプレイ可能。

iPhoneはマルチタッチディスプレイで画面を指で触ってドラッグしたりできるなど、ゲーム機として注目されており、発売1年ですでに1000タイトル以上が発売されている。ダウンロード販売で安価でソフト販売できることから、さらなるボードゲームの発売が予想される。

SpinBottle:Zooloretto
touch Arcade:Reiner Knizia's Knights of Charlemagne coming to iPhone/iPod Touch on April 8

ズーロレット

「はじめてゲーム」シリーズ、新大陸制作

| コメント(0) はてなブックマーク - 「はじめてゲーム」シリーズ、新大陸制作 

メガハウスは3月、「はじめてゲーム」シリーズとして人気キャラクターをテーマにしたボードゲーム4タイトルを発売した。このうち2タイトルはボードゲーム界で数々の新企画を打ち上げてきたオフィス新大陸が制作している。

このたび発売になったのは『侍戦隊シンケンジャー 出陣!シンケンジャー』『仮面ライダーディケイド ファイナルアタックライドバトルゲーム!! 』『フレッシュプリキュア! 四つ葉町ガールズコレクションゲーム』『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史 守れ!コーヤコーヤ星!!』の4タイトル。いずれも1575円と安価で、シリーズ名の通り手軽に遊べるゲームとなっている。

このうちオフィス新大陸が制作したのは『仮面ライダーディケイド』と『映画ドラえもん』の2ゲーム。ディケイドはカードコレクションとおはじき、ドラえもんは可変ボードとおはじきを取り入れることで斬新なゲームに仕上げている。

ほかのタイトルも、シンケンジャーでは協力の要素、フレッシュプリキュアではセットコレクションを加え、キャラクターゲームにありがちな凡庸な双六を超えている。キャラクターファンはもちろん、ボードゲームファンも一度触れてみてはいかが。

オフィス新大陸:『はじめてゲーム』シリーズ2タイトル発売中!

カレンダー