カードが掠め取られませんように!『アブルクセン』日本語版、3月15日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

abluxxenJ.jpgアークライトは3月15日、カードゲーム『アブルクセン(Abluxxen)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.キースリング&W.クラマー、イラスト・O.フロイデンライヒ、2~5人用、10歳以上、20分、1800円(税別)。

オリジナルは2014年、ラベンスバーガー社(ドイツ)から発売された。数々の大賞作品を生んだW.クラマーとM.キースリングの作品で、オーストリアゲーム賞大賞、アラカルトカードゲーム賞1位、エッセンの羽根・模範ルール賞、国際ゲーマーズ賞でノミネート、日本ボードゲーム大賞3位など高い評価を得ている。タイトルは「Abluchsen(くすねとる)」をもじったもの。同タイトルでメビウスゲームズが輸入版を扱っている。

最初に配られる13枚の手札を全て、自分の前に出すことを目指す。同じ数字なら何枚で出してもよいが、ほかのプレイヤーから同じ枚数で数字が大きいカードが出されると、自分の出したカードはくすね取られてしまう。しかしくすねとられたら補充できるので、次にもっといいカードを出せるチャンスが広がることもある。あまり溜め込んでしまうと、ほかの人が早上がりして大失点になってしまうかもしれない。

カードの出し方にさまざまな戦術がある奥の深い作品。どう攻めるか、どう立て直すか、知恵を絞るのがヤミツキになる。

内容物:数字カード104枚、ワイルドカード5枚、手番カード1枚、ルール説明書1枚(※カードサイズ:59×92mm)

abluxxenJ2.jpg

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンクフリー このバナーをお使いください