シュピール'17:シュピールヴィーゼ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

インディアンサマー(Indian Summer)
デザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・A.ベークホフ
1~4人用/10歳以上/15~60分
昨年『コテージガーデン』でデビューしたベルリンのボードゲームカフェ「シュピールヴィーゼ」が、再びローゼンベルクを擁してパズルゲームを発表する。ローゼンベルクはパズルタイルを用いた作品をこのところよく作っているが、シュピールヴィーゼでは『コテージガーデン』『インディアンサマー』と今後発表する新作を併せて「パズル3部作」と呼んでいる。ホビージャパンから日本語版予定。
「インディアンサマー」とは、冬が始まる前の小春日和のこと。ニューイングランドを舞台に森を木の葉でいっぱいにするタイル配置ゲーム。プレイヤーボードに、さまざまな形の木の葉タイルを配置し、隙間はリスチップを配置して、全てのマスを埋めることを目指す。紅葉でいっぱいの森が広がる美しさが楽しめる。
木の葉タイルには穴が空いており、もともとプレイヤーボードに印刷されている木の実・キノコ・ベリー・羽根が穴から見えるように配置することで、それらのアイテムを獲得し、その特殊効果を使えるようになる。さらに穴をつなげてパターンを作ることで動物タイルを獲得でき、さらに宝物が手に入るという、二重のパズルになっている。


Boardgamegeek

ノリア(Noria)
デザイン・S.ヴァグナー、イラスト・K.フランツ、M.メンツェル
2~4人用/12歳以上/70~120分
ドイツ年間ゲーム大賞の奨励賞受賞者によるデビュー作品。発売元はペガサスシュピーレで、ホビージャパンから日本語版予定。テーマはスチームパンク。商業帝国ノリアで、空中に浮かぶ島を見つけ、資源を集め、船を買い、工場を建設する。名誉あるプロジェクトに投資し、秘密を政治家に渡して成功を収める。
「ホイールビルディング」がシステムの中心で、各プレイヤーは、3つのリングを組み合わせたアクションホイールにディスクをはめこんでアクションを構成する。ディスクは交換可能でグレードアップもでき、ゲームが進むにつれて新しいディスクを入手し、ホイールのリングを操作してアクションを組み立てるのだ。


(Brettspiel-News)

メモアール!(Memoarrr!)
イラスト・C.ボルトリーニ、イラスト・P.フォンタグニア
2~4人用/8歳以上/10~20分
発売はペガサスシュピーレから。カードをめくり、そこに描いてある動物や場所が入ったカードをめくっていく記憶ゲーム。違うカードをめくってしまったら脱落。最後に残ったプレイヤーが財宝を手に入れる。カードの位置はゲームを通して変わらないので、記憶することは増えていく。さらに上級者ルールでは絵柄によって特殊アクションが入り、よりエキサイティングになるだろう。


Boardgamegeek

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンクフリー このバナーをお使いください