ホビージャパン、冬の輸入ゲームリストを発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは今冬に発売する予定の輸入ゲームのリストを発表した。外国語版に日本語ルールが添付される。いずれも先月ドイツで開かれたエッセン・シュピールの新作。

ヘヴン&エール(Heaven & Ale)
ゲームデザイン:M.キースリング&A.シュミット、エッガートシュピーレ(ドイツ)
2~4人用、60~90分、7,000円(税別)、12月下旬発売予定。
エッセン・シュピールのスカウトアクションで6位に入った作品。プレイヤーは古い修道院の院長となり、神の御許でビール醸造所を運営する。ビール醸造の匠の技もそれを使うタイミング次第。最高のビールを作り出すためには、修道院の庭で作物を栽培し、その収穫に適切な数の修道僧を割き、樽を整えておかなくてはならない。
ゲームボードには環状のトラックがあり、これを4~5周して材料チップを集める。各プレイヤーの前には個人ボードがあり、そこにタイルを配置する。タイルは品質1~5の材料と4種類の修道僧があり、自分の個人ボードに配置したタイルを発動することができる。発動スペースはそれぞれ1回ずつしか発動できないが、修道僧を使って周囲にあるマスを発動することができるので、これを使って、配置したタイルをいろいろな方法で何度も発動させることが勝利の鍵だ。
決められた材料を一定の品質レベルまで上げるなど、さまざまな目標を達成することで勝利点が入り、その合計を競う。

ダンジョン・ラッシュ(Dungeon Rush)
ゲームデザイン:ルスタン&エリ・ホカンソン、ストロングホールド(アメリカ)
2~5人用、12分、3,600円(税別)、1月下旬発売予定。
手軽に遊べるリアルタイムのアクションダンジョン探検カードゲーム。ラウタペリト社(フィンランド)が昨秋発売した作品の英語版である。プレイヤーは冒険者となって危険の待ち受けるダンジョンに突入し、邪悪な敵を打倒し、財宝を手に入れ、経験を経て、ダンジョンの支配者とドラゴンと対決する。
各プレイヤーはキャラクターを2人受け持ち、一人は自分の前の右に、もう一人は左に配置する。そして2枚ずつダンジョンカードを同時に公開し、一斉に自分のキャラクターの戦うモンスターのカードに手を触れる(左手は右キャラ、右手は左キャラの攻撃)。
モンスターは4種類の能力値(白兵戦、射撃戦、魔法、隠密)で戦い、モンスターを倒したらモンスターのカードはアイテムや装備品として、そのキャラクターの能力を強化できる。強力なモンスターに対しては力を合わせ、そのカードの上に皆が手を置かなければ倒せないぞ!

トーレス(Torres)  
ゲームデザイン:M.キースリング&W.クラマー、フッフ(ドイツ)
2~4人用、60分、6,600円(税別)、12月中旬発売予定。
2000年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した立体ゲームが帰ってきた。アクションポイントを使って城を建設し、騎士コマを城の上に移動させて、毎ターンより多くの点数を得ることを目指す。広さと高さを兼ね備えた城に登れば得点が高い。騎士コマの数には限る中で、アクションカードにより特別な行動をうまく組み合わせてよい城を取ろう。また、せっかく築いた城をほかのプレイヤーに奪われないよう、先を読んでおかなければならない。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンクフリー このバナーをお使いください