アズール(Azul)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ほしい色のタイルを取られた!

アズール

5色のタイルを集め、つながるように並べて得点するゲーム。『センチュリー:スパイスロード』をリリースしたプランBゲームズの2作目で、W.クラマーとの共作で知られるM.キースリングを起用した。厚めのプラスチックタイルを使った贅沢なコンポーネントと、イスラム風のモザイク模様が目を引く。

毎ラウンド、何枚かある皿に袋からランダムに引いたタイルを4枚ずつ載せる。手番にはそのうち1つの皿を選んで、そこから1色だけ取って自分のボードに置き、残りのタイルを中央に戻す。こうして中央に戻されたタイルからも1色選ぶことができる。

自分のボードにはタイル置き場として5つの列があり、1つの列は全て同じ色のタイルを置かなければならない。5つの列はそれぞれ1~5枚までタイルを置くことができ、それ以上取ってしまうと失点。

順番に取っていって場のタイルが全部取られたらラウンド終了。埋まった列のタイルを右に送り、得点を入れる。このとき、縦か横に連続してタイルを置くと得点が増えるので、つながるようにタイルを置くとよい。

再びタイルを補充して次のラウンド。誰かが横に一列タイルを揃えたらゲーム終了となり、縦の列を揃えるボーナスと、一色のマスを全部埋めるボーナスが入って合計得点を競う。

運の要素はなく、次のプレイヤーの狙っていそうなタイルを読んで先に取ったり、逆に取りたくないタイルを残してあげたりといった駆け引きがある。それと同時に、自分がどのタイルを取っていけば得点が高くなるかを考えなければならない。

シュピール会場で、プランBゲームズと合併したエッガートシュピーレのブースで4人プレイ。さくさくプレイで30分ほど。列を揃えてタイルを送ることを優先しすぎて、縦横につながらず得点が伸び悩んだ。karokuさんが縦の列を揃えて高得点を狙える態勢を整えているうちに、横の列を揃えたふうかさんが1位。

縦横をつなげて得点を増やすことを優先しても、タイルが揃わなければ送ることができない。場に残っているタイルは何か、そのうち何がなくなりそうかを観察して、状況判断していくのが面白い。情報は完全公開であるところは好き嫌いが分かれそうだが、言語依存がなく、ルールも直感的でよい。

Azul
ゲームデザイン・M.キースリング/イラスト・P.グーラン&C.クイリアムズ
2~4人用/8歳以上/45分

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンクフリー このバナーをお使いください