開けてびっくり福袋!『袋の中の猫フィロー』日本語版、1月27日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

filouJ.jpgアークライトは1月27日、カードゲーム『袋の中の猫フィロー(Filou: Die Katze im Sack)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト・マウラ・カルスキー、3~5人用、8歳以上、20分、2000円(税別)。

オリジナルは2007年に2Fシュピーレ(ドイツ)から発売された作品。「袋に入った猫を買う(中身を見ない買い物で失敗する)」というドイツのことわざに基づくゲームで、かわいい子猫からどうしようもないノラ猫まで、何が入っているかわからない袋をオークションで獲得し、得点を競う。

手札からネコのカードを裏返しにして1枚ずつ並べ、全員が並べたカードをひとまとめにして、いくらで買うか値を付ける。競りから1人降りるたび、カードを1枚ずつめくり、最後に残った一人は、袋を全部開けて中身をゲットする。

袋にはいい猫が入ってるとは限りません。マイナス得点の悪い猫や、猫を追い出す犬、そして価値が0のウサギも入っているかもしれない。ほかのプレイヤーのビッドを元に、袋の中身を推測するが、高い値を付けているからといっていい猫とは限らない。自信がなく安い値を付けてほかの人に警戒させ、途中から一気に上げる手もある。

簡単なようでいて持ち金のマネージメントやブラフ返しなど、ゲーマーがニヤリとするポイントも押さえている。かわいいネコのイラストとシンプルなルールからは想像もできない展開は、フリーゼの面目躍如を感じさせる作品だ。

内容物:ゲーム・カード50枚、マウス・カード4枚、"袋の中の猫"カード1枚、マウス・コイン76枚、親マーカー1個、ルール説明書1冊(※カードサイズ110×70mm)

filouJ2.jpg

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンクフリー このバナーをお使いください