2014年5月アーカイブ

ゲームマーケット2014春:国産新作・書籍リスト(印刷用)

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:国産新作・書籍リスト(印刷用) 

ゲームマーケット2014春が、いよいよ6月1日に東京ビッグサイトにて開かれます。先日公開したリストに基づいて、国産オリジナル新作170タイトルと書籍・同人誌18タイトルをまとめたリストを制作しました。PDFファイルで、A4に両面印刷すると1枚に収まります。

・予約したゲームの受け取り忘れチェック
・当日絶対手に入れたいゲームや、現物を見て購入を検討したいゲームの備忘録
...ならびに用意するお金の計算(重要)
などにお役立て頂けたらと思います。

なお、出展はあくまで各団体のホームページなどで告知されているものにもとづいており、未確定情報も含んでいます。内容や価格に変更がある可能性もありますのでご注意下さい。

また、当サイトでは週明け、このリストに基づいて恒例の新作評価アンケートを行います。アンケートへの掲載を希望されない方は除外しますので週明けまでにご連絡下さい。

ゲームマーケット2014春国産新作・書籍リスト(PDF)

『アン・ギャルド』日本語版、6月1日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『アン・ギャルド』日本語版、6月1日発売 

アンギャルド日本語版ニューゲームズオーダーは6月1日、R.クニツィアのフェンシングゲーム『アン・ギャルド(En Garde)』日本語版を発売する。2人用、8歳以上、30分、2500円(税込み)。6月1日のゲームマーケットでは、ニューゲームズオーダーのブース(A23)で購入できる。

移動カードで相手との間合いをはかり、剣で攻防を行うカードゲーム。スマートなゲームデザインで人気のR.クニツィアの作品で、1993年にアバクス社(ドイツ)から発売され、その後フランスやアメリカで度々リメイクされている。日本市場でも継続的に発売されており、スピード感のある展開と熱い駆け引きで人気がある。

今回の日本語版制作にあたっては、日本フェンシング協会から公認を受け、パッケージ両面にはロンドン五輪銀メダリストの太田雄貴選手の写真が用いられた。同様にドイツフェンシング協会から公認を受けていたドイツ語版と軌を一にして、ボードゲーム愛好者だけでなく、フェンシングファンへの展開も狙う。

play:game評価コメントリスト:アンギャルド
B2FGames:「アン・ギャルド」日本語版を、「日本フェンシング協会公認」にて発売します。

『メビウスママのエッセンシュピール ガイドブック』6月16日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『メビウスママのエッセンシュピール ガイドブック』6月16日発売 

スモール出版は6月16日、書籍『メビウスママのエッセンシュピール ガイドブック』を発売する。能勢真由美(メビウスゲームズ)著、B5版60ページ、1944円。

ドイツ北部の中都市エッセンで年に1度開かれる、世界最大級のボードゲームの祭典「エッセンシュピール」を、東京・水道橋のボードゲーム専門店・メビウスゲームズのママが案内するガイドブック。日本からドイツ、そして会場までの行き方や楽しみ方、現地でのお役立ち情報、購入したゲームを郵送する手順、ゲームデザイナーにサインをもらう方法まで掘り下げる。

安田均氏(シュピールの変革について)、健部伸明氏(ヤポンブランドでの出展について)、カナイセイジ氏(デザイナーから見た海外出展について)、ふうか氏(前夜祭について)、小野(外国人とゲームを遊ぶ方法)の寄稿や、女性限定座談会もあってさまざまな視点でシュピールが分かるようになっている。

市販されているドイツ旅行のガイドブックでは、エッセンのページは1ページあるかないか。もちろんこのシュピールについて書かれたガイドブックは皆無だった。参加を検討している方だけでなく、参加したことのある方、参加を夢見ている方まで、読んで楽しいガイドブックだ。

6月1日のゲームマーケット2014春では、スモール出版のブース(A32)で先行販売が行われる。購入者にはママさんのうちわと、ボーナンザやラベンスバーガーロゴのキーホルダー、ゴキブリポーカーの缶バッヂなど、ママさんがエッセンシュピールで集めてきたおまけ(下写真、先着順1人1点)がプレゼントされる。

スモール出版:商品一覧

メビウスママ本のおまけ

ゲームマーケット2014春:書籍・同人誌

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:書籍・同人誌 

6月1日のゲームマーケット(東京ビッグサイト)で発売されるボードゲーム関連書籍リストです。追加・修正などがありましたらお寄せ下さい。

A01
アークライトゲームズ
□ もっと! 勝つまでやらせろ! 無料配布

A10 テンデイズゲームズ
ドミニオンマニアックス(再版) 1000円
ドミニオンマニアックスZERO(再版) 1400円
ドミニオンラーニング(再版) 1200円

A24 グループSNE/cosaic
ボードゲーム・ストリート2014 1800円

A32 スモール出版
メビウスママのエッセンシュピール ガイドブック 1800円

B16 リットーミュージック
"遊べるBOOK"シリーズ vol.1『人との会話がはずむ カードゲームの本』 2484円
"遊べるBOOK"シリーズ vol.2『勉強が楽しくなる カードゲームの本』 2484円

C01 sukuranburu
ボードゲーマーガールズ 700円

C03 カルカソンヌ研究所
カルカソンヌ 最強ファンブック 1000円
カルカソンヌ 最強指南書 1000円

D32 さとーふぁみりあ
卓の細道(既刊第一集、既刊第二集、新刊第三集) 100円

E11 だらだら部ゲーム分科会
倒さないドミノルール集 1000円

I07 ちゅうじのBGM
□ ボードゲームストーリー漫画「ボドゲイム!」

I10 カタンフリークス
カタン サバイバル タクティクス

I11 ペンタメローネ
□ インストラクトについて 50円
インスト論 100円
□ 俺のインスト(ゲーム購入特典)

『ワンス・アポン・ア・タイム』日本語版、6月3日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ワンス・アポン・ア・タイム』日本語版、6月3日発売 

イエローサブマリンは6月3日、ニューゲームズオーダーとの共同制作で『ワンス・アポン・ア・タイム(Once Upon a Time)』日本語版を発売する。2~6人用、20~40分、3000円(税別)。6月1日のゲームマーケットでは、イエローサブマリンのブース(A22)で先行発売される。

「王様」「村」「戦う」などのキーワードが書かれた手札の物語カードで物語を作るストーリーテリングゲーム。「真実の愛が魔法を解いたのです」とか「そして2人は幸せに暮らしましたとさ」などといった結末カードが予め配られており、その結末できれいに終われるように手札を使い切ることを目指す。

物語に詰まったときは次のプレイヤーがその物語を引き継ぎ、同様にそのプレイヤーの結末カードで終われるように手札を出していく。中断カードを使ってほかのプレイヤーの物語を途中で奪い取ることもできる。

イギリス人デザイナーグループの作品で、初版は1993年にアトラスゲームズ(アメリカ)から発売された。イエローサブマリンでは日本語版化の話が何度か出ていたが、ニューゲームズオーダーの協力でようやく実現したという。今回の日本語版は第3版に準拠している。勝敗にあまりこだわらず、みんなでよい物語を作って楽しむゲームだ。

宝石の煌き(Splendor)

| コメント(0) はてなブックマーク - 宝石の煌き(Splendor) 

栄光への道筋

宝石の煌き

宝石を集めて鉱山や職人を手に入れ、有名な宝石商となって貴族の訪問を受けるわらしべ長者のようなゲーム。フランスのゲームだが、2014年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた。宝石集めがテーマだが、アブストラクト色の濃いセットコレクションでヒリヒリできる。

自分の番には、ストックから宝石を取るか、集めた宝石でカードを買うかが基本。場に並んだカードにはそれぞれ必要な宝石の色と個数が書いてあり、指定された分を支払えばゲットできる。カードにも宝石が1つ付いており、その宝石分は支払わなくてもよくなるため、カードを買えば買うほど新しいカード購入が楽になるという仕組み。最初はなかなかカードが買えなくて苦しかったのが、途中からバンバン買えるようになるのが気持ちいい。

しかしカードには難易度が3段階あって、最難関は得点も高いが集めなければいけない宝石も多い。安いカードばかり買ってウヒョウヒョいっていてはいけないのだ。自分に足りない宝石は何か、そのカードを取るにはどの宝石を集めるべきかしっかり道筋を考えておこう。

これに加えて、カードは早い者勝ちなので、ほかのプレイヤーが狙っていそうなカードは先手を打って取っていかなければならない。出たとこ勝負でカードを買っていくプレイもできるし、先の先を読んで、かつ周りの狙いも見極めてという考えぬいたプレイもできるという、幅広いプレイスタイルに対応しているのはさすがノミネート作品。

宝石の取り方は、3種類1枚ずつか、1種類2枚(4枚以上ある場合のみ)か、黄金(ジョーカー)1枚。黄金1枚の場合は、カードを1枚確保しておくこともできる。宝石の枚数が絶妙で(プレイヤー人数によって変わる)、特定の色を貯めこんでブロックすることができる。ブロックしておいて、ほかのプレイヤーが「買えるカードがないよ!」と嘆いている間に自分は別のカードをどんどん買っていきたいものだ(うまくいけばの話だが)。

指定された宝石のカードを揃えると、貴族タイルをもらえる。これが高得点で一気にゲームが収束する。勝負は、限られた枚数しかない貴族タイルを、いかに早く取れるかにかかっている。カード、貴族の合計が15点以上になったラウンドで終了し、得点の多い人が勝ち。

3人プレイで40分くらい。ゲームが始まってすぐ、考えることの多さに愕然とした。この宝石を取って、あの人より先にこのカードを取るには? そのカードが取れなかったらどのカードを取るか? カードのイラストを楽しむ余裕もないくらい、手持ちの宝石と、ほかの人の宝石と、場札のカードを見比べる。

そのうちカードが増えてきて、宝石を1個ぐらい支払えばたいていカードを購入できるようになると、みんなウヒョーウヒョー言い始めた。しかしそこで成り行きに任せて買っていたのでは勝てない。貴族タイルを目指して、どのカードが自分に足りないか見極めなければならない。無駄足せずにまっすぐ貴族カードを集めた鴉さんの勝利。

宝石の数がカツカツなのに対し、同じ得点なのに宝石の数がだいぶ違うカードがあって、わざとバランスを崩して作ってある感じがニクい。テーマ性が薄い分、深く考えて遊ぶことができた。

Splendor
M.アンドレ作/スペースカウボーイズ+アスモデ(フランス)
2~4人用/10歳以上/30分
ショップ検索:宝石の煌き

ゲームマーケット2014春:スタンプラリー参加団体募集

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:スタンプラリー参加団体募集 

ゲームマーケット2014春(6月1日、東京ビッグサイト)にて、有志による非公認スタンプラリーが行われる。現在、スタンプを押す出展者と、特典を提供する出展者を募集中。参加料100円(スタンプ代)、〆切5月30日(金)(はんこを申し込む場合は5月26日まで)。

3月のゲームマーケット2014大阪に続いて、中村誠氏のブース(F40)で行われるイベント。前回は枠を設けて広告料を集めていたが、今回はスタンプ代のみの集金(スタンプを自分で用意する場合は無料)で参加できるようになった。

参加ブースのイベントスペースで試遊プレイをしたり、商品を購入した参加者は、カタログ(60ページ「中村誠」)にスタンプを押してもらえる。このスタンプを集めることにより、参加ブースで割引やプレゼントなどの特典を受けられるという仕組み。出展者数が332団体を数える今回のゲームマーケットで、人集めや話題作りに一役立ちそうだ。

詳しくは下記サイトから、Twitterのアカウントで申し込める。25日時点での参加状況は下のリンクの通り。

中村玩具製作所:ゲームマーケット2014春 非公認スタンプラリー
ゲームマーケット:非公認スタンラリー 1週間前最新情報/F40 中村誠

ゲームマーケット2014春:国産オリジナル新作リスト

| コメント(3) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:国産オリジナル新作リスト 

いよいよ来週末に迫ったゲームマーケット2014春(東京ビッグサイト)の国産オリジナル新作リストをまとめてました。作成にあたってはJDSA国産同人ボードゲーム一覧を元データとして利用いたしました。輸入ゲーム、伝統ゲーム、既存のゲームの拡張・リメイク・シリーズもの、ベータ版、過去のゲームマーケット既出、プロトタイプ・見本展示、書籍・アクセサリ、TRPG、SLG、TCGを除きます。

未確定の情報もありましたので、追加・修正などの情報提供をお待ちしております(ツイッター、メール、コメント)。特に、カタログ情報のみの作品、発売が間に合わない作品の情報提供をお願いいたします。随時修正し、直前に一覧表を公開したいと思います。

現在のところ新作は176タイトル。すでに先行予約が締め切られているものもありますが、参加される方はチェックしておきましょう。

ゲームマーケット公式サイト

大分にプレイスペース、5月24日オープン

| コメント(0) はてなブックマーク - 大分にプレイスペース、5月24日オープン 

サイコロジスト5月24日(土)11時から、大分市府内町(JR大分駅徒歩9分)のビル4Fに、プレイスペースSAIKOROGIST(サイコロジスト)がオープンする。月・木・金曜14:00~24:00、水・土・日曜11:00~24:00、火曜休。本日20時からプレオープンあり。

大分在住のボードゲーム愛好者Vodka Gimlet氏が、大分県民にもっとボードゲームを知ってほしくて開いたプレイスペース。ボードゲーム専門のプレイスペースとしては九州初となる(参考:kubotaya雑記帳:ボードゲームの出来る、バー/カフェ/プレイスペース)。店名は心理学者(サイコロジスト)とサイコロをかけた造語で、ボードゲームの醍醐味として頭脳と運を表しているという。

130タイトル以上のボードゲーム、カードゲームが店長のルール説明付きで遊べる。料金は大人1500円(4時間)、1日フリーで2000円。無料体験コース、初心者ボードゲーム教室、シニアのためのボードゲーム教室、婚活・合コン飲む前ゲーム会などのイベントも企画中だ。

ボードゲームプレイスペースSAIKOROGIST(サイコロジスト)
大分市府内町2丁目5番40号 盛文堂ビル4階
twitter:@SAIKOROGIST
facebook:www.facebook.com/saikorogist
電話:090-7448-3156

君はボードゲームを知らずに死ねるのか?:お店の詳細について ~最近のボドゲライフ~

ツキサスホールデム(Tsukisas Hold'em)

| コメント(0) はてなブックマーク - ツキサスホールデム(Tsukisas Hold'em) 

弁慶の立ち往生

ツキサスホールデム

1枚だけの手札で強弱を競う国産同人のギャンブルゲーム。勝てれば粘土でできた人形に槍を刺すことができるが、勝つか負けるかは運と、度胸次第だ。

まずは粘土をこねこねして人形を作る。出来栄えを投票して、優秀作品を作ると槍を1本少なくスタートできる(ビューティーコンテストルール)。この人形が槍だらけにならないように頑張ろう。

毎ラウンド1枚カードが配られ、カードを見て勝負に参加するか降りるかを決める。参加することにした人だけでカードをオープン。数字の一番小さい人が負けとなり、勝負に参加したほかプレイヤー全員から槍を刺される。最後は、手持ちの槍と、自分の人形に突き刺さった槍の合計が最も少ない人の勝ち。

だからできるだけ勝負に参加して、どんどんほかの人形に槍を突き刺したいところだが、手札があまりよくないのに勝負に参加すると、逆に突き刺される恐れがある。

カードは単純に数字勝負ではない。自分の人形に槍がたくさん突き刺さっているほど強くなる「隠者」、最強だが場に「乙女」があると最弱になってしまう「騎士」、「騎士」がいると力が激減する「ドラゴン」など、ほかのプレイヤーが出したカードによって強弱が変わる。だから数字が弱くてもすぐ降りてはいけない。ほかのプレイヤーがこの場で何を出そうとしているか、槍の数から予想していく。

8人でわいわいがやがやとプレイ。強いカードが覆されたり、弱いカードがそのまま弱かったりと裏目裏目で勝てなかったが、ぶすぶすと突き刺されていく人形の姿がおかしくて楽しかった。

ツキサスホールデム
北条投了/チキンダイスゲームズ、芸無工房(2013年)
4~12人用/30分

ゲームマーケット2014春:インスト本

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:インスト本 

インスト論6月1日(日)に東京ビッグサイトで開かれる「ゲームマーケット2014春」にて、私の執筆したブックレット『インスト論』がペンタメローネのブース(I11)にて頒布される。A5サイズ14ページ、100円。

ペンタメローネは東京・立川のカフェで、ブログ「ボードゲームを始めよう」のsirou氏がプロデュースして定期的にボードゲーム会を開催している。活動の中で「オープンゲーム会を含むゲーム会に参加する人間、特にゲーム会への参加慣れをしていない人向けに、インスト(ルール説明)の指針となる指南書のようなものを作ることができないか」という声が上がり、主旨に賛同する人から原稿が寄せられた。

当日ペンタメローネのブースで入手できるのは3冊で、草場純氏『インストラクトについて』(50円)、小野の『インスト論』(100円)、そしてsirou氏『俺のインスト』(ゲームを買った人のみ無料配布)。

『インスト論』では、米独日のインスト論をまとめた。特に日本ではインストの神様・TTBさんのインタビューを収録。ボードゲーム愛好者にはきっと参考になると思う。ご興味のある方はペンタメローネのブースにお立ち寄り下さい。

ペンタメローネ

エッセン・ザ・ゲーム(ESSEN The Game: SPIEL'13)

| コメント(0) はてなブックマーク - エッセン・ザ・ゲーム(ESSEN The Game: SPIEL'13) 

我を忘れてお買い物

エッセン・ザ・ゲーム

世界最大級のボードゲームメッセ「シュピール」。毎年10月に、ドイツ・エッセンで行われ、15万人の愛好者が訪れる。ここで世界中の出版社から発表される新作は852タイトル(2013年)にものぼり、しかもゲーマー向けのものが多いので、愛好者にとっては楽園のようなメッセだ。日本人も毎年たくさん参加しており、ヤポンブランドのように毎年出展しているところもある。

このメッセを描いたボードゲームが『エッセン・ザ・ゲーム』。今年ベルギーでリリースされ、6月からキックスターターで注文を受け付けることになっている(本レポートは、レビュー用の試作品に基づく)。デザインは『ブリュッセル1893』のE.エスプレマンなど3名。アクションポイントを使って、広い会場を回りお買い物をしてくるという内容で、登場するゲームは2013年のシュピールで実際にリリースされたものばかり。欲しいゲームがありすぎて買いきれないというゲーマーの嬉しい悲鳴を、見事にゲーム化している。

ゲームは7ラウンドにわたって行われ、毎ラウンド、ボードゲームが会場に到着する。そしてこのラウンドのトレンド(タイプによって得点補正)と、混んでいるエリアが発表される。各プレイヤーはウィッシュリストと軍資金をもって駐車場からゲームスタート。がっつり買うぞ!

手番はアクションポイント制で、ほしいボードゲームが置いてあるブースまで移動し、お金を払って購入すると得点になる。購入したボードゲームはマイボードのカートに置き、買えば買うほどアクションポイントが少なくなっていく仕組み。最初は8アクションポイントあるが、6つ購入すると残りは2アクションポイント。毎ラウンド、2マスずつしか移動できなくなってしまう。お、重い!

そうなる前に、適当なところで駐車場まで戻ろう。車に積むとアクションポイントは回復する。また駐車場にはATMがあり、得点を換金できる。2勝利点で50ユーロ。何ユーロ引き出してもよいが、ゲームが終わる前に買えるくらいにしておこう。

3ラウンドが終わると、午前中の人気ゲームランキングの決算が行われる。ランキングを発表するのはフェアプレイ、ボードゲームギーク、トリックトラックで、指定されたタイプのゲームを揃えていれば得点になる。このランキングは最初から分かっているので、ウィッシュリストと見比べつつ、計画的に購入していきたい。

最後は、入口付近が混雑して移動しにくくなる(1マス移動するのに2アクションポイント)ので、その前に退散しておくと、ボーナス得点がもらえる。7ラウンドの後、午後のランキングとウィッシュリストの達成による得点が入り、最終得点の多寡を競う。

4人ゲームで約1時間。ウィッシュリストで狙っていたゲームをいきなり買われる。「えっ、それ欲しいんですか?」「近くに売ってたもんですから」「・・・!」奥の方のブースにアクションポイントをかけて行くよりも、手前の方から買ったほうが早い。そのため、目につくものから手当たり次第に買ってしまうという浮かれゲーマーに。そしてカートはいっぱい、しかも混雑して駐車場に戻れない。これがシュピールの魔力というものか。駐車場から会場へ行って戻ってくるまで2~3ラウンドかかるため、7ラウンドというのは短かい。

手当たり次第に買って勝てるわけがなかった。少し奥まで足を伸ばしてでもウィッシュリストやランキングのゲームを丹念に揃えたBumiさんが勝利。でも本物の箱絵を使っているだけに「うわっ、カヴェルナだ!」「ローズ&ボーツ、ほしい!」などと浮かれてしまって正気でいられなかったのは、本当にシュピールの体験をシミュレートしていると思う。愛好者が最高に幸せになれるボードゲーム。ゲームマーケット版もあったらいいなと思う。

ESSEN The Game: SPIEL'13
F.ベギン、F.デルポルテ、E.エスプレマン/自費出版(2014)
2~4人用/10歳以上/30~60分

ドイツ年間ゲーム大賞2014ノミネート

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ年間ゲーム大賞2014ノミネート 

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日、各部門のノミネート作品と推薦リストを発表した。昨年同様、赤いポーンの年間ゲーム大賞、青いポーンの年間キッズゲーム大賞、灰色のポーンの年間エキスパートゲーム大賞の3部門について各3タイトル、合計9タイトルがノミネートされた。ノミネート作品の中から、赤と灰色のポーンは7月14日にベルリンで、青いポーンは6月23日にハンブルクで大賞を決定する。

メインである年間大賞(赤)にノミネートされたのは、ダイスレースの『キャメルアップ』、セットコレクションゲーム『宝石の煌き』、コミュニケーションゲーム『コンセプト』。小箱が2タイトルだった昨年から転じて、大箱の作品が選ばれている。また推薦リストには、予想一番人気だった『ラブレター』など5タイトルが入った。

選考委員のT.フェルバー氏は、今年はテーマもシステムも多様でトレンドがなかったとしつつも、幅広い好み、要望、グループ、年齢に対応する作品を選んだという。特にノミネートされた『キャメルアップ』と『コンセプト』、推薦リストの『ブラッドバウンド』の3タイトルは多人数に対応させている。昨年の大賞『花火』のような小箱は、推薦リストに3タイトル入れることで幅広さをもたせた。

4年目となるエキスパートゲーム大賞(灰色)のノミネートは、古代ローマの開拓ゲーム『コンコルディア』、中世の商売ゲーム『イスタンブール』、中世フランスの衣装作りゲーム『ロココの仕立屋』が選ばれた。フェルバー氏は、新しいテーマの作品を作ることがまだまだ可能であることを示したとしている。推薦リストには、昨年の2タイトル、一昨年の3タイトルを超える過去最多の4タイトルが入った。

今回の年間大賞、エキスパートゲーム大賞は、ラベンスバーガー、コスモス、ハンス・イム・グリュック、アミーゴ、ツォッホなどのドイツの老舗出版社が全くノミネートされず、新興出版社や、海外出版社のドイツ語版が選ばれている。年間大賞のノミネート2タイトルはフランスの作品となった。「新鮮な衝撃を求めて、審査員はしばしば古典的なドイツの出版社以外を探します。でもドイツの編集者たちも、できるだけ国際化を考慮して、ドイツ語圏以外にも理解されるタイトルをよく選んでいます」とフェルバー氏は述べ、ドイツゲーム以外を評価する姿勢を見せている。

年間ゲーム大賞から半ば独立しているキッズゲーム大賞(青)は、ネコに追いかけられるレースゲーム『フリッツ&ミーツ』、お化け屋敷の宝探しゲーム『幽霊、幽霊、宝探し』、騎士のタイル配置ゲーム『リヒャルト・リッターシュラーク』がノミネートされ、推薦リストには7タイトルが挙げられた。

【年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)ノミネート】
キャメルアップ(Camel Up / S.ボーゲン / エッガートシュピーレ)
宝石の煌き(Splendor / M.アンドレ / スペースカウボーイズ)
コンセプト(Concept / G.ブージャノ、A.リボル / ルポ・プロドゥクシオン)
推薦リスト:ひつじいっぱい(Voll Schaf)、SOSタイタニック、ラブレター、ポテトマン、サンスーシ

Kategorie: Spiel des Jahres 2014

【年間エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)ノミネート】
コンコルディア(Concordia / M.ゲルツ / PD出版)
イスタンブール(Istanbul / R.ドーン / ペガサスシュピーレ)
ロココの仕立屋(Rokoko / M.クラマー、M.マルツ、S.マルツ / エッガートシュピーレ)
推薦リスト:ギルドマスター、アメリゴ(Amerigo)、ロシアンレールロード、ブラッドバウンド

Kategorie: Kennerspiel des Jahres 2014

【年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)ノミネート】
リヒャルト・リッターシュラーク(Richard Ritterschlag / J.ツィルム / ハバ)
フリッツ&ミーツ(Flizz & Miez / K.フランツ、H.ギルケ、D.ユー / カレラ・テーブルトップゲームズ)
幽霊、幽霊、宝探し(Geister, Geister, Schatzsuchmeister! / B.ユー / マテルゲームズ)
推薦リスト:私はどの動物でしょう?(Welches Tier bin ich?)、ゲームオーバー(Game over)、おばけの時間のこわい仲間(Gruselrunde zur Geisterstunde)、スピードカップス、綱を引っ張れフリン!(Zieh Leine, Flynn!)、おどろいたベーコンが吹っ飛んだ!(Oh Schreck, der Speck fliegt weg!)、ファイヤードラゴン(Feuerdrachen)

Kategorie: Kinderspiel des Jahres 2014

【国内販売状況】
ホビージャパン取り扱い:キャメルアップ、宝石の煌き、コンセプト(日本語版予定)、SOSタイタニック(日本語版)、イスタンブール、ロココの仕立屋
メビウスゲームズ取り扱い:ポテトマン、サンスーシ、ロシアンレールロード、スピードカップス
アークライト取り扱い:ラブレター(日本語版)、ギルドマスター(日本語版)、ブラッドバウンド(日本語版)、ロココの仕立屋(日本語版予定)
ニューゲームズオーダー取り扱い:コンコルディア(日本語版予定)
原題を付したものは国内未発売

東大の学園祭にてボードゲームカフェ

| コメント(0) はてなブックマーク - 東大の学園祭にてボードゲームカフェ 

5月17日、18日の2日間にわたって、東京大学本郷キャンパス(地下鉄丸ノ内線・本郷三丁目徒歩7分)にて行われている学園祭「五月祭」にて、ボードゲームカフェが開かれている。赤門そばの赤門総合研究棟1階、経4演教室にて、10:30~16:00。ドリンク300円。15:30からは『世界の七不思議』などのミニ大会も行われる。

東大の学園祭でボードゲーム関連の出展があるのは、一昨年の「ボードゲームサミット東京」(TGiWニュース)、昨年の『ドミニオン』大会(TGiWニュース)に続いて3年連続。今回はキッズからフリークまで24タイトルを用意し、気軽に立ち寄って遊べるようになっている。

初めての人でも遊べるように、ルール説明のための資料が用意され、1日目の昨日は、午後はすべての時間帯で満席となり、入場できない場面もあったという。ほかにもいろいろな催し物があるので、訪れてみてはいかが。

東大ボードゲームカフェ

『最後の晩餐~裏切り者は誰だ~』6月20日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『最後の晩餐~裏切り者は誰だ~』6月20日発売 

最後の晩餐(箱絵)株式会社キリスト新聞社は6月20日、聖書を題材とするゲームシリーズ「聖書コレクション」の新作『最後の晩餐~裏切り者は誰だ~』を発売する。デザイン・中村誠、監修・株式会社人狼、グラフィック・TANSAN & Co.、イラスト・ましう、12歳以上、5~15人用、30分、1500円(税別)。ゲームマーケット2014春で先行販売される。

今年3月に発売され大好評だった『バイブルハンター』(TGiWレビュー)に続く第2弾。プレイヤーはイエスや十二弟子の1人となり、夜ごと「最後の晩餐」を繰り返す人狼系のコミュニケーションゲーム。

最後の晩餐にはイエスを逮捕しようと画策する律法学者が紛れ込んでいる。果たして弟子たちはイエスを守り切ることができるのか? それとも弟子たちの中に裏切り者が...!? レオナルド・ダ・ヴィンチの名画でも知られる聖書の重要なシーンをゲームで再現。イエスが弟子たちの裏切りを予告した「最後の晩餐」の緊迫感を体感できる。

プレイヤーの正体を表す人物カードとは別に配られるアイテムカードは、他のプレイヤーの正体を見破ったり、逮捕からプレイヤーを守ることができる。しかも、このアイテムカードは毎ターン配り直されるため、推理の手がかりがだんだん増えていき、人狼ゲームとはひと味違うプレイ感がある。

「バイブルハンター」に引き続き、現役の牧師である三輪地塩氏が神学的見地から監修。さまざまな学説が存在する解釈の難しい場面にもかかわらず、それらを網羅できるよう配慮して作られており、遊びながら聖書に親しめる。

最後の晩餐(人物カード)
最後の晩餐(アイテムカード)

『ビブリオス:中世の写本師』日本語第2版、6月上旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ビブリオス:中世の写本師』日本語第2版、6月上旬発売 

ビブリオス日本語版ホビージャパンは6月上旬、写本を集める競りゲーム『ビブリオス:中世の写本師』日本語版を発売する。2~4人用、10歳以上、30分、2800円(税別)。

2007年にアメリカの個人出版社から発売され、2010年にイエロ社(フランス)がリメイクした作品。日本語版は2012年に発売されたが、品切れとなっていた。第2版では箱に日本語のロゴが入ったほか、カードの仕様も若干変更になっている。

プレイヤーは中世欧州の領主となり、ほかの領主達よりも立派な書庫を充実させることを目指すゲーム。貴重な写本を読みやすく美しい書面とするため、色のついた文字や装飾に必要な顔料をそろえ、ひたすら根気の要る筆写作業をこなす腕の良い写本師を揃え、なるべく少ない投資で原本となる様々な写本や聖書などを買い揃え、書庫を充実させなくてはならない。

顔料や写本師への支払いは競りによって変わっていく。はたしてほかの領主よりも立派な書庫を作り上げることができるだろうか。5つのジャンルを競りで集め、それぞれのトップ賞の得点をとる。大枚をはたいて集めても、トップ賞が安くてはどうしようもない。独特のシステムで駆け引きの楽しい定番ゲームの再登場だ。

ホビージャパン:ビブリオス:中世の写本師

フォーチュン21閉店

| コメント(0) はてなブックマーク - フォーチュン21閉店 

仙台のボードゲームカフェ・フォーチュン21は5月15日、店長のおめでたを理由に約5年間にわたる営業を終了した。

2009年に開店した国内初のボードゲームカフェ。英会話カフェを兼ねていたこともあって、仙台在住の外国人ボードゲーム愛好者が多く訪れ、交流が盛んに行われていた(TGiWレポート)。昨年4月にはジーピー主催「東北6県カタン大会」の会場ともなった。

本業をもちながらカフェを経営していた千田店長だが、この度のおめでたにより、子育てをしながら本業とカフェを続けていくのは難しいと判断。泣く泣く閉店を決意したという。

営業最終日は閉店を惜しむボードゲーム愛好者が盛岡や山形からたくさん集まってボードゲームを楽しんだ。連絡先を交換し合って、今後もゲーム会を開いていくことを確認した。

同店を予定していたチケットトゥライド日本選手権の地区予選は、別会場で行われる見込み。また、お店は営業しないが、千田店長は人狼会などのイベントをときどき開きたいという。

フォーチュン21

『ウィンターテイルズ:冬物語』日本語版、6月中旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ウィンターテイルズ:冬物語』日本語版、6月中旬発売 

ウィンターテイルズホビージャパンは6月中旬、イタリアのストーリーテリングゲーム『ウィンターテイルズ:冬物語(Winter Tales)』日本語版を発売する。3~7人用、14歳以上、90分、5800円(税別)。

アルヴェ・パヴォ社(イタリア)が2012年に発売した作品を、ファンタジーフライト社(アメリカ)がリメイクした。体制側の「冬」と、反逆者側の「春」という陣営に別れ、カードの絵から連想される物語を、自らの想像力により語り膨らませることで、協力して物語を綴っていく。

自分の手番にはアリス、ドロシー、ブリキマン、白雪姫、くるい帽子屋などのキャラクターを使い、選んだクエストをそのキャラクターがどうやって達成するか、ストーリーカードのキーワードを使って話す。ほかの人もキャラクターを加えてその物語に割り込み、ストーリーカードをより多く使った陣営が勝利する。戦闘や罠を仕掛けて相手陣営を妨害することもでき、多様でドラマチックな展開が生まれる。ストーリーテリングゲームとしては『ファブラ(2010)』があるが、ボード上の位置取りなどの要素を加え、より戦略的な作品となっている。

アルヴェ・パヴォ版は輸入版をゲームストア・バネストが取り扱っており、また日本語ルールも公開されている。珍しいタイプのボードゲームなので、興味のある方は日本語ルールを一読しておくとよいだろう。

Fantasy Flight Games:Winter Tales

ウィンターテイルズ

カナイセイジの『Gods' Gambit ~神々の一手~』6月14日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - カナイセイジの『Gods' Gambit ~神々の一手~』6月14日発売 

God's Gambitアークライトは6月14日、日本人デザイナー・カナイセイジ氏の新作カードゲーム『Gods' Gambit ~神々の一手~』を発売する。緒方剛志イラスト、2~6人用、10歳以上、20分、2500円(税別)。

『ラブレター』の各国語版が発売され、世界中のボードゲーム愛好者から高い人気を集めているカナイセイジ氏の新作。先日の超ゲームマーケット(TGiWニュース)でテストプレイが行われた。プレイヤーは堕ちた神々の一柱となり、場札と同じ地域(色)もしくは同じ問題(数字)の従僕・自分の化身などを手札から出すことで、善行を積んでいく。最も早く手札をなくした神が天界に戻ることを許されるが、そのためにはほかの神々の邪魔もしなければならない。争いを勝ち抜くのは誰か?

カナイセイジ氏の得意とする特殊効果が目白押し。ほかのプレイヤーにカードを引かせたり、自分に押し付けられたマイナス効果を打ち消したり、さらにほかのプレイヤーに渡したりする。「喇叭吹き」が4枚公開されるとラウンド終了。サドンデスのスリルも楽しい。

アークライトでは、この作品を新しいブランド「SWITCH GAMES」の第一弾とし、日本人ゲームデザイナーの作品に本格的に取り組む。夏には川崎晋氏の名作コミュニケーションゲーム『クイズいいセン行きまSHOW』(TGiWレビュー)の発売も予定されている。

God's Gambit(コンポーネント)

テンデイズTV、独年間大賞を予想

| コメント(0) はてなブックマーク - テンデイズTV、独年間大賞を予想 

ネット配信のテンデイズTVは9日、ドイツ年間ゲーム大賞予想回を放映した。昨年のノミネート作品をほとんど当てたタナカマ氏とシミーズ氏が、さまざまな観点から今年の予想作を述べている。

番組のはじめに今年話題の『ラブレター』の新しさと年間大賞の可能性について触れた後、絶版になった名作と同類の新作が選ばれるという「リプレイス理論」を提唱。また今年注目されている作品や寄せられた予想を、大賞選考の観点からどうか考察している。

ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート作品としてタナカマ氏が予想したのは『サンスーシ』『CV』『キャメルアップ』、シミーズ氏は『アブルクセン』『おばけキャッチ名人技』『サンスーシ』を予想した。本命はタナカマ氏が『サンスーシ』、シミーズ氏は『アブルクセン』。

また、同時に発表されるドイツ年間エキスパート大賞のノミネート予想も行われた。タナカマ氏は『タシュカラール』と『グラスロード』、シミーズ氏は『ロシアンレールロード』『スカルキング』『イスタンブール』。

ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート発表は5月19日(月)、大賞・エキスパート大賞は7月14日(月)に発表される。

Ustream:テンデイズTV「ドイツ年間大賞予想!TV」



Video streaming by Ustream

ルドヴェルスム、2014年度のおすすめ25タイトルを発表

| コメント(0) はてなブックマーク - ルドヴェルスム、2014年度のおすすめ25タイトルを発表 

ドイツのボードゲームサイト「ルドヴェルスム(Ludoversum)」は初めて、今年度のおすすめ25タイトル(25 Spieletipps für 2014)を発表した。ファミリー向けとフリーク向けの2本立てでキッズ向けは含まれていない。幅広いテーマ、システムから選んだという。

対象は昨年の秋から今年春まで。ドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞などの年度に一致している。日本でも評価の高い作品が数多く含まれており、まもなく発表となるドイツ年間ゲーム大賞でも何タイトルかノミネートされそうだ。

日本発の作品として評価が高い『ラブレター』と『トレインズ』も入っている。リストは以下の通り。国内で取り扱われている(予定も含む)作品は原題を省略した。

Ludoversum:25 Spieletipps für 2014

【ファミリー向け】
アブルクセン、むかつく袋(Blöder Sack)、キャメルアップ、コパ(Copa)、エベス、指はなせ(Finger weg!)、 インドアカーリング(Indoor Curling)、カシュガル、コリョ、レミング、ラブレター、ポートロイヤル、サンスーシ、スカルキング(Skull King)、宝石の煌き

【フリーク向け】
カヴェルナ、コンコルディア、グラスロード、フランシス・ドレイク、イスタンブール、ルイス・クラーク探検隊、ネーションズ、ロココの仕立屋、ロシアンレールロード、トレインズ

ポートロイヤル(Port Royal)

| コメント(0) はてなブックマーク - ポートロイヤル(Port Royal) 

過ぎたるは及ばざるが如し

ポートロイヤル

ジャマイカの港町で、船から収入を得て人物を雇い、名声を高めていくカードゲーム。『ザヴァンドールの鉱山』のプフィシュターがデザインし、『アグリコラ』のイラストレーター・K.フランツがイラストを担当した。2013年にオーストリアで行われたボードゲームデザイナーコンテストの優勝作品。クイーンゲームズのトリックテイキングゲーム『ポートロイヤル(2000年)』とは別作品である。

基本はバーストゲームで、同じ色の船が出ない限り、好きなだけ山札からカードをめくっていく。好きなタイミングでめくるのをやめて、めくった船の数に応じてカードを取る。残りのカードは、ほかのプレイヤーが手番プレイヤーにお金を払って取れる。

カードには船と人物と探検と増税があり、船カードを取ったら収入が入り、その収入で人物カードを雇って、人物カードを集めて探検を達成するという流れ。たまに出る増税では、12金以上もっていると半減させられる。人物カードと探検カードが得点になり、誰かが12点以上取ったラウンドで得点の多い人が勝つ。

収入はマーカーを用いず、山札のカードを裏のまま取って自分の前に並べることによって表す。このため、狙っているカードがお金として場に出てしまうことがあって読めない展開となるのが面白い。

人物カードは得点になるだけでなく、それぞれいろいろな特殊能力を持っている。今回役に立ったのは「総督(取れるカード枚数が+1)」と「船員(戦闘力が上がる)」。戦闘力が高いと、同じ色の船が出てバーストしそうになったとき、その船を撃退してバーストを回避できる。増税のときに戦闘力の一番高い人にボーナスが入るのも嬉しい。

5人プレイで30分ほど。バーストを恐れて早めに取る展開が続き、みんながほとんど1枚しか取らない。そこに中盤「総督」を取ったBumiさんが1手番に2枚取れる強さを発揮。船カード2枚で大金を手に入れたり、船カードで入った収入で即人物カードを雇ったり、人物カードを揃えてすぐ探検命令を達成したり。これで一気に勝負を決めた。私は序盤リードしていたのに痛恨のバーストで後手に回り、ぽちょむきんすたーさんは序盤に大枚をはたいて雇った「ひょうきん者(場に1枚もないと1金もらえる)」がほとんど回収できず。

収入の高い船がなかなか出てこないとき、もう1枚めくるかどうかは悩ましい。残りのカードをほかのプレイヤーに取ってもらうとお金が入るので、1枚でも多くめくって魅力的なラインナップにしたいところだが、欲張りすぎると大きな罠が待っている。

Port Royal
A.プフィシュター/ペガサスシュピーレ(2014年)
2~4人用/8歳以上/20~40分

『冷たい料理の熱き戦い』、今秋再版

| コメント(0) はてなブックマーク - 『冷たい料理の熱き戦い』、今秋再版 

フランニョス社(ドイツ)は今秋、A.ランドルフの名作双六ゲーム『冷たい料理の熱き戦い(Die heisse Schlacht am kalten Buffet)』を再版することを発表した。テーマは変更になり、イラストは『アグリコラ』などを手がけたK.フランツが担当する。

食卓をまわってご馳走を集めるゲーム。今年、没後10周年を迎える巨匠A.ランドルフ(1922-2004)の作品で、オリジナルは1974年に遡り、『カンガルー(Känguruh)』というタイトルで発売された。1990年に料理の奪い合いをテーマにしてリメイクされ、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされている。

サイコロを振ってその数だけ食卓をまわり、ゴールに着いたら食卓の上のご馳走をもらえる。サイコロは3つまで振ることができるが、合計が7を超えるとバーストして1歩も進めない。またゆっくり進んでいるとほかのプレイヤーに上に乗られて踏み台にされてしまうという、ダイスレースの楽しさが凝縮された作品として定評がある。

もとは2~6人用だが、リメイクにあたって8人まで遊べるようにする予定だという。

franjos Neuigkeiten
Tric Trac:Rückkehr: Die heiße Schlacht am kalten Buffet

ホビージャパン、5月の輸入リストを発表

| コメント(0) はてなブックマーク - ホビージャパン、5月の輸入リストを発表 

ホビージャパンは今月発売予定の輸入ゲームリスト1タイトルを発表した。外国語版に日本語ルールが添付される。

女海賊鄭夫人女海賊 鄭夫人(Madame CHING)
B.カタラ、L.モーブロン作/ハリケン(スイス)
2~4人用/8歳以上/約30~45分/6,000円(税別)
女海賊の鄭夫人(ていふじん)は、清の時代19世紀頭の香港近海を荒らしまわった世界で最も有名な女海賊。この女海賊をテーマにした手札マネージメントゲームだ。海賊船を率いて南シナ海を荒らしまわろう。
プレイヤーは各自4枚の手札をもってゲームを始める。カードには1から50のいずれかの数字が記されており、カード上辺には色があるほか、いろいろなアイコンもついている。手札からそれぞれカードを1枚伏せて出して同時に公開し、ゲームボード上の船を右に動かし、その後で場札からカードを補充していく。
出したカードは小さい順に並べられ、航海ルートを作る。つなげたカードの色が同じだったら船はそのまま右に移動しますが、違う色だと、右下にななめ移動してしまう。こうして航海が続けられなくなったら清算。その場所にある船タイルに応じて、宝石などの得点が入る。
地図には場所に応じて点数が記されており、下かつ右に行けばいくほど点数は高くなりますが、違う色のカードのつながりを作るのは難しい。右下の最遠のマス・香港に最初に到達して略奪したプレイヤーにはボーナスが与えられる。
フランスの人気ゲームデザイナー、カタラとモーブロンの黄金コンビ(『ミスタージャック』『クレオパトラと建築士』『ダイスタウン』)による新作ボードゲームの登場だ。

女海賊鄭夫人

戒名じろう

| コメント(0) はてなブックマーク - 戒名じろう 

サイ企画のオリジナルもんじろうで製作してもらったサイコロである。雲、月、清、照、心など、戒名でよく用いられる漢字を144文字ピックアップ。24個のサイコロにしたためた。このような解説文を付けている。

戒名は死後、お坊さんにつけてもらうものだと思っている方が多いようですが、本来は生前に頂くものです。過去の自分から生まれ変わって、清らかな毎日を送ることをお釈迦様に誓います。『戒名じろう』は、戒名を頂く師僧に巡り会えない方のために製作されました。自分がかくありたいと思う文字を選んで、その戒名にふさわしい人生を送るよう心がけて下さい。

先日、ぼどばらを聴いていたところ、「戒名は長いほどお布施が高くなる」という話が出てきた。院号は、お寺に貢献した方に感謝のしるしとして差し上げるものだから、貢献するように要求するのも、感謝のしるしを目当てに貢献しようとするのもおかしいことである。そして院号のない4文字は仏教徒である証、ブッディストネームであって、死後の免罪符でもないし、見栄っ張りのアイテムでもない。要するに戒名は売り物ではない。そういった戒名に対する誤解があって、誰にでも開かれているはずの仏門が閉ざされているのは誠に悲しむべきことである。

そこでこの『戒名じろう』。自分で自分や家族の戒名を作ってみることのできるツールである。サイコロを振ってもいいし、自分で回してみてもいい。気に入った4文字に「居士」や「大姉」などをつけて、6文字の戒名を作り、紙に書き留めておく。そしてその戒名にふさわしい毎日を生きるように心がける。このようにお坊さんにつかないで自ら戒名を決めることを「自誓受戒」という。

冗談で言われるので補足しておくと、プロの使用は想定していない。実際には文字の組み合わせや順序にいろいろな決まりがあるので、このサイコロで生成される戒名は実用に耐えるものではない。だからといって、冗談アイテムでもない。動機は至って真面目である。よりよく生きるための励みとしてほしい。

実費(1部1750円+送料)で頒布します。ご興味のある方は下記フッターのメールアドレスまで。

戒名じろう

BC(BC)

| コメント(0) はてなブックマーク - BC(BC) 

投資するならBCに

BC

仮想通貨BCのゲームと思いきや、BCとはボードゲームクリエイター(Boardgame Creator)の略だそうである。市井からBCを発掘し、高値で売り抜けて儲ける投資ゲーム。ブームが終わって無価値になる前に、売り抜けることはできるか。そして預金が引き落とせなくなる前に、現金化して勝者となるのは誰か? 時事ネタを巧みにゲーム化する芸無工房が、ゲームマーケット2014大阪で発表した作品。

ゲームは毎ラウンド、プロット式で進める。指値売り(金額を指定して相場以下なら売れる)、成り行き売り(相場で売る)、指値買い(金額を指定して相場以上なら買える)、成り行き買い(相場で買う)、発掘(1BCを無料で入手)、預金の入金・出金の6アクションから1つを選び、金額などとともに自分のシートに記入。全員が決まったら順番にアクションを行う。

相場が安いうちに買って、高くなったら売るのが基本。相場はサイコロで決めるが、チップがたくさん買われるほど振るサイコロの数が増えていく(チャートボードでチップが置かれていないマスのサイコロの数)。高いチップが買われると、サイコロの数はべらぼうに増えていき、買うときはサイコロ2個か3個(期待値で7~10)だった相場が、終盤にはサイコロ50個(期待値で175)にまで上がる。所有しているBCの激しい値上がりに、ウヒョーとなること必至。

しかし、サイコロを振ったときにプレイヤー人数より多く「1」の目が出ると即、ゲーム終了になってしまう。それまでBCの売り買いをしていた取引所は閉鎖。その前に出金のアクションを選んで、引き落としておいた現金だけの金額で勝敗を競う。ちなみにサイコロ50個を振って「1」の目が7つ以上出る確率は60%。期待値と、取引所閉鎖率の表がゲームに付属しているので分かりやすい。

6人プレイで1時間ほど。序盤不調だったcarlさんが中盤で大儲けし、序盤から好調だったぽちょむきんすたーさんと並ぶ。そのまま終了するかと思われたダイス50個で1が出ず、このときBCを売ったBumiさんが8億ゴックス(※このゲームの通貨単位)を稼いでトップに躍り出る。しかしここでみんながチップを売り払ったため相場が急降下し、もう1回買って売れるかというチャンスが訪れた。みんなが尻込みする中、鴉さんが果敢に400BCを購入。みんなが尻込みしたおかげでこれを難なく売ることができ、8億6千万ゴックスを稼いで1位を奪取した。最後はBumiさんが1200BCを買ってゲームを終わらせにかかったが、鴉さんの引き出しが1手早くそのまま勝利。ボードゲームクリエイター1200人って!

相場の急激な値上がりと、ゲーム終了のトリガーが連動していて実にスリリング。序盤に出遅れても、イチかバチかで買えた分で一気に儲けられるので追いつける。取引所が閉鎖になりそうなところでさらに買うか、それとも引き出して終了に備えるかという選択も悩ましく、最後まで熱中した。

BC
北条投了/芸無工房(2014年)
3~7人用/30~90分
ボードゲームフリーク:BC

ブラックストーリーズ:50の"黒い"物語(Black Stories: 50 rabenschwarze Rätsel)

| コメント(0) はてなブックマーク - ブラックストーリーズ:50の 

なかなか手強い物語

ブラックストーリーズ

犯罪、死体、殺人、自殺の事件の真相を、質問を通して推理していくドイツのカードゲーム。1枚1枚、表に事件、裏にその真相が書いてある。ひとりが「リドルマスター」となり、表に書いてある謎の事件を紹介。ほかのプレイヤーは、「はい」か「いいえ」で答えられる質問を繰り返し、思いついたら真相の予想を述べ、当たったら勝利する。

今回の第一問は「新しい日の夜明け」。ある美しい朝、女は目を覚ました。窓の外をひと目見て、彼女は自殺したという。リドルマスターは私が担当した。

「外の風景は自殺と関係ありますか」「はい」「自宅ですか」「分かりません」・・・なかなか絞り込めない様子である。そこでヒントを出した。「宗教関係です」そこからひらめきが進み、bashiさんが正解。正解が気になる方は、製品をお買い求め下さい(笑)。

続いてbashiさんがリドルマスターとなって第二問「名物料理のレストラン」。少女は名物料理のレストランでイグアナのステーキを注文した。一口食べた途端に店から飛び出し、大型トラックの前へ身を投げ出した。bashiさんによると一部で有名な「ウミガメのスープ」と同じ話だというが、回答者は知らなかった。「宗教関係ですか」「いいえ」「人肉食と関係がありますか」「はい、いい質問です!」そこからBumiさんがうまくまとめて正解した。正解が気になる方は(略)。

事件を読んだときの、全く見当もつかない感じはものすごい。しかしこのゲームが『ブラックストーリーズ』というタイトルであるところがちょっとヒントで、ホラーや宗教の線で絞り込んでいくといいようだ。ある程度状況が飲み込めたところで、正解にたどり着くのがまた難儀。その最後のひとひねりが見事ひらめいたときは嬉しい。

どんな質問をしたらよいか見当もつかず、お地蔵さんになってしまう人もいた。でも考えても始まらないので、どんどん質問をして、ほかの人の質問に便乗していく。数撃ちゃ当たるで、手応えがあったらそこを深めていく。そんなブレインストーミングのような会話がこのゲームの楽しみ方ではないかと思う。

Black Stories: 50 rabenschwarze Rätsel
H.ベーシュ/モーゼス出版(2004年)・コザイク(日本語版、2014年)
2~15人用/12歳以上/20分

スシゴー!(Sushi Go!)

| コメント(0) はてなブックマーク - スシゴー!(Sushi Go!) 

スシ食いねェ!

スシゴー!

回転寿司で美味しいお寿司を食べるオーストラリアのカードゲーム。『ダンジョンレイダース』『考古学カードゲーム』のアドベンチャーランドゲームズから発売され、今年ゲームライト社(アメリカ)からも発売されることになっている。

配られた手札から好きな1枚を選び、残りを全て左どなりの人に渡す。同時に右どなりの人から渡されたカードから1枚を選び、また残りを左どなりの人へ・・・これを繰り返してカードを集める、いわゆるカードドラフトというシステムである。1つのカードセットが、1枚1枚取られながら何周かすることになる。これが回転寿司のようで楽しい。誰も取らないまま、また回ってくるようなお寿司はたいてい美味しくないところまで再現されている。

回ってくるのは握り寿司、巻き寿司、天ぷら、刺し身、餃子、そしてプリン。握り寿司は単独で点数になるが、イカが一番得点が高い。さらにワサビを加えると得点が2倍になる。巻き寿司はたくさん集めた人だけ得点。天ぷらは2枚、刺し身は3枚集めて初めて得点になる。餃子はたくさん集めるほど得点が増える。プリンはラウンド累積で、一番多く集めた人にボーナス、一番少なかった人にペナルティ。このように、ものによって得点パターンがいろいろあるのがバラエティに富んでいる。

面白いのは、全員の手札が1周回ってくるまで、今回出回っているカードの傾向がつかめないこと。例えば、刺し身は3枚集めないと得点にならないが、場に3枚あるのかどうか、はじめは分からない。その中で、初手から刺し身を取っていくのは勇気のいることである。しかし、全体を見てからでは手遅れになるので、一か八かで取らなければいけない場面がある。ほかの人が選んだカードも判断材料となる。

その悩ましさを解決してくれるのが箸カード。これがあると1回取るのを休んで次に1つのカードセットから2枚一気に取れる。これをつかってセットを一気に作れると美味しい。ただし早めに使っておかないと、残り物ばかりになってしまう。

長女と長男と3人でプレイ。長女はプリンを貯めこむという長期的な作戦(単に食べたいだけかも)、長男はワサビと握り寿司のコンボで得点を増やす作戦である。私は2人とも見向きもしなかった巻き寿司を集めてボーナスゲットし、プリンのペナルティを長男と分けあって無事逃げ切った。

美味しそうな寿司を手当たり次第に取っていくというのもいいが、ほかの人が選んだカードと、回ってくるカードを見比べて方針を考え始めると、もっと深く楽しめる。「お寿司のカワイイ顔が和む」というのは、長女の評。

Sushi Go!
P.ウォーカー・ハーディング/アドベンチャーランドゲームズ(2013年)
2~5人用/8歳以上/15分
ショップ検索:スシゴー!

京都(Kyoto)

| コメント(0) はてなブックマーク - 京都(Kyoto) 

京都でジレンマ

京都

自分の得意分野を伸ばして美しい庭園を作るタイル配置ゲーム。東京・水道橋のボードゲーム専門店メビウスゲームズが、20周年を記念してボードゲームデザイナーのR.クニツィア博士を日本に招き、そこで提案された試作品を製品化した。

タイルには池・コケ・紅葉・砂利という4つの地形がさまざまなパターンで描かれている。『カルカソンヌ』のように手札として1枚をもち、場のタイルに隣接して配置する。そして同じ模様でつながっているタイル枚数が得点になる。模様が複数のタイルにわたってずっと続いていれば、その分だけ得点。

各自、4つの地形から1つが得意分野となっており、得点が2倍になる。得意分野の地形が途切れないように広げていき、2点、4点、6点、8点と手番ごとに得点を増やしていくが基本。一方、ほかのプレイヤーが伸ばしているところはタイルを置いて地形を切り、それ以上得点できないようにする。

『インジーニアス(頭脳絶好調)』のように、ほかの人が伸ばしているところに便乗して伸ばしてもいいが、相手は得点が2倍なので差は開くばかり。そのため、あまり伸びないうちに途切れさせる作戦が有効なようだ。

とはいえ、ゲームが進むにつれて庭園は広がり、自分も相手も得するようなWin-Winのパターンも現れる。相手を潰すだけなら、自分を伸ばすほうが得なことも多い。あちら立てればこちら立たずで、自分が持っているタイルで一番得する場所が決めにくいというジレンマ。

長女と長男と3人でプレイ。目先の利益で長女が伸ばしていた池に便乗したら、高得点を与えてしまったので妨害路線に変更。それだと自分の得点が伸びない。その間に長男がいくつかの島を作り、いろいろなパターンで伸ばせる布石を打ってきた。しかしその布石が生かされる前にゲーム終了となり、あちこちで池を伸ばしまくった長女が100点を超える得点で勝利。タイルの置き方についてゲーム中にいろいろな発見があった。

京都
R.クニツィア/メビウスゲームズ(2013年)
2~4人用/8歳以上/20~30分

『バントゥ』日本語版、5月8日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『バントゥ』日本語版、5月8日発売 

バントゥ日本語版タチキタプリントは5月8日、60年前のアメリカの双六系ボードゲーム『バントゥ(Bantu)』日本語版を発売する。2~4人用、8歳以上、30分、価格未定(2000円台前半の見込み)。

アメリカの老舗玩具メーカー・パーカーブラザーズ社から1955年に発売されたボードゲーム。自分の駒3つすべてを、いち早くゴールに到着させることを目指す。大きな数字が記された駒は早く進めるが、遠くからスタートとなる。他の人の駒を自分の駒で踏むと「ヒット」となり、踏まれた駒はスタートへ。盤上にいくつかある「ライン」に駒が集まると、そこにある駒のスピードが一時的に増す仕組みがが逆転を生み出す。

アフリカの民族名が与えられたこのゲームは、シンプルでありながら心理戦や戦術性が楽しめる隠れた名作。これまで、アメリカやドイツで発売されたが、デザイナー不明等様々な不遇な理由により、ここ数十年は日の目を見ていなかった。この度、いくつかの調査を経て日本国内であれば発売可能であることが判明し、販売に至ったという。

印刷屋さんのメリットを活かして安価で面白いボードゲームをリリースしているタチキタゲームシリーズ。『レンフィールド』『ジュリエットと怪物』に続き、これで3タイトル目となる。

バントゥ日本語版(コンポーネント)

ドイツゲーム賞2014、投票始まる

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツゲーム賞2014、投票始まる 

ボードゲーム愛好者の投票で今年の一番人気を決めるドイツゲーム賞(Deutscher Spielepreis)の投票が、インターネット上で始まった。誰でも投票できる。7月31日まで。

対象となるのはエッセン国際ゲーム祭2013からニュルンベルク玩具見本市2014までの時期に発表された新作。下記のページを開き、面白いと思う順に5タイトルまで(全て埋めなくてもよい)、タイトル(原題)とメーカー名、さらにキッズゲームも1タイトルを記入する。

下の段には個人情報を全て記入しなければならない。Vorname(名前)、Nachname(名字)、Straße(町名と番地)、PLZ(市町村名)、Ort(都道府県名)、Land(国名=Japan)、Telefon(電話番号=+81の後に0を除く市外局番から)、E-Mail-Adresse(メールアドレス)、E-Mail wiederholen(同じメールアドレスを再入力) 。入力が終わったら「absenden」のボタンで送信する。

受け付けられると、入力されたメールアドレスに確認のメールが届くので、そこに指定されたURLをクリックして投票完了となる。クリックしないと無効になるので注意。

日本ではまだ一般発売されていない新作もあるので、締め切りまでたっぷり遊んでから投票してみよう。発表は9月にネット上にて、授賞式は10月のエッセン国際ゲーム祭にて行われる。

近年の受賞は『テラミスティカ』(2013)、『村の人生』(2012)、『世界の七不思議』(2011)、『フレスコ』(2010)、『ドミニオン』(2009)。ゲームをたくさん遊んでいるコアな愛好者が投票するだけに、遊びごたえのあるゲーマーズゲームが選ばれる傾向にある。

Deutscher Spiele Preis:Abstimmung

『プラエトル』日本語版、6月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『プラエトル』日本語版、6月発売 

プラエトル日本語版テンデイズゲームズは6月、ローマ帝国を舞台にしたルーマニアの都市建設ゲーム『プラエトル(Praetor)』日本語版を発売する。2~5人用、12歳以上、75分。価格未定。

西暦122年のローマ帝国を舞台に、皇帝ハドリアヌスの命を受けた技術者となって都市の建設を行うボードゲーム。いわゆる「ワーカー」となる労働者駒を用いて、タイル配置による都市建設や、タイル発動によるリソースの獲得、特殊なアクションの実行などを行う。労働者は、ゲームが進むことで熟練(成長)していき、各アクションの効率がよくなっていくが、熟練した労働者は引退してしまう(労働者駒はサイコロで表されており、その目が熟練度を表す)。

都市の発展と労働者の成長、加えて労働者の士気も踏まえ、効果的に労働者駒を運用して、最も得点を獲得したプレイヤーが、この地方を統べる「法務官(プラエトル)」に選ばれる。

出版社はルーマニアの新興メーカー・NSKNゲームズ。2011年に発表した『戦士と商人(Warriors & Traders)』がスマッシュヒットとなり、注目が高まっている。昨年のエッセンでプロモーションしていたところに、テンデイズゲームズが参画。世界各国のメーカーから多くの打診があったため、多くの製造が見込まれることになり、日本語版が実現した。テンデイズゲームズの田中店長によると、NSKNゲームズ自身も、日本語版発売を当初より強く望んでいたという。

ゲームマーケット2014春で先行販売され、その後一般発売になる予定。ゲームマーケット会場では、特典としてプロモ拡張パックが用意される。

プラエトル日本語版(コンポーネント)

240人のゲーム会、5月3日東京蒲田

| コメント(0) はてなブックマーク - 240人のゲーム会、5月3日東京蒲田 

ゲームサークル「ミスボド」は、5月3日(土祝)13時から、大田区民センター(JR蒲田徒歩10分)にて第25回の例会を行う。参加定員240名が7つの部屋に分かれて遊ぶという大規模な集まりで、すでに定員に近い申し込み状況となっている。

ミスボドは2012年から月1回のペースで開かれているボードゲームサークルで、1年前から参加者が100名を超えていたが、今回はゴールデンウィークに合わせてさらに会場を広くした。

今回は『ニムト』の大会が行われ、上位入賞者にはボードゲームなどがプレゼントされる。また終了後、恒例の二次会も開催されるので、愛好者同士で交流したい方にもよい機会だ。

7つの部屋は、初心者、大会、軽めで賑やかなゲーム、重めで静かなゲームに配分。当日立卓予定のタイトルとその時間は、ホームページで確認できる。参加表明はツイッター、メール、ミクシィにて。現在のところ、定員240名に対して226名が申し込んでいる。

ミスボド:第25回「ミスボド」のお知らせ

アンケート:趣味の割合

| コメント(0) はてなブックマーク - アンケート:趣味の割合 

Q.83:ボードゲームとその他の趣味の割合は?(2014年4月)

A.ボードゲーム100%! 32票(11%)
B.50~99% 125票(44%)
C.0~49% 125票(44%)

管理人は去年から、バレーボールを始めました。ボードゲームの運動不足感は否めず(『スカッド7』を毎回プレイするわけでもなく)、健康と体力づくりのために始めたものですが、なかなか楽しくて続いています。練習時間とボードゲーム会が重なることもなく、両立しています。

ボードゲーム愛好者は、ほかの趣味も充実しているようです。アンケートでは、ボードゲームに全てをつぎ込んでいる方は1割にとどまり、残りは半分以上と半分未満でちょうど分け合いました。高いアンテナを張っていて、いろいろな面白いことを見つけてくるのが得意なのでしょう。仲間と会うのが好きな方は、ボードゲームに限らず、運動や旅行など、いろいろなことができますね。

おなじみのボードゲーム仲間を誘って、たまにはボードゲーム以外のことをやってみるのも楽しいかもしれません。キャンプに行って、バーベキューでもして、夜はテントで・・・結局ボードゲームですか?

5月のアンケートは『ラブレター』についてです。世界中で人気を呼び、日本でも今月末に豪華版が発売される日本のカードゲームを、プレイしたことはあるか、所有しているかお尋ねします。所有しているけれども未プレイという積みゲー屋さんの回答は、「未プレイ」となりますのでよろしくお願いします。

2014年3〜4月のアクセス解析

| コメント(0) はてなブックマーク - 2014年3〜4月のアクセス解析 

アクセスの多かった記事ランキング(セッション数)
1.ゲームマーケット2014大阪レポート 3246
2.ゲームマーケット2014大阪:出展品リスト 2038
3.元すごろくや店員、ゲームマスター開業 1884
4.佐村ァ後ろ後ろ!!(Watch out, Samura!!) 1522
5.おっぱいつかみ(Titty Grab) 1367
6.『街コロ』8ヶ国で発売予定 1299
7.ゲームマーケット2014大阪:新作評価アンケート結果 1237
8.『ブラックストーリーズ:50の"黒い"物語』日本語版発売 1051
9.『王と枢機卿』日本語版、3月11日発売 1010
10.『カイジ×人狼』プレミアムバンダイで予約開始 956

ゲームマーケット2014大阪の記事が1,2位を独占しました。来場者が2000人を超え、新作や東京では販売されない作品も数多く発表されるなど、独自のイベントとなってきています。3位は開業からちょうど1ヶ月、元すごろくや店員のあだちちひろさんによるゲームマスターの記事。数々のイベントを立ち上げ、ツイッターでたくさん言及されました。今後のご活躍も楽しみですね。

訪問数は142,892(昨年同時期比+14%)、ユニークユーザー数が38,441(同+20%)、ページビュー数は219,426(同+16%)となっています。1日平均のページビューは3,597でした。いつもご訪問頂きましてありがとうございます。

カレンダー