究極の選択-いい質問だ!-(That's a Question!)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

そんなこっちに決まって......ウソ~!

thatsaquestion.jpg

「ウンコ味のカレーかカレー味のウンコ、どっちを選ぶ?」など究極の選択が流行したことがある。そんな質問を自分で作って、ほかの人を悩ませてみようというチェコのゲーム。『コードネーム』のフヴァチルがデザインし、可愛いリスのイラストを付けて昨年のエッセンでリリースされた。

質問は「あなたはどちらを選びますか?」「この世からなくなったら困るもの」「最悪なものはどちらだと思いますか」の3つ。いずれも2択になっていて、そこに手札からカードを出して問題を作る。順番に出題者となり、誰かを指名し、問題を作って問いかける。

指名された人は正直に、どちらにするか密かにAかBのカードで決める。ほかのプレイヤーは、どちらを選んだか予想してAかBのカードを出し、答え合わせ。予想があっていれば予想した人の得点、外れた分だけ出題者の得点となる。つまり、できるだけ悩ましい問題を作って、正解を減らすことが出題者の腕の見せどころとなるわけだ。

ところが自分にとって常識だと思うことが、ほかの人にとって常識でないという事実を学ぶことになる。悩むだろうと思って作った質問が、回答者もほかの人も全員一致でどちらかだったとき。あるいは絶対当たると思って予想したのが(自身があれば得点が3倍になる「スーパーひとしくん」を付けてもよい)外れたとき。どうしてその回答にしたか聞けば目からウロコ。その人の見方も多少変わるかもしれない。

国産でも『マジョリティーパーティー 』や『あなたを知らないあなたの隣人』など、ほかのプレイヤーの選択を予想するコミュニケーションゲームがあるが、このゲームは選択肢のファンタジーがなかなかぶっ飛んでいて(お国柄かピンとこないものもたまにあるが)、いろいろな比べ方ができるのがクリエイティブだ。

That's a Question!
ゲームデザイン・V.フヴァチル、イラスト・S.メーディング
チェコゲームズ出版(2017年)+ホビージャパン(2018年)
3~6人用/15歳以上/30分

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンクフリー このバナーをお使いください