2016年10月アーカイブ

メドゥリス(Meduris)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

超高速托鉢、準備できてません!

メドゥリス

小屋や神殿を作り、回ってくるドルイドに捧げ物をして名誉を競うゲーム。シュピール'16の新作で、昨年『カルバ』などでミドルクラスのファミリーゲームをリリースして成功したハバ社が、さらに一歩進んでやや重めのゲームに進出した。デザイナーはドラとリンデ、イラストレーターは『世界の七不思議』のコワンブラと、気合十分の布陣である。コンポーネントはハバ社らしく、木製コマが大きい。

ボード中央には資源(銅、羊毛、木材、石材)が取れるエリアがあり、ここで各プレイヤーの労働者たちが資源を産出する。産出した資源を使って周囲のエリアに小屋や神殿を作る。作るたびにドルイドが移動して小屋を一軒ずつ回るので、資源を捧げて得点をもらう。隣接する小屋が多ければ多いほど得点が上がっていく。

手番のはじめにダイスを振り、ランダムにどこかから資源が産出される。その後、資源を獲得する、小屋を建てる、神殿を建てるの3つのアクションから1つを選んで行う。

資源を獲得する場合は、自分の色の労働者を好きなエリアに移動して、そのエリアの資源をもらう。そのエリアにほかの労働者がいれば、上に重ねてその全員が資源を受け取る。面白いのは、労働者が重なると、上にいるほう(つまり後から来たほう)が多く資源をもらえるところだ。同じエリアにいつまでもいると、もらえる資源が減っていく。しかも資源は上にいるほうから順に取っていって、なくなり次第終了。この資源産出システムは新しい。

メドゥリス(全体図)

小屋を建てる場合は、周囲のエリアのマスに指示された2種類の資源を支払わなければならない。しかも隣接する小屋が1軒あると、支払う資源は2倍、2軒あれば3倍と上がっていく。こうして出来上がる隣接する小屋の連続を「村」と呼ぶ。5軒目ともなると、支払う資源は2種類×5倍で10個。今回のゲームはこれが最高記録で、6軒目を建てた人はいなかった。

小屋を建てると、ドルイドが移動する。ドルイドはボード状を時計回りに巡り、小屋を1軒ずつ訪ねていく。「我にお供え物をせよ!」このとき、資源をお供えできれば得点、お供えできる資源がないと減点。「村」にやってくると、そこにある小屋を全部一度に回るので、建設用の資源と別に、お供え用の資源も用意して置かなければならない。小屋が多い村ほど、お供えできたときの得点が高い。

また、小屋を建てたときにそのエリアのルーン石タイルがもらえる。これはドルイドがボードを1周するたびにボーナスをもたらすほか、ゲーム終了時にたくさんもっているほど得点になる。これもあるのでコストが上がっても小屋を建てる意味がある。

神殿も小屋と同じエリアに建てるが、支払う資源はいつも2個だけでよい。神殿からつながっている小屋の数だけ、ゲーム終了時に得点が入る。小屋がつながってからそこに神殿を建てるか、神殿を建ててからそこに小屋を伸ばすかはプレイヤー次第。

誰かが手持ちの小屋と神殿を全部建てたら最後に1手番ずつ行って最終決算。この時、ドルイドが一気にひと回りして全部の小屋を訪れる。「また来たんですか?! もうお供え物ないですよ」「じゃあ減点な」「ひぃ~」

最後は神殿とルーン石タイルの得点を足して最も多い人が勝つ。

4人プレイで75分ほど。序盤は小屋がまばらでドルイドが来ても得点が低かったが、次第につながり始めて得点が段々上がっていく。今回は神殿の建設が早く、小屋を建てる場所が少なかったため、コストの高い場所しか残らなかった。hataさんが奮発して最後の小屋を建て、終了フラグを切ったが、そこで支払った資源が多く、お供え物に回せない。最後の一周で資源を貯め込んでいたcarlさんがお供え物をきっちりして1位。

場所がなくなるので建設を急ぎたいところだが、資源が建設とお供えのどちらにも使われるため、その配分が難しい。だんだん近づいてくるドルイドに、果たしてお供え物の調達が間に合うか。リソースマネージメントの妙味が味わえる遊びごたえたっぷりの作品である。

Meduris
デザイン・S.ドラ&R.ツァリンデ/イラスト・M.コワンブラ/ハバ(2016年)
2~4人用/10歳以上/75分
国内未発売

ボドゲde遊ぶよ!! phase 7-4

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

プーピーヘッド(Poopyhead)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

尊厳をかけた本気を示す

プッピーヘッド

トイレの順序通りにカードを素早く出して、手札をなくすオランダのゲーム。誰かが上がったときに手札の最も多い人がおもちゃのウンコを頭にのせなければならない。人間の尊厳を賭けて本気のカード合戦が繰り広げられる。

手札のカードは、トイレ、ウンコ、紙、手洗いの4種類がある。これを手番に関係なく、実際にトイレに行く順序(トイレ→ウンコ→紙→手洗い)で出していく。前のカードと色を変えなければならない。

1ラウンドはものの30秒ぐらいで終わる。手札がなくなったら付属のブーブークッションを叩いてラウンド終了。このとき、手札の多い人がおもちゃのウンコを受け取り、頭にのせる。悔しい。これを5ラウンド行い、最も多くのウンコを頭の上に載せていた人が負け。

シュピールでは、ノリスのブースでドイツ語版"Scheiß drauf"をプレイすることができた。ウンコをかぶりたくないのでみんな本気。私がウンコ2個で、ふうかさんとkarokuさんが1個ずつで迎えた第5ラウンド。単独最下位脱出を目指して本気で取り組んだが、最後のウンコを引き取ることになってしまった。

遊び終わってから即買いに行ったのは言うまでもない。

隣の家族連れもお父さんがウンコだらけになっていたので1枚パシャリ。

プッピーヘッド(アフター)

Scheiß drauf
M.N.アンデルセン、チームアイデンティティ/アイデンティティーゲームズ(2015年)
2~4人用/6歳以上/15分
国内未発売

ローゼンベルクの新作『オーディンの祝祭』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは27日、ドイツの人気ゲームデザイナーU.ローゼンベルクの新作『オーディンの祝祭(Ein Fest für Odin)』日本語版を発売した。イラスト・D.ローハウゼン、1~4人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分、11000円(税別)。

フォイヤーラントシュピーレ(ドイツ)から今秋発売され、フェアプレイ誌のスカウトアクションで1位となった作品。『アグリコラ』以来ローゼンベルクが得意としている重量級のワーカープレイスメントゲームと、『パッチワーク』で評価されたパズルを組み合わせたゲームで、お値段以上にコンポーネントがぎっしり詰まっている。同社の製品が日本語版になるのは『テラミスティカ』『グラスロード』『アルルの丘』に続いて4タイトル目。いずれも、テンデイズゲームズが担当している。

プレイヤーはヴァイキングの一族の長となり、自分の居住地をタイルで埋めて高得点を狙う。自分の一族の駒を順番にアクションスペースに置き、ゲームを進める。アクションには4段階のレベルが設定されており、強力なアクションほど必要となる駒の数が多い。

アクションの中でさまざまな形状のタイルを獲得し、それをボードに配置して、ボーナスとして収入や追加のタイルを獲得する。タイルをうまく組み合わせ、先を読んで効率よくボーナスを獲得していかなければならない。

さらに、特別な効果をもつ職業カードが190種類入っているほか、さまざまな要素を加えて、ゲームごとに異なる展開と戦略が楽しめるようになっている。

テンデイズゲームズ:オーディンの祝祭 日本語版

ホビージャパンゲームフェスティバル2016秋、10月30日開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

10月30日(日)10:00から、東京・渋谷のTKPガーデンシティ渋谷(JR渋谷駅徒歩2分)にて、ホビージャパンゲームフェスティバル2016秋が開催される。『パンデミック』、『宝石の煌き』、『ディクシット』の大会が行われるほか、デモプレイ、販売コーナーもある。

『パンデミック』は12月17~18日にスペインで行われる世界選手権の国内予選。午前中から予選を行い、夕方から7月、9月の予選の代表とともに日本代表決定戦を行う。2人1チームで当日応募でき、定員に達し次第〆切となる。参加費は1チーム1000円。日本代表には、世界選手権の参加権とともに25万円の渡航費補助が贈られる。

『宝石の煌き』の大会は2人対戦ルールで行われる。11:30から、定員48名で、参加費500円。『ディクシット』日本選手権は4年ぶりの開催。12:30から、定員24名で、参加費500円。詳しいルールなどは下記ウェブサイトを参照のこと。

デモプレイ、物販コーナーでは、テンデイズゲームズが出展し、『テレストレーション』の大会や新作の『オーディンの祝祭』などの販売を行うほか、『コードネーム:ピクチャーズ』などホビージャパンが扱う予定の新作もプレイできる。

ホビージャパン・ゲームフェスティバル2016秋

咲き乱れる花々を支配『ロータス』日本語版、11月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ロータス日本語版ホビージャパンは11月下旬、カラフルな花々を咲かせるカードゲーム『ロータス(Lotus)』日本語版を発売する。デザイン・J.ゴッダールド&M.ゴッダールド、イラスト・C.オストロウィスキ、2~4人用、8歳以上、約30分、3000円。

『ワールドフェア1893』などをリリースしているレネゲードゲームズ(アメリカ)が今年9月に発売したばかりの作品。英語版以外が発売されるのは初となる。レネゲードゲームズの社長S.ガエタ氏は、「ホビージャパンと製作した『ロータス』を新しいお客様に提供できることを喜んでいます。アメリカでの信じされない成功から、日本でも家族向けのお気に入りゲームになることを確信しています」とコメントしている。

ゲームの舞台は禁断の蓮の園。ここで育った神秘的な花々は、持ち主に永遠の命と、果てしない叡智を授けるといわれている。花々の能力が最大限に発揮できるまで育て、蓮の園から摘みとろう。植物を守る虫たちの助けを得て、蓮の園を支配し、悟りの境地にたどり着くのは誰か?

各プレイヤーは自分の守護虫シンボルのある花弁カードの山札をもち、そこから手札として4枚を引く。自分の手番には、手札から花弁カードをプレイして、テーブル上に花を作る。花は花弁3枚のアヤメから7枚のハスまで5種類あり、花が完成した時点で完成させたプレイヤーがその花を手に入れる(花弁1枚につき勝利点1)。

完成した花は、守護虫の数で支配者が決まり、支配したプレイヤーに5点の勝利点か特殊能力のどちらかがもたらされる。

テーブル上に花々が咲き乱れる美しさだけでなく、駆け引きのある作品だ。

内容物:花弁カード124枚、ワイルドフラワーカード20枚、守護虫コマ8個、長老の守護虫コマ4個、得点トークン30枚、特殊パワートークン12枚、ルールブック1部

ロータス日本語版(コンポーネント)

ウィズキッズ、ルックアウトと提携、『アグリコラ』ミニ拡張で

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

『クォリアーズ』やミニチュアゲームで知られるウィズキッズ(アメリカ)は25日、ルックアウトシュピーレ(ドイツ)と『アグリコラ』のミニ拡張セットでライセンス提携を結んだことを発表した。新しいカードと彩色済みフィギュアのセットで、6種類が2017年に発売される予定。

ルックアウトシュピーレは2013年、メイフェアゲームズ(アメリカ)に買収され(TGiWニュース)、『アグリコラ』シリーズは現在、メイフェアゲームズのもとで販売されている。一方、『アグリコラ』シリーズの英語版を手がけていたズィーマンゲームズは2011年にフィロソフィア(カナダ)に買収され、フィロソフィアも今年、親会社のF2Zエンターテイメントがアスモデグループ(フランス)に合併されることになっている。この動きに伴い、ズィーマンゲームズ元社長のZ.シュラシンジャー氏は今年になってウィズキッズに移籍していた。

国際的な買収と合併の中、『アグリコラ』シリーズは今後もメイフェアゲームズから発売されることになっており、ウィズキッズ社の関与はアクセサリー的なかたちにとどまると見られる。

WizKids:Six New Agricola Expansions Arriving 2017 - Lookout Games GmbH and WizKids Announce New Partnership

ホビージャパン、11~12月の輸入リストを発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは11~12月発売予定の輸入ゲームリスト5タイトルを発表した。いずれも今月のシュピール'16で発表されたばかりの新作。英語などの外国語版だが、日本語ルールが添付される。

キー・トゥ・ザ・シティ:ロンドンの街の鍵(Key to the City ― London)
デザイン・S.ブリースデール&R.ブリーズ、イラスト・K.バクスター&R.ブリーズ&K.フォーヴィンケル、フッフ&フレンズ(ドイツ)、2~6人用、14歳以上、90~120分、8500円(税別)、11月下旬。
『キーフラワー』に続くキーシリーズの最新作が、フッフ&フレンズ社から登場する。
ロンドンの場所を表す六角形の地域タイルを使って自分の家のあるタイルの周囲の行政区を開発する。技術タイルもしくはコネクタで地域タイルをつなげ、得点と共に、リソースを生み出す。コネクタと技術タイルは、各地域タイルをアップグレードさせ、得点やリソースを増やすこともできる。
ゲームは4つの時代にわたって進行し、各時代に登場する新たな地域タイルが競り落としていく。時代1と2では、リソースを生み出す6枚の地域タイルと、いくつかの建物をあらわす地域タイルしかない。時代3ではアップグレード可能な建物タイルのみとなり、時代4では二階建てバスも登場する。
毎ターン、プレイヤーは5種類のアクションのうち1つを選択する。自分の木の労働者コマ(キープル)を望む数だけ使って、地域タイルを競ったり、地域タイルを使用してリソースを生み出したり、地域タイルをアップグレードしたりすることができる。パスしてもよいし、(この時代は継続してプレイ可能)、テムズ川に沿って舟を置いて時代を終えてもよい。ゲームは時代4の最後に全ての船が出港したら終了で、最も点数を得ていたプレイヤーが勝者となる。


レイルロード・レボリューション(Railroad Revolution)
デザイン・M.カネッタ&S.ニッコリーニ、イラスト・M.イアンネリ、ホワッツユアゲーム?(ドイツ)、2~4人用、12歳以上、45~90分、7400円(税別)、11月下旬。
希望と富への渇望は、人類の進歩の大きな原動力となった......。
19世紀のアメリカ、多くの鉄道会社が成功と富を求め、街と街、州と州、海岸線と海岸線をつなぐ路線を敷設していた。プレイヤーはこの波乱に満ちた怒涛の時代のアメリカの鉄道の命運を握る。
それぞれ自身の鉄道会社を経営し、アメリカで最も成功した鉄道王を目指して鉄道を敷設し、鉄道沿いの都市に駅を設置し、電報通信網を整備し、目標を達成して自社の価値を高める。
プレイヤーの会社には最初、特別な技能をもたない労働者たちのチームが1つしかない。しかし、ゲームが進むにつれてさまざまな技能をもった専門職の労働者が雇えるようになる。各アクションのコストと効果は、雇い上げた労働者次第。
会社の目的を果たすには、手持ちの労働者コマのいくつかを役員にしなければならない。どの労働者を経営側に昇進させ、どの労働者をその技能のために現場に残すかも重要な決断となる。
『シニョーリエ』『ニッポン』のホワッツユアゲームズ?による新作で、スカウトアクションで2位となった作品。展開が早く、常に決断を迫られる中で、正しい戦略眼を持ち、時節を見誤らないことが勝利につながるだろう。


イスタンブール:書簡と証印(Istanbul :Brief & Siegel)
デザイン・R.ドーン、イラスト・A.レーシュ、ペガサスシュピーレ(ドイツ)、2~5人用、10歳以上、40~60分、3400円(税別)、11月下旬。プレイするためには『イスタンブール』本体が必要。
2014年にドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞した『イスタンブール』の2番目の拡張セット。商人たちが駆け回る市場に5つの新たな場所が加わる。大使の代理として書簡を受け取り、配達することで証印をもらう。しかしさまざまな秘密結社がルビーを求めて暗躍しており、あやしげな出所のさまざまな報酬も用意される。これがルビーの市場価格にも影響を与えるだろう。
一方、売店や競売場では全てのプレイヤーがアクションを行うことができる。加えて、相棒を配置することができたプレイヤーは、商人とは独立してその相棒がアクションを行うことも可能になる。
5×5枚のタイルを配置することで巨大バザーができあがり、インタラクションの多い長時間プレイにも挑戦できる。さまざまなオプションが加わる拡張セットだ。


オケアノス(Oceanos)
デザイン・A.ボザ、イラスト・J.フルリ、イエロ(フランス)、2~5人用、10歳以上、30~45分、5800円(税別)、12月上旬。
カードドラフトで海底探険。プレイヤーはそれぞれ自身の潜水艇に乗り込み、最も多くの水中生物と、最も長大なサンゴ礁、そして海底に眠る宝物をダイバーを送って持ち帰り、煌びやかなクリスタルを集めて潜水艇を改良していく。しかし、恐ろしいクラーケンに気をつけなければならない。
『世界の七不思議』のA.ボザが同じカードドラフトシステムを用いた新作だ。


神奈川沖浪裏(Kanagawa)
デザイン・B.カタラ&C.シュヴァリエ、イラスト・J.モシュ、イエロ(フランス)、2~4人用、10歳以上、45分、4000円(税別)、12月上旬。
1840年、東京湾沿い神奈川。絵師葛飾北斎は居を構え、自身の技を伝える後人を育てるべく弟子をとることにした。プレイヤーは、この『画狂老人卍』の弟子のひとりとなって、才能を認めてもらうべく、師の技術を学び、草木、動物、人物、風景の課題となる絵を仕上げる。
傑作を仕上げるためには技術のみならず、季節の移ろいと変化に心傾けなくては調和のとれたものにはなりません。この作品のどれかは、生涯の代表作となることを願って。
『ファイブトライブス:ナカラの魔神』や『Mr.ジャック』のブルーノ・カタラと中堅シャルル・シュヴァリエが、浮世絵『富嶽三十六景』の中でも代表作というべき『神奈川沖浪裏』にテーマの着想を得た作品だ。
神奈川沖浪裏

ゲームマーケット2017神戸:出展受付開始

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット事務局は20日、ゲームマーケット2017神戸(3月12日(日)神戸国際展示場)の出展募集を開始した。一次受付は11月8日まで。定数を上回った場合は抽選、下回った場合は二次募集となる。

神戸での開催は、3700名が参加した昨年に続き2回目となる。出展形式は一般、中古、企業の3種類で、出展料はそれぞれ6480円、6480円、41040円から。一般と企業オプションでは試遊スペースを付けることもできる。また、2016秋と同様、「ボードゲーム:キッズ」「ボードゲーム:スタンダード」「ボードゲーム:エキスパート」「TRPG」「TCG」「SLG」「その他(書籍、グッズ、中古)」のジャンル、テーマやシステムを記入してもらい、より細かい分類を試みる。

出展できるものは、アナログゲームに関するものであれば創作、中古、輸入、関連グッズ、書籍など自由だが、成年向け商品の販売・プレイはできない。詳しくは下記リンクを参照のこと。申込は、ゲームマーケット公式サイトから出展申込フォームに記入して送付する。〆切後、事務局から通知があるので、返信に従って出展料を支払う。このほかに、カタログ原稿を期日まで送らなければならない。

ゲームマーケット2017神戸:出展申し込み