ザ・プロファイラー(Profiler)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

あることないこと議論して

theprofiler.jpg

6人の人物カードの中から、親のプロファイリングをもとに、1人を当てる協力ゲーム。フランスのカクテルゲームの作品である。創造力を働かせて、分かるわけもないことを皆であーだこーだ議論するのが楽しい。

写真の例は候補者が次の6人。実在の人物もいるし、想像上の人物もいる。またローカライズも行われていておなじみの人物も多い。親はこの中からランダムに、今回の当ててもらう人物を割り当てられる。

・クリストファー・コロンブス
・ブルース・リー
・初音ミク
・ボブ・マーリー
・バットマン
・孫正義

親のプロファイリングは、「クラスで一番である」が+5、「この人は誰かの結婚式にすぐ参加する」が-1だった。このように、ランダムに2つのお題が渡され、親は+5~-5の評価を行う。あとは喋ってはいけない。ほかのプレイヤーはこのプロファイリングをもとに1つずつ消去していき、正しく消去できる度に得点が入る(最後の1人が正解で5点入ることになる)。

「まずクラスでは正体を隠しているからバットマンはないんじゃね?」「正解!」「コロンブスも結婚式に参加しなさそう」「正解!」「初音ミクは学校に行ってない」「正解!」「ボブ・マーリーは結婚式に参加しそう」「正解!」......実際どうかは分からないが、イメージで答えていく。そのイメージが一致しなければ、議論が起こるわけだ。

「ブルース・リーは学校行ってないでしょう」「でもいたら強さでは一番だよね」「孫正義がクラスで一番って、勉強?」「会社のつきあいで結婚式に来るかもね」「じゃあ孫正義を消去で!」「残念!」「え、なんでー?」「孫正義は忙しすぎて結婚式に行けないと思ったんですよね」「そうか!」......これを親を交代して5ラウンド。満点25点中何点取れるかにチャレンジする。

質問と人物が合っているとは限らないし、キャラクターがかぶっている場合もあるが、その人物のニュアンスを単なるイエス・ノーではなく、10段階評価で伝えられるところが面白い。話が自然と弾んで盛り上がるコミュニケーションゲームである。

Profiler
ゲームデザイン・R.ギャロニエ/イラスト・スティボ
カクテルゲームズ(2017)+ホビージャパン(2018)
3~8人用/12歳以上/30分

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンクフリー このバナーをお使いください