プライバシー(Privacy)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

「留年したことがありますか?」「浮気をしたことがありますか?」「通販でアダルトグッズを購入したことがありますか?」「経験人数は10人以上ですか?」......公には答えられないような質問にこっそり答えて、全体のイエスの数を予想するコミュニケーションゲーム。オリジナルのドイツ語版はシリーズ化されているが、お国柄の違いせいか、日本では絶対いないという問題も散見された。そこにこの度、ディアシュピールがローカライズしてくれたのは誠に喜ばしいことである。

問題を読んだら、全員がイエス(ピンク)かノー(黒)のコマをこっそり布袋に入れていく。どちらを入れたかは隠しておき、コマは袋の中で混ざるので誰がイエスだったかは分からない。ここがこのゲームのポイントだ。

そして袋の中にイエスのコマがいくつあるかを、紙にマークシート方式で予想する。袋からコマを出して正解発表。ピタリ賞は3点、前後賞は1点で、得点トラックを進め、先に一周した人の勝ちだ。

正解が1か、プレイヤー人数-1だった場合には、ピタリ賞のチェックは行わず、前後賞だけを入れる。誰がイエス(ノー)だったか特定されることを防ぐ配慮である(なお、最新のプライバシーシリーズ「クイッキー」ではこのルールはない。自分はノーでも、誰か1人ぐらいはイエスだろうという予想が成り立つからである)。

問題はどれもアダルトというわけではなく、マイルドな問題もあり、ファミリーで遊ぶのは難しいとしても、そこまで人を選ぶわけでもないと思う。その分「問題がぬるい」「これだったら公に答えても全く差し支えない」という意見もあった。でもそういうグループは、ずっと4番(1枚のカードには1~4番の問題が書いてあって、4番はどのカードも性的な問題になっている)を選べばいいだけのことである。

人数は5人から遊べるが、多いほどよいだろう。お互いの顔を見ながら、「1,2,3・・・」とか数えていったり、「とりあえず○○さんは当てはまるから」などといったりして、回答段階からカマをかけるのも楽しい。正解発表の後、出てきた数字についてあれこれコメントしあうのもよい。

Privacy
デザイン・R.シュタウペ、グラフィックデザイン・タンサンファブリーク
アミーゴ(2004年)―ディアシュピール(2017年)
5~12人用/18歳以上/45分

privacyja.jpg

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンクフリー このバナーをお使いください