2014年6月アーカイブ

イスタンブール:ケバブショップ(Die Dönerbude)

| コメント(0) はてなブックマーク - イスタンブール:ケバブショップ(Die Dönerbude) 

(シュピールボックス2014・3号付録)
ケバブショップに一人でいくのは退屈です。それなら親戚と一緒に行きましょう。そうすればお返しにきっと親切にしてもらえますよ。

説明:ケバブショップは噴水と同じ機能がありますが、選択で別のアクションもできます。
準備:噴水(Brunnen)を抜き出してケバブショップと入れ替えます。配置の仕方は噴水と同じで、16枚のタイルのいずれかになります。
アクション:商人がケバブショップに入ったら、以下の2つのアクションのうちどちらかを選んで行います。
1.自分の助手を商人の山に戻す(噴水と同じ)
2.2リラを支払って、自分の親族コマで好きな場所のアクションを行う。この場合は、他の場所と同じように、自分の助手を山から出すか、山に入れるかしなければなりません。ほかの商人がいれば2リラを支払わなければなりません。順番としては、まず2リラを支払い、親族コマを好きな場所に移動し、そのアクションを行います。親族コマには移動や支払いの制限がありません。注意:親族コマはこのアクションの前に警察署にいてはいけません。その後、このマスに総督コマや密輸商人コマがあれば、その処理を行います。

イスタンブール(Istanbul)

| コメント(0) はてなブックマーク - イスタンブール(Istanbul) 

シビアで楽しい街歩き

イスタンブール

イスタンブールのバザールを効率よく巡って、商品を仕入れて売り、ルビーを集めるボードゲーム。2014年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされている。この賞はヘビーゲーマーの入口にいる愛好者を想定して選ばれており、十分な遊びごたえがあってかつ難しすぎないという、絶妙なところを付いてくる。昨年は『アンドールの伝説』、一昨年は『村の人生』が選ばれているが、今年はいかに?(7月14日発表)

ボードはお店タイルを並べて作り、並べ方によって展開が変わるようになっている。商品の仕入先と販売先が近ければ、そこを行き来するのが中心になるし、遠ければ売らずに配達したり、タイルに換えたりといった別の手が有利になるだろう。また近すぎるとみんな競合してしまうので、ほかの手を取らざるをえない。タイルの並びを見て、ゲームの戦略を組み立てるのが面白い。

さて、自分の番になったら、自分の商人を2マスまで移動して、移動先のアクションを行う。ただし商人は助手を引き連れており、アクションを行うたびに1人ずつそのマスに置いていかなければならない。助手がいなくなったら、助手のいるマスまで戻って回収するか、噴水(集合場所)で1回休んで全員招集しないと、新しいアクションができなくなる。同じ作者の『ルイ14世』や『ゴア』などで用いられた「ドーンウォーク」の発展形である。

この助手の制約がうまく出来ている。助手を回収しながら同じお店をいくつか巡回していくのが一番効率がよいが、それだけではどうしても足りないものが出てくる。例えば商品は衣服、スパイス、果物、装飾品の4種類があり、それぞれ別のところで仕入れる。それをセットで販売したり、配達したりするところがあり、助手の数が追いつかない。やりたいことはたくさんあるのに、できることは少ないという悩ましさは、よいゲーマーズゲームの特徴だ。

タイルは16枚もあるので、仕入れて売るだけではない。荷車の積載量を上げたり、助手を増やしたり、一度限りの特殊能力を得たりと、アドバンテージをもらえるマスなども重要だが、特に面白いのは警察署とティーハウスだ。

警察署は、そこにいる親族コマを好きなマスに飛ばして、そのマスのアクションができる。飛ばされた親族コマは、ほかのプレイヤーが捕まえたら(ごほうびをもらえる)また警察署に戻ってくる。これがアクションの選択肢を増やす。通常のアクションでは、ほかの人のコマが先にいるとショバ代を支払わなければならないが、親族は無料でできるので重宝する。

ティーハウスは、数字を宣言してダイスを2個振り、宣言以上の目が出れば宣言しただけお金をもらえる(失敗したら2リラのみ)という、一か八かのギャンブルコーナー。ここにハマって帰れなくなった人は数知れず。ゲームが非常に盛り上がる。

そんな風にして助手を引き連れて街を歩き回るわけだが、目標はルビーを集めることだ。ルビーは、それぞれの場所で大金を支払ったり、決められた商品を配達したりすることで手に入るが、後になるほど入手条件が厳しくなっていく。一手でも早くルビーを目指したい。規定数のルビーを先に集めた人の勝ち。

4人プレイで75分程度。私は商品を仕入れて販売し、その利益でルビーを手に入れる作戦だったが、配達してルビーを手に入れるほうより一手間多い分、出遅れた。しかしルビー2個分の利益を上げるなど何とか食いつく。結局、お金に余裕があったため幅広い方法でルビーを集めることができ、ルビー5個を達成。同じラウンドに達成したdjさんと持ち金の差で2位。ティーハウスのギャンブルにはあまりいかなかったのが勝因だったかもしれない。

終盤の詰めは考えることが多くてたいへんだったが、全体的なゲームの流れはテンポよく、ルールも少なめ(『コンコルディア』ぐらい)で気持よくプレイできた。ティーハウスのギャンブルや、思いがけないコスト増加など、番狂わせの仕掛けがほどほどに用意されているのも好みである。

Istanbul
R.ドーン/ペガサスシュピーレ(2014年)
2~5人用/10歳以上/40~60分
ショップ検索:イスタンブール

ならず者の脱獄(Gauner)

| コメント(0) はてなブックマーク - ならず者の脱獄(Gauner) 

大人気の脱獄囚

ならず者の脱獄

刑務所から脱獄するならず者を助けるカードゲーム。オリジナルはペットを集めるゲームで、スワンパナシア(台湾)から発売されたが、翌年にテーマを変えてニュルンベルガー・シュピールカルテン(ドイツ)からリメイクされた。この会社は、『クウィックス』など小箱の作品を多く発表していて注目される。

3列に並んだならず者の場札。カードはこの両端から取っていく。同じメンバーが連続で並んでいたら取ることができるのでお得。でも、大事なのは、どのメンバーを集めるかということだ。

カードを取ったら、その内側にあるカードが刑務所送りになる。このメンバーがラウンド終了時に脱獄して得点になるので、それを獲得できるように準備しておこう。

脱獄したメンバーを獲得できるのは、手札から同じメンバーのカードを最も多く出していた人だ。毎手番、手札から1種類を出すことができる。ほかの人が同じのを出していたら、それを上回る枚数出さなければならない。後から追加することはできないので、ある程度貯まったところで出したいところだが、ずっと貯めているとラウンドが終わってしまう。タイミングが悩ましい。

刑務所に一定数のメンバーが集まって満杯になったら脱獄してラウンド終了となる。脱獄したメンバーをそれぞれ最も多く出していた人が取り、その枚数と種類を掛けたものが得点になる。同じメンバーに偏らせるよりも、多種類集めたほうが得点が高いが、ほかの人も狙っているので、そううまくいくものではない。3ラウンドの得点合計で勝敗を競う。

3人プレイで30分ほど。集めているカードと、刑務所に入っていくカードがなかなか一致できなくて苦労した。場札の取り方は6通りだけだが、それぞれどのカードを取ればどのカードが刑務所に入るのか、そうすると誰が有利なのか考えるとなかなか悩ましい。

大事なのは無駄な競合を避けることである。tomokさんと私が金髪のおねえさんの取り合いをしている間に(2人とも譲れなかった様子)、bashiさんが大量得点をして1位。

貯め込もうとしているときに先に出されてお手上げになったり、かと思えば先手を打って先に出したつもりがあっさりまくられたり、カードを出すタイミングを巡る駆け引きがあって面白い。


Gauner
F.ラッキー/ニュルンベルガー・シュピールカルテン(2013年)
2~5人用/10歳以上/30分
ゲームストア・バネスト:ならず者の脱獄

タウン誌にボードゲーム連載記事、いわき

| コメント(0) はてなブックマーク - タウン誌にボードゲーム連載記事、いわき 

福島県いわき市近辺のタウン情報誌『タウンマガジンいわき』に、3月号から連載記事「ボードゲームの世界」が掲載されている。毎月25日発売、300円。

エリアのローカルなスポットやイベントを紹介するタウン誌にボードゲームが紹介されるのは珍しい。「スタッフ超個人的トピックス」として、Masa氏が毎回1タイトルずつ、ボードゲームを紹介する。

数年前から密かなブームとなっている「ボードゲーム」。そのラインアップは幅広く、2人で駆け引きしながら遊ぶモノや、大人数でワイワイと楽しめるようなモノ、また時間も10分程度で終わるモノから数時間要するモノまで、実に様々! そこで、"ボドゲ"初心者が入門に最適な定番の「ボードゲーム」を、"ボドゲ"中級者・Masaが紹介していきます。

これまで紹介されたのは『ワードバスケット』『ハゲタカのえじき』『ごきぶりポーカー』『ガイスター』『カルカソンヌ』。今後も続々紹介していく予定だという。

取材協力にあたっているのは地元のボードゲームサークル「いわきでボードゲームは、セザンヌ会」。記事を見てサークルに参加したいという連絡をしてきた方もいるそうで、地方都市ならではの小回りのよさが奏功しているようだ。

タウンマガジンいわき
いつも turn the tide.:タウンマガジンいわきにボードゲーム記事が掲載されました!

『政治献金ゲーム』再版で資金募集、顔写真入りカードも

| コメント(2) はてなブックマーク - 『政治献金ゲーム』再版で資金募集、顔写真入りカードも 

ビーウィッチト・シュピーレ(ドイツ)は、ドイツのクラウドファンディング「Startnext」にて、『政治献金ゲーム(Stimmvieh)』再版の資金募集を開始した。目標金額5980ユーロ(約83万円)、7月21日まで。

『政治献金ゲーム』は1998年に発売されたカードゲーム。政治家を使って献金や得票を集めるゲームで、カードドラフトの駆け引きが楽しめる。『アドアクタ』や『ホッサ!』で知られるA.マイヤーの記念すべき第一作で、チープなコンポーネントの質にもかかわらず、いまだに遊ばれている。

今回の再版は、ビーウィッチト・シュピーレ初となるクラウンドファンディングで行われる。13ユーロ以上の出資でゲームがもらえるが、99ユーロ以上出資すると、出資者がゲーム中の政治家としてスローガンと顔写真入りで登場する限定特典がある。

目標額を大幅に上回った『サンクトペテルブルク』再版(TGiWニュース)、目標額を達成してまもなく締め切りを迎える『騎兵ゴルフ』再版(TGiWニュース)に続く、ドイツ出版社のクラウドファンディング進出で、すでに大々的に利用しているクイーンゲームズ社も含め、ドイツでも広がりを見せている。

Startnext:Stimmvieh - Du hast die Wahl!


山形大学で国際ボードゲーム展示会、7月6日

| コメント(2) はてなブックマーク - 山形大学で国際ボードゲーム展示会、7月6日 

山形大学(小白川キャンパス)で7月6日(日)、国際ボードゲーム展示会が開かれる。10~16時、入場無料。

グローバル・スタディーズを担当するグローグ・ダグラス准教授の発案で開かれるもの。准教授は英語でプレイするボードゲームサークルを開き、日本人学生の英語力向上と、留学生との交流の両方をはかっている。

当日はたくさんのボードゲームが日英二ヶ国語の解説付きで展示されるほか、近隣の小中学生を招き、キッズゲームを中心にスタンプラリー方式の体験会が行われる。体験会にはアメリカや中国の留学生もゲームに参加する予定で、簡単な英語で遊ぶチャレンジもできる。

山形大学実践教育プログラム:国際ボードゲーム展示会

ドイツ年間キッズゲーム大賞に『幽霊、幽霊、宝探し』

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ年間キッズゲーム大賞に『幽霊、幽霊、宝探し』 

ドイツ年間ゲーム大賞選考委員会は23日、ハンブルクにてドイツ年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)の発表と授賞式を行った。先月19日にノミネートされていた3タイトルの中から、『幽霊、幽霊、宝探し(Geister, Geister, Schatzsuchmeister!)』が大賞に選ばれた。日本国内では未発売。

昨年の『お姫様を助けるのは誰だ』に続く協力ゲーム。今度は全員がお宝ハンターとなり、幽霊屋敷に挑む。サイコロを振ってその数だけ移動し、お宝のある部屋まで行けばゲット。しかしサイコロで幽霊の目が出ると、屋敷の中に幽霊が新たに登場する。幽霊はサイコロで対応する目が出れば退治できるが、同じ部屋に3体溜まると大きな幽霊となり、2人がかりで倒さなければいけなくなる。8つのお宝を集めて幽霊屋敷から全員脱出できれば勝利、その前に大きな幽霊が6体登場すれば敗北となる。

審査委員会は、作者が幽霊屋敷の雰囲気をゲームで演出すると共に、導入ルールによって親子の世代の橋渡しができていると評価している。作者のB.ユー氏はアメリカ人で、出版社のマテルもアメリカの企業。2001年から始まったドイツ年間キッズゲーム大賞初の、ドイツ国外作品の授賞となった。

本賞とエキスパートゲーム賞の発表と授賞式は7月14日、ベルリンで行われる。

Spiel des Jahres:"Geister, Geister, Schatzsuchmeister!" ist das Kinderspiel des Jahres 2014

理想の納豆(Ideal Natto)

| コメント(0) はてなブックマーク - 理想の納豆(Ideal Natto) 

たまごと、キムチ

理想の納豆

自分の好みのトッピングを入れてかき混ぜ、美味しい納豆を作るカードゲーム。ボードゲームイベント「盤博」メンバーが、ゲームマーケット2014春に発表した。全国納豆協同組合連合会の公認を得ており、納豆パックのようなパッケージに入っている。

はじめに配られるのが「好みカード」。のり、たまご、ねぎ、大根おろし、めんたいこ、キムチから理想のトッピングが決められる。このトッピングが入った納豆を探し求めるのだ。

手番には、プレイヤー人数分の場に手札から「まぜるカード」と「トッピングカード」を置いていき、そろそろいいかなと思ったところで1列全部を取って抜けるというコロレット方式。先に抜けると、まぜる回数が足りないくて失敗するかもしれず、でも欲張っていつまでも粘っていると、好みでないトッピングを付けられたり、まぜるカードが多すぎて失敗することがある。

「トッピングカード」には、「好みカード」の6種類のほかに、しょうゆとからしがあり、その列の点数が上がる。これを出していると、その列がほしいんだろうと思われてしまい、余計なトッピングをたくさん付けられてしまうから要注意。さりげなく得点を伸ばしていこう。

全員がカードを引き取ったら1ラウンド終了。各自、理想のトッピングを発表し、合っていれば得点、違っていれば失点になる。しかし、「まぜるカード」の数字の合計が10~15回でなければ、その納豆は不成立ということで0点になってしまう。まぜるカードの内容は0~5。ほかの人が狙っていそうな列は、0や5を付けて不成立を誘うのがよい。2ラウンドの合計で勝敗を競う。

「キムチと大根おろし、意外と合うんじゃない?」「そんなにトッピング入れたら納豆じゃなくなるぞ」「まぜる回数それでOK?」「そんなにしょうゆを入れて、納豆が浮かぶくらいじゃないの?」などなど、納豆談義で盛り上がる、納豆好きのための作品だ。総務省の家計調査によると、昨年の納豆消費ランキングは1位が水戸市、2位が山形市、3位が仙台市、4位が福島市だっという。南東北で人気高し。

理想の納豆
KUA/盤博(2014年)
3~5人用/8歳以上/30分

ゲームデザイン討論会に参加

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームデザイン討論会に参加 

先週の19日、ツイッターにて定期的に行われているゲームデザイン討論会の第5回にお誘い頂いて参加しました。

AI研究者の三宅陽一郎氏と、ゲーム研究者の草場純氏が連続で行っている対談。デジタルゲームとアナログゲームの違いから見えてくるものなどについて語り合い、従来互いに知る機会のなかったデジタルとアナログの情報交換をしています。

今回のテーマは、ヘビーゲームとライトゲームの二極化に伴う、ミドルクラスの空洞化について。ドイツゲームの最も得意としてきたジャンル「プレイ時間45~60分」が評価されにくくなった現状について、デジタルゲームとの比較を行いました。

1時間ではデザインの話まで至りませんでしたが、討論中、また討論後にさまざまな意見が寄せられ、参考になっています。ご覧いただきました皆様、ありがとうございます。

まだご覧になっていない方は下記のリンクをどうぞ。

ゲームデザイン討論会 第五回

『ピニャ・ピラータ』日本語版、7月中旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ピニャ・ピラータ』日本語版、7月中旬発売 

ホビージャパンは7月中旬、『ドミニオン』の作者D.ヴァッカリーノがデザインしたファミリーカードゲーム『ピニャ・ピラータ(Piña Pirata)』日本版を発売する。2~6人用、7歳以上、30分、2600円(税別)。

『ドミニオン』と『キングダムビルダー』で、ドイツ年間ゲーム大賞を2度受賞しているD.X.ヴァッカリーノの作品。先月イエロ(フランス)から発売されたばかりの最新作が早くも日本語版で登場する。

海賊団の船長となって、伝説の財宝「黄金のパイナップル」を探し求めるゲーム。しかし、宝の地図はバラバラとなり、カリブの海のいたるところに散らばっている。ほかの海賊たちも地図の断片を探し求めており、いち早く地図の断片をすべて集め、つなぎ合わせなくてはならない。

8枚配られた手札をいち早くなくせば、地図の断片を取ることができる。基本的には、前に出たカードと同じ海賊の絵柄があれば出せるが、冒険タイルがめくられていくたびに新しいルールが追加されていく。カードを出すのがどんどん困難になる中、手下の海賊たちをできるだけうまく采配しよう。冒険タイルは40枚もあり、毎ゲームさまざまな展開が楽しめる。

ホビージャパン:ピニャ・ピラータ

ピニャ・ピラータ

『コンセプト』日本語版、7月中旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『コンセプト』日本語版、7月中旬発売 

ホビージャパンは7月中旬、アイコンを組み合わせてお題を当ててもらうベルギーのクイズ・コミュニケーションゲーム『コンセプト』を発売する。4~12人用、10歳以上、40分、4000円(税別)。

フランス年間ゲーム大賞を受賞し(TGiWニュース)、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされている(TGiWニュース)作品。『世界の七不思議』や『マスカレイド』などフランス人デザイナーの作品をリリースしているルポ・プロドゥクシオン(ベルギー)から発売された。「お題」を言葉なしで、ゲームボード上に表示されたアイコンをヒントにして当てさせる。

プレイヤーが2人1組でチームになり、「お題」1つを選び、ほかのプレイヤーにそれを当ててもらう。2人一緒にゲームボード上のアイコンにコマを置き、先に「お題」を当てたプレイヤーは2点、出題したチームのプレイヤーもそれぞれ1点ずつ獲得する。

コンセプト(例)
「お題」は何でしょうか?(答えは「続きを読む」をクリック)

「お題」は、各カードに初級、中級、上級の3つの難易度別に各3つずつ表示され、その中から1つを選ぶ。古今東西の物、人名、音楽、作品名、ことわざ、名言など様々な分野から全部で990種類。日本語版にあたってローカライズされたものも。そしてヒントは、ゲームボード上に表示されている100種類以上あるアイコンの上に、メインコンセプトとサブコンセプトの推測コマを置いていく。チームワークと個人のセンス、インスピレーションがカギとなるゲームだ。

ホビージャパン:コンセプト

コンセプト(コンポーネント)

ローソンで「水曜どうでしょう」一番くじ、A賞はボードゲーム

| コメント(0) はてなブックマーク - ローソンで「水曜どうでしょう」一番くじ、A賞はボードゲーム 

対決列島ボードゲーム6月18日からローソン全国各店舗にて、一番くじ「水曜どうでしょう」が行われている。A賞は『対決列島ボードゲーム』が当たる。くじは1回600円。なくなり次第終了。

北海道のローカル深夜番組ながら、根強い人気をほこる旅メインのバラエティ番組のコンビニくじ。A賞は「どうでミー賞名企画部門」1位を獲得した「対決列島」をモチーフにしたボードゲームで、番組と同様に都道府県のポイントを多く獲得した人が勝ちになる。対決列島のほかにもサイコロの旅など別企画の要素も盛り込んであり、ディレクター陣お墨付きの内容だという。

ニコニコ動画では番組ディレクターの藤村忠寿氏と嬉野雅道氏、グッズ店長こと石坂豊氏が実際にプレイする様子が収録され、販売を待ち望むコメントも多く寄せられている。

くじでA賞を逃しても、くじの半券で応募できるダブルチャンスキャンペーンで、『対決列島ボードゲーム』サイン入りスペシャルバージョンが100名に当たる。水曜どうでしょうファンはお見逃しなく。

一番くじ:水曜どうでしょう

グルント(Grund)

| コメント(0) はてなブックマーク - グルント(Grund) 

裏切りの理由

グルント

マフィアのボスがメンバーの裏切りを見抜くカードゲーム。ゲームマーケットで発表している同人サークル「青い街」の作品で、『Ungerade』『Paar』とドイツ語タイトルシリーズが続いている。今回のタイトルの意味は「理由」。マフィアがボスを裏切る理由は、理屈だけではない。

ボス以外のプレイヤーにカードを7枚ずつ配る。ここから2枚を表にして捨てて、残る5枚を手札にする。カードには白いカードと黒カードがあり、白いカードのほうが多ければボスへ忠誠を、黒いカードのほうが多ければ裏切りを表す。

ボスは任意の順番で1人を指名し、その人の捨てたカードを見て、忠誠か裏切りかを当てる。忠誠の場合は、当たれば両者とも得点、裏切りの場合は、当たればボスだけ得点。いずれも外れたらメンバーのみが得点する。得点は裏切りの場合のほうが断然高く、裏切りの誘惑に絶えず駆られることになる。

カードの構成は分かっており、白と黒の枚数が半分ずつ。でも毎回2枚が場に出てこない。指名されたメンバーは手札を公開するので、徐々に残りのカードが分かってくるのだが、2枚出ていないために、一か八かという場面に何度も遭遇する。そのときは、枚数からの推理ではなく心理戦だ。「あなたには果たして、私を裏切る度胸があるのか?」

ボスを交替して1周し、得点の多い人が勝ち。

5人プレイで15分ほど。「絶対裏切りませんよ!」「いや、怪しいな。裏切り!」「忠誠でしたー。だから言ったじゃないですか!」ストレートに行くか、裏をかくか、裏の裏をかくかでボスもメンバーも選択が悩ましく、非常に盛り上がった。ボスになってばしばし当てられると愉快だが、ほとんど外れてしまうことも。外れたのを笑っていた人も、自分の番になってその苦しさを味わうのだった。最小限のカード構成で面白いとみんな絶賛だった。

Grund
スギオカカズキ/青い街(2014年)
2-5人/10歳以上/5-10分
青い街:Grund

オリジンズ賞2014に『トレインズ』『ラブレター』ほか

| コメント(0) はてなブックマーク - オリジンズ賞2014に『トレインズ』『ラブレター』ほか 

オリジンズ賞アドベンチャーゲーミング・アーツ&デザイン・アカデミー(The Academy of Adventure Gaming Arts and Design)はアメリカ・ゲームメーカー連盟(GAMA)は14日、アメリカのオハイオ州コロンバスにて開かれたオリジンズ・ゲームショーにて、第40回となるオリジンズ賞を発表した。

3月のトレードショーでボードゲーム小売業者の投票によって選ばれたノミネート作品が4月に発表され、その中から一般投票によって各部門の大賞が選ばれている。今年はRPG、RPGサプリメント、ボードゲーム、TCG、カードゲーム、ファミリー・パーティ・キッズ、アクセサリ、ミニチュア、歴史ミニチュア、歴史、歴史ミニチュアルール、ミニチュアフィギュアライン、書籍の13部門。

ボードゲーム部門で大賞に選ばれたのは『トレインズ(Trains)』。日本人デザイナー・林尚志氏(Okazu brand)の作品で、デッキ構築と鉄道ゲームを融合させた意欲的な作品として、英語版が発売された。過去3年は連続して『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のボードゲームが大賞に選ばれてきたが、これを覆した。

またカードゲーム部門ではカナイセイジ氏の『ラブレター(Love Letter)』が大賞に選ばれ、日本人デザイナーが2部門に輝いた。ファミリー・パーティ・キッズ部門には『三匹のこぶた(The Three Little Pigs)』が大賞に選ばれた。

【第40回オリジンズ賞】(ボードゲーム関連のみ)
ボードゲーム部門
大賞:トレインズ(Trains / 林尚志 / AEG)
ノミネート:タイム&スペース(Time n Space / ストロングホールド)、スペースカデット(Space Cadet: Dice Duel / ストロングホールド)、クロスマスターアリーナ(Krosmaster Arena / ジャパニメ)、鋼鉄都市(City of Iron / レッドレイヴン)
カードゲーム部門
大賞:ラブレター(Love Letter / カナイセイジ / AEG)
ノミネート:DCコミックス(DC Comics Deck-Building Game / クリプトゾイク)、ボスモンスター(Boss Monster / ブラザーワイズ)、クラブス(Clubs / ノーススター)、マーヴェルレジェンダリー(Marvel Legendary:Dark City / アッパーデッキ)
ファミリー・パーティ・キッズ部門
大賞:三匹のこぶた(Three Little Pigs / L.プーシェン / イエロ)
ノミネート:ウォークザプランク(Walk the Plank / メイデイ)、マイハッピーファーム(My Happy Farm / フィフスストリート)、ロフル(ROFL / クリプトゾイク)、チューズワン!(Choose One! / ルーニーラボ)

ICv2:2014 Origins Winners Announced

オランダゲーム賞に『クウィックス』『アンドールの伝説』

| コメント(0) はてなブックマーク - オランダゲーム賞に『クウィックス』『アンドールの伝説』 

オランダゲーム賞(Nederlandse Spellenprijs)の審査委員会は12日、今年の大賞作品を発表した。4月に発表されていたノミネート作品2部門計6タイトルから、ファミリー部門はダイスゲームの『クウィックス』、エキスパート部門にはファンタジー冒険ゲームの『アンドールの伝説』が選ばれた。

ボードゲームショップ店長、ボードゲームジャーナリスト、ボードゲーム関連団体のメンバーなど10名によって選ばれる賞。2部門に分かれて2年目となる今年、ファミリー部門には手軽なカードゲーム、エキスパート部門にはプレイ時間が長めのゲームが並んだ。受賞した『クウィックス』は昨年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品、『アンドールの伝説』は昨年のドイツ年間エキスパート大賞作品。この賞の対象は過去1年間にオランダでリリースされた新作であるため、1年遅れでの受賞となった。

授賞式は11月のアイントホーフェン・ボードゲーム祭にて行われる。

両作品とも、日本でも流通しており、『アンドールの伝説』は日本語版も発売されているが、発売からしばらく経っていることもあってどちらも現在のところ、品薄となっている。

Nederlandse Spellenprijs

韓国でボードゲームデザインコンテスト

| コメント(0) はてなブックマーク - 韓国でボードゲームデザインコンテスト 

Korea Boardgames韓国でボードゲーム制作販売を手がけるコーリア・ボードゲームズ(Korea Boardgames)が、6月1日より2014年のボードゲームデザインコンテストを開催している。応募締め切りは7月31日。

2012年から始まり、今年で3回目となるコンテスト。過去2回は70~80のアイデアが応募され、2012年はウルグアイ、2013年は韓国が優勝した。またドイツやイギリスのデザイナーが入賞するなど、世界中からアイデアが集められている。

今年のテーマは「ファーストゲーム」で、60分以内で終わるもの。1位には1000ドル、2位には400ドル、3位には200ドルが授与される。

応募は1人1作品で、未発表作品のみ。英語または韓国語のルール、開発中のゲームの写真、ゲームの概要、デザイナー情報をメールで送る。ファイナルラウンドに進んだ作品には、試作品の提出が要求される。

詳しくは下記ホームページにて。

Korean Boardgames:Contest 2014

『Gods' Gambit~神々の一手~』発売、英語版も目標額達成

| コメント(0) はてなブックマーク - 『Gods' Gambit~神々の一手~』発売、英語版も目標額達成 

アークライトは本日、日本人デザイナー・カナイセイジ氏の新作カードゲーム『Gods' Gambit ~神々の一手~』を発売した。2~6人用、10歳以上、20分、2500円(税別)。

『ラブレター』のカナイセイジ氏の新作で、ゲームマーケット2014春で発表されたばかりの新作。プレイヤーは堕ちた神々の一柱となり、場札と同じ地域(色)もしくは同じ問題(数字)の従僕・自分の化身などを手札から出すことで、善行を積んでいく。ほかの神々からの邪魔をくぐり抜け、最も早く手札をなくすことを目指す。カナイセイジ氏の得意とする特殊効果が目白押しで、熱い戦いが繰り広げられる。

キックスターターではAnalog Gamesという団体が来年1月の発売を目指して英語版の資金を募集している。20000ドルの目標額に対して、すでに24000ドルが集まっており、海外からの注目度の高さがうかがえる。

Kick Starter:Gods' Gambit
ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記:God's Gambit(ゴッズギャンビット)~神々の一手~ 初プレイ リプレイ!

シンデレラが多すぎる(Too Many Cindelleras)

| コメント(0) はてなブックマーク - シンデレラが多すぎる(Too Many Cindelleras) 

おっさんキター!

シンデレラが多すぎる

顔じゃなくて、足で本人確認されたシンデレラ。考えてみればずいぶんとフェティッシュな話である。そんなシンデレラ探しを、カードゲームにした作品。ゲームマーケット2014春で大気圏内ゲームズが発表した同人ゲームである。たくさんいるシンデレラ候補から、消去法で絞り込んでいく。その結果、ありえない人がシンデレラに!

配られたカードはシンデレラ候補たち。ランクと属性が書いてある。例えば最有力候補の1番は、「ティーン(10代)、主飲料はワイン、主食はごはん、髪は金髪」という属性がある。

またカードには「ワインは飲まない」「シニアでない」などの、「○○でない」という情報が書いてあり、これを順番に1枚ずつ出して絞り込んでいく。もちろん、自分の手札の候補が残るようにだ。

不都合な情報が出てきたら、「No!」チップを出せる。しかしこれが使えるのは1回だけ。あとはいわれるままに従うしかない。全員が2回、カードを出したら、最後に山札からめくって(どんでん返し)、条件を決定する。

ここで全員手札に残ったカードを出して、条件に該当する候補のうち、ランクが高いものがシンデレラに選ばれる。そのカードを出した人の勝利。

10分もかからないライトなゲームだが、やってみると自分の手札と、場の状況からどの条件を出していくか悩ましい。ときにはどれを出しても自分の首を絞めることも。それが悔しくて4回もプレイ。2回は順当に1番候補がシンデレラに選ばれたが、だんだんマークが厳しくなる。特に「ランクを逆転させる」と、「上位ランクを全て候補から外す」の情報が強烈。そのせいで3回目はおばはん、4回目はおっさんがシンデレラに選ばれた。王子涙目ー!

シンデレラが多すぎる
大気圏内ゲームズ(2014年)
2-4人/10歳以上/10分

ホビージャパンゲームフェスティバル2014、7月12、13日開催

| コメント(0) はてなブックマーク - ホビージャパンゲームフェスティバル2014、7月12、13日開催 

7月12日(土)と13日(日)の2日間にわたって、シダックスホール(JR渋谷駅徒歩8分)にて、ホビージャパンゲームフェスティバル2014が行われる。第4回ドミニオン日本選手権、第1回チケットトゥライド日本選手権のほか、各種大会や物販も行われる。

ドミニオン日本選手権は12日に予選、13日に決勝が行われる。優勝者は世界選手権への出場権を獲得。昨年の第3回は優勝を逃したが、第1回、第2回と2年連続で日本人が優勝している世界大会を、日本人が再び制することができるかが注目される。予選は事前予約の先着順(午前午後各128名)。予約はこちらのページで受け付けている。予選では基本セットと『ギルド』、決勝では全セットとプロモーションカードが用いられる。

ドミニオン日本選手権2014・予選参加予約

チケットトゥライド日本選手権は、現在全国各地で行われている予選の上位者による決勝戦が、13日に行われる。12日には、当日受付の直前予選も行われるので、フランス・パリで行われる世界選手権出場をめざしてチャレンジしてみよう。

このほかにも、12日に第2回ジャングルスピード日本選手権、13日に第1回ブルームーン:レジェンド日本選手権、第2回十二季節の魔法使い日本選手権 (当日受付)、第4回世界の七不思議日本選手権も行われる。こちらは世界大会はないが、当日受付で飛び入り参加が可能。

物販コーナーはホビージャパンの新作、B級品、会場先行販売などが予定されている。また、ボードゲーム専門店のすごろくや(12日のみ)とテンデイズゲームズ(両日)が協賛出展する。真剣にゲームを遊び、買い物も楽しめる愛好者の祭典だ。

ホビージャパン:ホビージャパンゲームフェスティバル2014

福井と札幌でボードゲームフリーマーケット、出展者募集

| コメント(0) はてなブックマーク - 福井と札幌でボードゲームフリーマーケット、出展者募集 

2012年に大阪で始まり、福井、新潟、東京、札幌、名古屋と全国各地に広がっているボードゲームフリーマーケットが、学校が夏休みに入る7月と8月に、福井と札幌で行われる。現在出展者募集中。

北陸ボードゲームフリーマーケット福井では7月27日(日)、越前市シピィ(JR武生駅徒歩15分、福鉄越前武生駅バス)にて「北陸ボードゲームフリーマーケット」が行われる。主催は福井県ボードゲーム普及の会で、近隣で活動するボードゲームサークル7団体が協力する。

ショッピングモール内の会場では不要になったボードゲームの即売会が行われるほか、木のオリジナルサイコロづくり、大人のボードゲーム体験、親子で簡単ボードゲーム体験、初めての人狼といったイベントが開かれる。愛好者だけでなく、ショッピングモールを訪れるファミリー層も狙った内容だ。

出展は中古ボードゲームの販売、自主制作のオリジナルボードゲームの販売(試遊可)、ボードゲーム関連同人誌・オリジナルグッズ類の販売などで、誰でも出展できる。出展料は500円から。申込みは下記ホームページにて、6月30日〆切。

北陸ボードゲームフリーマーケット:出展お申し込み

札幌では8月3日(日)、コミュニティ&レンタルスペース「オノベカ」(地下鉄南北線中島公園駅徒歩10分)にて「第2回札幌ボードゲームフリーマーケット」が行われる。主催はプレイスペース卓屋。中古・自主制作ボードゲームの販売と物々交換のほか、プレイテーブルにて購入したゲームのプレイや、情報交換も行われる。

出展料は2000円で、下記ホームページから7月27日〆切。

卓屋ブログ:第2回札幌ボードゲームフリーマーケット

「芸人達のベストフレンド」公演、6月27日新宿

| コメント(0) はてなブックマーク - 「芸人達のベストフレンド」公演、6月27日新宿 

6月27日(金)、東京の新宿ロフトプラスワンにて、公演「芸人達のベストフレンド」が行われる。出演・川島明(麒麟)、向清太朗(天津)、ネゴシックス、板倉俊之(インパルス)、アジアン馬場園、竹若元博(バッファロー吾郎)、村上純(しずる)の7名、19:30開演、前売り2000円、当日2300円。

『ベストフレンド』は、ぼどばらが昨年発表した大喜利系カードゲームで、質問カードへの解答を各プレイヤーが1個だけ提案し、選ばれた人に得点が入る。質問カードは「センスが良いと思える趣味はなんでしょう?」「人を尊敬するポイントは何?」など、回答者の人となりが表れ出るもので、やればやるほど相手のことがよく分かり、今まで知らなかった一面が見えてくるというコンセプトだ。イラストはネゴシックス氏が担当している。4~8人用、8歳以上、20分、2000円。

すごろくや:ベストフレンド

今回の公演では、麒麟の川島明プレゼンツで、本当の友達は誰か、質問大喜利が繰り広げられる。前売りはイープラスにて。

イープラス:川島明プレゼンツ"芸人達のベストフレンド"

リバネスカフェ閉店

| コメント(0) はてなブックマーク - リバネスカフェ閉店 

東京・四谷でボードゲームの遊べるダイニング・カフェ「リバネス」が今月14日、閉店する。

『どうぶつしょうぎ』のねこまどと、先端科学教育ベンチャーのリバネスが共同でプロデュースし、2011年にオープン。抜群のアクセスと、食事をとりながら、ゆったりとしたソファ席でボードゲームが楽しめるカフェとして愛好者が多く訪れた。沖縄とアメリカ料理の味も評判が良い。

営業最終日の20時から、フェアウェルパーティーが行われる。飲み放題、食べ放題で4000円。予約不要で当日参加可。

リバネスで行われていたボードゲームサービスは、グループ店舗で東京・三軒茶屋にあるスペイン料理店「ドクトルカルネ」に引き継がれる。東急田園都市線・三軒茶屋駅徒歩2分、火~日・祝前日・祝日18:00~23:30、月曜休。6月からランチタイムも予定されている。

リバネス:リバネスカフェ&ダイニング 閉店のお知らせ
お髭処 blog:四ッ谷のカフェ、リバネス カフェ&ダイニングに行ってきた
ふうかのボードゲーム日記:リバネスカフェに行ってきた
ひげでメガネの人からはじめます:11/6 リバネスカフェゲーム会
俺ビュー:ボードゲームで遊べるカフェ「リバネスカフェ」に行ってきましたよ
ぐんまのつれづれ:リバネスカフェ&ダイニング 平日夜ゲーム会
ひだりの灰色:リバネスカフェに行ってきた

マスクメン(Maskmen)

| コメント(0) はてなブックマーク - マスクメン(Maskmen) 

強さ未確定のレスラーたち

マスクメン

カードの強弱がだんだん決まってくる大富豪系のカードゲーム。ゲームマーケット2014春にオインクゲームズが発売した。手札のレスラーが強くなるように、場をコントロールしよう。

6人の新人レスラーをどんどん売り込んで、手札を早くなくした人が勝つ。最初の人は1枚、レスラーカードを出す。次の人は2枚、別のレスラーカードを出す。3番目の人はあれば3枚、さらに別のレスラーカードを出す。出せない、あるいは出したくないときはパス。

このとき、最初に出されたレスラー<2枚のレスラー<3枚のレスラーというように、強さの序列ができあがっていく。序列は独特なかたちのマーカーを並べて表す。このゲームの特徴である、強弱の確定システムだ。

一度には3枚までしか出せないので、3枚出たところでラウンド終了。最後まで残った人が、残った手札から次のカードを出していく。このとき、確定した強弱は引き継がれており、序列が強いカードは+1枚でなくとも出せるようになる。例えばピンクのレスラーより灰色のレスラーが強ければ、灰色のレスラーはピンクのレスラーと同じ枚数で出してよい。序列が上になるほど、切り札化してくる。

未登場のレスラーが次のラウンドで出された場合、前の序列とは別に序列ができあがる(マーカーが2列になる)。これは、前のラウンドに出ていたレスラーとの強弱が未確定であることを表す。やがて、前のラウンドで出たレスラーが+1枚というかたちで出されると、前の序列と新しい序列がどこかでつながることになる。こうしていずれは、最強のレスラーが誰か決まっていくというわけだ。序列を組むのはちょっとややこしいが、トーナメントのようで面白い。

3人で20分ほど。最初は序列の組み方がうまく飲み込めなかったが、ラウンドをまたいで組んでいくことが分かると理解できた。そうなると、強いカードを温存しておいて、後半に畳み掛けて上がるという大富豪の醍醐味が楽しめる。自分が枚数を多くもっているレスラーを強いカードに仕立てあげたいところだが、ほかのプレイヤーとの絡みがあって容易でない。ほかのプレイヤーからの棚からぼた餅でいきなり最強になったり、逆に最弱になったりすることもあった。そんなドラマも起こりつつ、手札を眺めて作戦を練るテクニカルなゲームだ。

マスクメン
佐々木隼・新澤大樹/オインクゲームズ(2014年)
2~6人用/9歳以上/20分
オインクゲームズ:マスクメン

ボードゲーム印刷の「世界印刷」スタート

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲーム印刷の「世界印刷」スタート 

コザイクとタンサンアンドカンパニーは6月6日、ボードゲームの印刷を請け負うサービス「世界印刷」をスタートした。ボードやカード、ボックスのPDFファイルを送るだけで、香港・上海の印刷会社と交渉・輸入・海外送金などの手続きをすべて行い、高品質な印刷物が調達できる。

『ゴーストハンター13タイルゲーム』(3800円)『ヒットマンガ』(1800円)で培ったノウハウを活かして安価で高品質な印刷を実現。ヨーロッパやアメリカの大手出版社の作品を数多く印刷しているプライムライン社(香港)、マギクラフト社(上海)の協力を得ており、箱やカードのエンボス加工からシュリンク包装まで基本料金に含まれる。

また、数多くの作品を手がけているタンサンアンドカンパニーがグラフィックデザイン、イラストレーション、ロゴ製作、入稿用データ作成なども必要に応じて手伝ってくれる。

発注個数は500セットから受け付ける。見積もりや問い合わせは下記ホームページにて。

世界印刷

ゲームマーケット2014春:ラジオ放送

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:ラジオ放送 

6月1日に東京ビッグサイトで行われ、6500人を集めたゲームマーケット2014春が、ラジオ放送で全国に取り上げられた。マスコミからの注目度が高まっている様子だ。

当日の午前中に放送されたのはTBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」。アークライトの刈谷圭司氏がインタビューに答え、『ラブレター』の海外展開など、昨今のボードゲーム事情について分かりやすく取り上げている。

5日にはNHKラジオ「すっぴん!」でも取り上げられた。ゲームマーケットに出展した米光一成氏が、「新刊コンシェルジュ」というコーナーで『勉強が楽しくなる カードゲームの本』を紹介。インディーズゲームの状況を伝えた後、自身が発表した『想像と言葉』を、ツイッターのハッシュタグを使ってリスナーと実際にプレイした。

『想像と言葉』は3つのキーワードから言葉を連想して、ほかの人と重なっていたら得点になるというパーティーゲーム。番組では1問目が「笑い」「味」「国」、2問目が「ドキドキ」「穴」「かわいい」というキーワードで盛り上がった。ゲームプレイの様子は、番組ブログで見ることができる。

ゲームマーケット2014春:新作評価アンケート(7/7まで)

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:新作評価アンケート(7/7まで) 

6月1日のゲームマーケットで発表された新作は176タイトルでした。再版・リメイクが多かったせいか、過去最高だった昨年の秋(199タイトル)をやや下回りましたが、依然として高水準にあります。

ここで恒例の新作評価アンケートを行います。投票期間は7月7日(月)まで約1ヶ月。同じIPアドレスからは期間を通して1回しか投票できないようになっていますので、できるだけたくさん遊んでから投票して下さい。

このアンケートは、エッセン国際ゲーム祭「シュピール」で行われている「スカウト・アクション」に倣ったものです。あちらでは現地で紙面による投票を行いますが、ゲームマーケットは会期が1日しかなく、また体験卓も少ないため、遊ぶ時間を考慮して後日のアンケートとしています。

リストは当サイトのエントリー「ゲームマーケット2014春:国産新作リスト」に基づいています。国産オリジナル・ゲームマーケット初出(直近のコミケ発表はOK)に限り、体験版・ベータ版・物販なし・拡張・再版(リメイク)・シリーズもの・伝統ゲームを除いています。なお、リストにないものは自由記入欄にて投票できるようになっています。括弧内は出展されたブース名です。委託販売などにより、出展者と異なる場合があります。

投票ページはこちら↓です。たくさんのタイトルが並んでいますが、プレイしたものだけ評価して下さい。評価するのは何タイトルでもかまいません。年齢・性別・居住地・ゲームマーケットの参加経験のみ必須項目ですので、忘れず選択して下さい。

最後に、結果の信頼度を高めるため、出展者が身内に過度に投票を促す行為は避けるなど、節度をもった投票を切にお願い致します。

Table Games in the World:ゲームマーケット2014春新作評価アンケート

『ゴー・ストップ』カラー版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ゴー・ストップ』カラー版発売 

ニューゲームズオーダーは6月1日、国産バッティングカードゲーム『ゴー・ストップ』のカラー版を発売した。沢田大樹デザイン、2~6人用、8歳以上、10分、1200円。

2005年に発売されたこの作品は、二度目のリメイクでカラー版となった。山札から5枚の数字カードがめくられる。そのたびに各自手札から「ゴー」か「ストップ」のカードを伏せて出していき、1番大きい数字カードに1人だけ「ストップ」を出していれば勝つというシンプルなゲーム。「ストップ」は1枚しかもっていない。

「大きい数字のカードがほしい」「でもストップは1枚しかない」「自分がほしい大きなカードは他の人もほしい」「そうすると大きいカードは取れない」「少し小さい数字のカードを狙う」「すると他の人が大きいカードを取れてしまう」といった駆け引きがぐるぐると絡み合い、いつ「ストップ」を出すべきか、真剣ながらもイマイチ根拠のない、愉快な心理戦が発生する。

また、伏せられた手札のオープンが始まるのは、数字カードが5枚出された後であるため、出てくる数字カードがどの位よいカードなのか、という見積もりが悩ましい。老若男女問わず気軽に楽しめるオリジナルカードゲームだ。

B2F Games:お久しぶりのゴー・ストップ。デザイン一新で再生産・発売します。その1。
B2F Games:お久しぶりのゴー・ストップ。デザイン一新で再生産・発売します。その2。
B2F Games:お久しぶりのゴー・ストップ。デザイン一新で再生産・発売します。その3。

アンケート:ラブレター

| コメント(0) はてなブックマーク - アンケート:ラブレター 

Q.84:今人気のカードゲーム『ラブレター』を・・・(2014年5月)

A.既プレイ・所有 130票(52%)
B.既プレイ・未所有 38票(15%)
C.未プレイ 81票(33%)

日本人デザイナー、カナイセイジ氏のカードゲーム『ラブレター』(TGiWレビュー)。先月発表されたドイツ年間ゲーム大賞で日本初の推薦リストに入り、日本国内でもこのたび、豪華版が発売されました。たった16枚のカード、各自1枚だけの手札が織りなす多様な展開は手練れのボードゲーム愛好者にもウケています。

アンケートでは、遊んだことがある方が67%、実に3人に2人という割合で、以前のアンケートで伺った『花火』(既プレイ率55%)、『人狼』(同49%)、『世界の七不思議』(同56%)を上回りました。面白さだけでなく、流通や価格など国産であることの強みもプラスにはたらいているようです。

未プレイの方は、先日発売されたばかりの豪華版でぜひ遊んでみてください。

6月のアンケートは、ゲームマーケット2014春の国産ゲームについてです。6月1日に東京ビッグサイトで行われたゲームマーケット2014春では、177タイトルの新作と、絶版になっていた旧作が数多く発表されました。輸入ゲーム、中古ゲームをはるかにしのいで、ゲームマーケットのメインとなっています。アンケートでは、みなさんの購入・プレイ状況をお尋ねします。ゲームマーケットへの参加・不参加は問いません。もっとも近いと思うものをお答え下さい。

『八分帝国』日本語版、6月下旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『八分帝国』日本語版、6月下旬発売 

ホビージャパンは6月下旬、ミニマルな陣取りゲーム『八分帝国(Eight-Minute Empire)』日本語版を発売する。R.ローカット作、2~5人用、8歳以上、20~40分(8分×プレイ人数)、2800円(税別)。

本格的な陣取りの戦略要素を、一人当たり8分程度という短時間でプレイ可能な内容にギュッと凝縮したボードゲーム。オリジナルはレッドレイヴンゲームズ(アメリカ)が2013年に発売したもので、輸入版が国内販売され話題となっている(TGiWレビュー)。

ボード上の各地域に自分のコマを配置して最多数を競うと共に、カードの資源を集めて得点を増やす。アクションは場に並んだ6枚のカードの中から1枚を選び、そのアクションを行う。コマを配置する、コマを移動するなどのアクションを効率的に使って支配を固めなければならない。

またカードはその並べられた場所によって価格は異なり、残ったカードは次のプレイヤーの選択肢の一つとなっていく。自分にとって必要なアクションや資源、自分の手持ちの資金とほかのプレイヤーの資金、渡したくないカード......など考えることは多い。

徹底的にシンプルにしたルールで、陣取りの駆け引きが楽しめる戦略ゲーム。プレイ時間が短いため、その日のうちに繰り返しプレイすることも可能だ。

ホビージャパン:八分帝国

ゲームマーケット2014春:参加者6500名

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2014春:参加者6500名 

6月1日(日)に東京ビッグサイトで行われた日本最大のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2014春」は、真夏日の中大勢の参加者が詰めかけ、約6500名が参加していたことを、主催のアークライト社が発表した。昨年のゲームマーケット2013春・秋の参加者5000人から3割増しとなる。

昨年の1.2倍の広さの会場に332団体の出展者、170タイトルの新作が並べられて迎えたゲームマーケット。午前10時の開始から各ブースに行列ができたが、午後になっても体験卓が埋まり、熱気が収まらない。入れ替わり立ち代りで、結果昨年の規模を上回ることになった。一昨年の4200人、昨年の5000人から大幅の増加。

次回はゲームマーケット2014秋で11月16日、その次はゲームマーケット2015大阪で3月1日に行われる。出展・参加予定の方はスケジュールに入れておこう。恒例の新作評価アンケートは、数日以内に開始する予定です。

ゲームマーケット:ゲームマーケット2014春は無事に終了しました。
元祖〇一堂:ゲームマーケット2014春に行ってきたよ
ふうかのボードゲーム日記:GM2014春にいってきた
どうでもいい は なし:ゲームマーケット 2014春 皆様ありがとうございました&戦利品
ねつさめブログ:2014春ゲームマーケット 感想
ちいさな書棚。: ゲームマーケット 2014 春
たっくんのボードゲーム日記:ゲームマーケット2014(春)

キャメルアップ(Camel Up)

| コメント(0) はてなブックマーク - キャメルアップ(Camel Up) 

1番人気はよくコケる

キャメルアップ

エジプトの砂漠で行われるラクダレースで、賭けを当てて儲けるゲーム。今年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされており、ノミネート3作品の中で唯一のドイツゲーム(残り2タイトルはフランスゲーム)なので頑張ってほしいところである。ドイツゲームらしい安定感に加えて、逆転の要素(確率低め)を忘れず、8人まで遊べるようにしているのが嬉しい。

自分の番にできることは基本的に、出走中の5頭のラクダのどれが勝つか予想するか、ダイスを振るか。予想するときはそのラクダの賭け札を取るが、賭け札は各ラクダ3枚ずつしかなくて、早い者勝ち。だからダイスを振らないとどのラクダが勝つか分からないが、ダイスを振るとほかの人に賭け札を取られてしまうというジレンマがある。

ダイスはこのゲームの見どころで、ピラミッド状の箱に入っている。ダイスを振ることにした人は、ピラミッドを逆さまにしてスイッチオン。ゴト、と音がしてダイスが1個出てくる。5色のダイスがあり、出た色のラクダがその目(1~3)だけ進む。ガチャガチャで当たりを狙うようなスリルが楽しい。

なお、ダイスを振った人は必ず1金をもらえるので、当たるか分からない賭け札(ハズれるとペナルティあり)を取るより確実に儲かるようになっている。大方の予想を覆すありえない目を出してヒーローになろう。

ピラミッドから出てきたダイスは、ほかのダイスが全部で終わるまでピラミッドに戻さない。これにより、それぞれのラクダの勝つ確率がだんだん確定していくことになる(この辺り、賭けゲームの名作『マニラ』の終盤デッドヒートを彷彿とさせる)。青のラクダ、ビリだけど、ワンチャンスあるな・・・確率は低いけど、夢を見ておくか!

5つのダイスが出終わるたびに配当。しかしラクダの位置はそのままにしておき、1周したらゲーム終了となる。ここで1位と最下位の得点計算(ゲーム中に予想できる。早く予想した人から高配当。こちらもハズれたらペナルティー)があり、所持金の多い人が勝つ。

3人プレイで40分。人数が少なめだったこともあり、相手が取った賭け札を見て自分の行動を決めるという駆け引きがあり、ダイスゲームとは思えない計算ずくの展開となった。私は序盤出遅れてしまったが、ピンポイントの予想とダイスロールの稼ぎで追いつく。しかしオアシス/砂漠タイル(コースに置いて踏んでもらうと収入)で堅実に稼いだcarlさんが、最後の予想も当てて勝利。鴉さんは一発逆転の夢を見たが届かなかった。

Camel Up
S.ボーゲン/エッガートシュピーレ(2014年)
2-8人用/8歳以上/30分
ショップ検索:キャメルアップ

カレンダー