何の星座を作ってる?『ドリームズ』日本語版、3月15日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

dreamsJ.jpgアークライトは3月15日、神々が夜空に星座を作るボードゲーム『ドリームズ(Dreams)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・O.グレゴワール、3~6人用、10歳以上、30分、4500円(税別)。

オリジナルはツォッホ出版(ドイツ)から2016年秋に発売された作品。美しいイラストの夢カード4枚がめくられ、プレイヤーは神々としてそのうち1枚「神のビジョン」を夜空に星座として星マーカーで描く。どの絵が選ばれたかは、1人以外全員が知っており、どの絵が選ばれたか知らないプレイヤー(人間)は、それが自分であることが当てられないようにする。『エセ芸術家ニューヨークへ行く』(オインクゲームズ、2011年)系統の作品だ。

プレイヤーは夜空ボード上に星マーカーをちりばめ、星座を描き出す。星を置き終わった後、神々は、絵を知らないプレイヤーが誰か、そのプレイヤーはどの絵が選ばれたかを当てるのだ。神々は人間に悟られないようにしつつ、人間をあぶりださなければならない。一方、人間は神のようにふるまって疑惑をかいくぐり、神々の技法を盗み、意図するイメージを察知しなければならない。

夢カードはA.ユング、M.コワンブラほか8人のイラストレーターが手がけた。推理とかけひきに加え、美しいイラストで盛り上がる神聖なる騙し合いのゲームだ。

レビュー
ふうかのボードゲーム日記:ドリームス
Boardgame Memo:ドリームス

内容物:天空マット1枚、得点表示板2枚、星マーカー18個、得点マーカー6個、神マーカー20個、推理発表マーカー6個、イメージ番号マーカー4個、ルール説明書1冊、夢カード72枚、人間マーカー4個(カードサイズ:80mm×120mm)

dreamsJ2.jpg

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンクフリー このバナーをお使いください