2018年4月アーカイブ

ゲームマーケット2018春、5月5~6日開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

5月5日(土)と6日(日)の2日間、東京・お台場の東京ビッグサイト(西3・4ホール)にてアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018春」が開催される。両日とも10時から17時までで、20000人の参加を見込む。入場料1日1000円(カタログ付き1日2000円)、小学生以下は保護者同伴で無料、中高生は学生証提示で無料。

通算36回目を迎えるアナログゲーム専門の総合イベント。2日間開催は昨年12月のゲームマーケット2017秋以来2回目となる。ボードゲーム、TCG、TRPG、SLGなどの各ジャンルにわたって、企業から同人サークルまでが創作、輸入、中古、書籍、関連グッズが展示販売する。2017秋とほぼ同じ広さ(11,520㎡)のホールに701(2017秋比-29)団体が出展。300タイトル以上(当サイト予想)の新作が出展される。

出展ブースでは無料体験卓が多く設けられるほか、リアル謎解きゲーム、こどもゲーム、どうぶつしょうぎ、麻雀、TRPG体験、チャリティー販売が設けられ、屋上展示場には飲食コーナーも設けられており、購入だけでなく、幅広い年代が楽しいひとときを過ごすことができる。

2017秋と同様、1日目は人気作品を買い求めようとする参加者のため会場が混雑し、2日目は売り切れも出てくるが比較的空いていて体験卓などに入りやすくなると見られる。ただし1日目と2日目で出展者が大きく変わるので両日参加がお薦めだ。

ゲームマーケット公式

リキュール・ザ・ゲーム(Liqueur the GAME)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

完璧なリキュールを目指して

liqueurthegame.jpg

注文や流行に合わせて売れるリキュールを作る国産カードゲーム。ドイツゲーム喫茶B-CAFE/豚小屋がゲームマーケット2018大阪で発表した。海外ゲームの日本語版かと見紛うような美麗なアートワークに、ユーロスタイルの緻密なシステムが練り込まれた作品だ。

ウィスキー、ブランデー、ジンなどのどの蒸留酒をベースに、フルーツやはちみつなどどのフレーバーを加えるかで出来が変わる。完璧を目指せば時間がかかるが、拙速では売れるリキュールはできない。速さと正確さをどこまで両立できるかが勝敗の鍵となる。

手番には場札から1枚を取り、これまでに取っていたカードに加えてリキュールを作る。リキュールはベースカード1枚と、何枚かのフレーバーカードからなり、できあがったら出荷する。その出来の良さには4つの基準がある。

1.オーダー:ベースを取ったときに付いてくるオーダーカードの条件(深み・甘さ・香りなど)に合致していれば出荷時にボーナス得点
2.ベースとフレーバーのマッチ:ベースカードの数値と、フレーバーカードの合計が一致していれば出荷時に実績トークンを獲得
3.トレンド:ゲームの最後に、トレンドカードに合致するリキュールでボーナス得点
4.リキュールアワード:ゲームの最後に、深み・甘さ・香りが一番強いリキュールを作っていたプレイヤーにボーナス得点

この4つを全て満たすのは至難の業である上に、ほかのプレイヤーの動向にも左右される。「2のフレーバーで、深みと甘さが強くて、香りは2以下」など、厳しい条件に叶うフレーバーが場札にあるとは限らない。ボーナスを犠牲にしても早さを優先してどんどん作るか、トレンドカードなどを取りながら丁寧に仕込んでいくか悩ましい。

5人プレイで30分ほど。ベースカードがなかなか取れなかったこともあって、トレンドカードを増やして、それに叶うフレーバーを集めていくことにした。結局2つしか出荷できなかったが、いずれもトレンドカードの多くを満たしており、しかもアワードを2つも取れたことがあって圧勝。いいカードが来るかどうかは運次第のところもあるが、ほかのプレイヤーが欲しがっているカードをブロックするといったテクニカルなプレイもできる。自分の手番まで、欲しいカードがほかのプレイヤーに取られないかドキドキする。

リキュール・ザ・ゲーム
酢豚(黒田省吾)/ちゅぱみ
ドイツゲーム喫茶B-CAFE/豚小屋(2018年)
2~5人用/10歳以上/30分

第2回東京ドイツゲーム賞受賞『グラバー』5月5日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは5月5日、ゲームマーケット2018春にて、幕末の長崎を舞台にしたボードゲーム『グラバー(Glover)』を発売する。ゲームデザイン&イラスト・赤瀬よぐ、3~5人用、10歳以上、60分、4800円(税込)。

幕末の長崎で商人となって、互いに交渉しながら商品を集め、スコットランド出身の商人T.B.グラバーと様々な取り引きをするボードゲーム。2015年から2016年にわたって行われた第2回東京ドイツゲーム賞で大賞を受賞した。「歴史上の人物が織りなす展開はリズム抜群で心地よく、これはもう、全員絶賛でした(B2FGames吉田店長)」「バランス感覚、センスには驚かされるばかり(テンデイズゲームズ田中店長)」と高く評価された。

商品は自ら生産したものやグラバーの施設だけでは足りず、ほかのプレイヤーとの交渉から手に入れなければならない。しかしライバルたちが誠実であるとは限らない。商談が成立した後に公開される交渉カードによって、交渉内容を反故にされることも。しかしこれによって商人としての信頼度が上下し、グラバーとの取引に影響が出るので注意が必要だ。

デザイナーの赤瀬よぐ氏は当サイトで4コマ漫画『ボドゲde遊ぶよ!!』を連載中。まもなく発売される『グラバー』についてコメントを頂いた。赤瀬氏は自身のツイッターで紹介漫画を公開している。

グラバーは交渉メインのゲームと銘打ってますが、これは濃い心理戦や駆け引きのゲームではなく、ノリと勢いで商売をするゲームだと思っているので、気楽な感じでわいわい遊んでもらえたら嬉しいなと思っています。

海外で一度評価されて日本に入ってきたゲームと違って、こういった国産のユーロスタイルのオリジナルボードゲームを
商業ベースで開発して世に出すのは、すごくパワーを使いますね。しかしこの流れはこれからどんどん加速していくと思います。ボードゲーム後進国であった日本が海外と肩を並べる段階まで進んで日本発のボードゲームが世界で遊ばれるようになるといいなと期待していますし、『グラバー』がその一端を担えるような作品になれたらいいなとも思っています。

システマチックなドイツ・ユーロ系のボードゲームを好む愛好者にも、コミュニケーション重視のプレイを楽しみたい方にも、幅広い楽しみ方ができそうな作品。満を持しての登場だ。現在、ニューゲームズオーダーではゲームマーケット当日受取の予約受付をウェブサイトで行っている。5月5日10時から1時間、サイン会も行われる。

New Games Order:グラバー
ニューゲームズオーダー新製品「グラバー」ゲームマーケット会場受け取り予約受付フォーム

glover.jpg

静岡にボードゲームカフェ「BINGO」4月28日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

静岡駅前に28日、ボードゲームカフェ「game cafe BINGO」がオープンする。JR静岡駅徒歩5分、平日13:00~23:00、土日祝11:00~23:00、無休。

デジタル化が進み人との交流が希薄になりがちなこの今、アナログゲーム一つで人が集まり、会話と笑顔が生まれることに可能性を感じたと浅井店主。ゲームカフェとして楽しめる場所を提供し、地域に新しい遊びのスポットを創り出す事も視野に入れる。

店内は24席で遊べるボードゲームは約200種類。料金は2時間500円(終日2000円)、1ドリンクオーダー制。学生・シニア割引あり。飲み物はソフトドリンク200円、カクテル、ノンアルコールカクテル、ビールがある。食べ物の持ち込みは自由。

ボードゲームも扱う木のおもちゃ店「百町森」からは徒歩6分。

game cafe BINGO
静岡市葵区紺屋町1-10やぶ福本店ビル地下1階
[Twitter link]

オインクゲームズ、GM春に『ふくろと金貨』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オインクゲームズは、5月5~6日のゲームマーケット2018春にてコインの重さを感覚で測るブラフゲーム『ふくろと金貨』を発売する。ゲームデザイン・佐々木隼&篠原良英、アートワーク・佐々木隼、アートワーク:3~6人用、9歳以上、30分、ゲームマーケット特別価格2000円で販売される。

全員1つずつ袋をもってスタート。手番には、袋の重さだけを頼りに、自分よりたくさん金貨をもっていそうな人の袋から金貨を奪って自分の袋に入れる。ただし取りすぎを指摘されてバレたら、逆に金貨を奪われてしまう。金貨より軽いのに金貨10枚分の価値をもつ宝石を利用して、もっていないふりをしてがっぽり貯め込もう。

自分が一番たくさん金貨をもっていると思ったら袋を閉じて、奪い合いから抜け出すこともできる。しかし、あまりもっていないふりをしてさらに奪うことに成功すればリターンも大きい。表情もヒントとなり、ブラフの要素もある。

真鍮製の金属コインが67枚付属。生産の都合上、当面はイベント限定の発売になる可能性があり、次回以降この価格で販売できるかも未定だという。ゲームマーケット参加者は会場でゲットしておこう。

オインクゲームズ:新作「ふくろと金貨」ゲムマ2018春で発売! link

ボードゲームカフェ「コロコロ堂」湯島に移転

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・根津のボードゲームカフェ「コロコロ堂」は24日、ひと駅となりの湯島に移転し再オープンした。席数は2倍近くの40席となり、遊べるボードゲームも400種類とさらに充実している。

「コロコロ堂」は2015年にオープン。下町情緒で外国人観光客にも人気の「谷根千(谷中・根津・千駄木)」エリアに位置し、テレビ番組「有吉くんの正直さんぽ」などにも取り上げられている。

移転の理由は狭さ。より多くのイベントを開催したり、貸出・販売ボードゲームやドリンクメニューを充実させてお客様のニーズに応えるためという。

新店舗は地下鉄で根津から1駅の湯島駅から徒歩1分。上野広小路駅、御徒町駅からも徒歩圏内だ。秋葉原からも遠くなく、Role&Roll Stationからは中央通りを北に向かって徒歩7分で行ける。

コロコロ堂
東京都台東区上野1-9-3日向ビル1階/TEL:03-5826-8960
[Web ]  [Twitter ]

GetNavi 6月号にボードゲーム特集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今月24日発売の月刊誌『GetNavi(ゲットナビ) 6月号』に、「進化するアナゲー。」と題するボードゲーム特集が13ページにわたって掲載されている。

内容は「アナゲーフリーク犬山紙子がボードゲームカフェに潜入」(神保町・アソビCafe)、「現役住職のボードゲームジャーナリストがアナゲー人気を解説」(当サイト管理人が登場)、「知名度急上昇中!メディアで話題の作品をPICK UP!」(ドイツ年間ゲーム大賞受賞作)、「ボードゲーム専門店すごろくやの売れ筋ランキング!!」(丸田氏の解説付き)、「ワールドカップ前哨戦!?各国を代表するヒット作はこのゲーム!」(国別傑作選)、「懐かしのアナゲーが新たな仕様になって続々登場!!」(最新の人生ゲームや野球盤)の6本立て。『GetNavi』はこれまで2011年、2012年にもボードゲーム特集を行っているが、過去最大規模の内容となっている。

紹介されているボードゲームも50タイトル以上と充実しており、『ごいた』から『ハコオンナ』、『アクワイア』から『サイズ-大鎌戦役-』まで、時代・エリア・ジャンルを網羅するものとなっている。またゲームマーケット2018大阪レポートや、ボードゲームカフェの魅力など、最新のボードゲーム事情にも触れられている。

GetNaviweb:「家電大好き芸人」が激押しする家電は? GetNavi6月号は土田晃之さん、徳井義実さん、劇団ひとりさん、品川 祐さんらが熱烈プレゼン

walletJ.jpgホビージャパンは5月中旬、ロシア発のパーティーゲーム『ウォレット(Wallet)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.&M.フォール、イラスト・O.ドミトリエンコ、2~7人用、8歳以上、15~30分、2800円(税別)。

本物の財布が入ったカードゲーム。財布の中身をやり取りして、有罪にならないようにしつつ出来るだけ価値のあるものをくすねとるセットコレクションとブラフゲームで、オリジナルはライフスタイル社(ロシア)から2017年に発売された。作者は『スプラッシュ!』『ターゲット』などの作品があるフランス人デザイナー・フォール夫妻。

マフィアのボスが主催するバースデーパーティーに警察が乗り込み、ボスは自家用ヘリで逃走した。そのときに落としていった高価な財布をめぐってパーティーの参加者でゲームが始まる。ウォレットの中身はIDカード、現金、ジュエリーなど。警察の目を逃れて一番多くお金を手にするのは誰か?

カードは手札と財布の両方にある。手番にできることは、財布からカードを1枚取って手札に入れるか、手札から財布に1枚入れるか、金でIDを買うかのいずれか。各ラウンドの終了時、IDが1枚だけで、所持金が500までなら警察に怪しまれない。またIDによって集めるものや制限が変わる。そこでほかのプレイヤーのIDを推理しつつ、時間までに自分の手札の中のIDを都合よいものに整理し、イベントカードで出し抜き、そして、なるべく金目の物を懐に入れることを目指す。

警察が迫る中、本物のサイフからカードを抜きだす臨場感や、背徳感が楽しいパーティーゲームだ。

内容物 メインカード80枚、追加のIDカード5枚、特殊カード15枚、砂時計カード6枚、早見表カード7枚、勝利点トークン37個、コイン7枚、ウォレット1つほか

大阪守口にプレイスペース「クルラコーン」オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

大阪・守口に本日、ボードゲームが遊べるプレイスペース「クルラコーン」がオープンする。京阪土居駅徒歩1分、13:00~22:30(27日まで17:00~)、月曜休。

アナログゲームのもつゲーム性や作り込みや工夫の面白さ、コミュニケーションツールとしての可能性等に魅力を感じたという店長が、通勤経路にこれまでなかった遊び場所を作ろうと思ったのがきっかけ。気軽に立ち寄って、ゲームの面白さに欠かせない生きたコミュニケーションができる場所を目指す。

1階がカウンター4席と座敷6席、窓からの眺めもよい2階が座敷8席で合計18席。現在50種類のボードゲームが遊べ、これからも客層に合わせて増えていく予定だ。料金は2時間まで500円で、最大1500円。

店名はアイルランドに伝わる酒好きの妖精から。デジタルゲーム業界出身で「大酒飲みで夜通し騒ぐ無邪気なオッサン」である店長と重ね合わせた。店長がお酒を飲み尽くさないように、あえてアルコールをはじめとする飲食物の提供は行っていないという。

オープン記念価格として、5月ゴールデンウィークまでは3時間まで500円となっている。仕事帰りに軽く遊んでいくという利用の仕方もよさそうだ。

クルラコーン
大阪府守口市文園町3-7
[Twitter ]

アークライトは5月24日、2人用カードゲーム『アンドロイド:ネットランナー』用データパック『統治者の景色(Sovereign Sight)』『白ナイルを下って(Down the White Nile)』『頂の会議(Council of the Crest)』『悪魔と竜(The Devil and the Dragon)』『ナルバーレの囁き(Whispers in Nalubaale)』『カンパラの支配(Kampala Ascendent)』日本語版を発売する。2人用、14歳以上、30~60分、各1800円(税別)。

ファンタジーフライトゲームズ(アメリカ)から発売されているディストピア・サイバーパンクLCGの最新データパック。これまで8シリーズ発売されているサイクルのうち、「キタラ・サイクル(Kitara Cycle)」に属する。『統治者の景色』には1~20番、『白ナイルを下って』は21~40番、『頂の会議』は41~60番......というように、各パックには20種類のカードが3枚ずつ入っている。デッキは構築されておらず、自分で好きなものを購入して組み合わせて使う。

データパックが日本語版になるのは昨年発売された「レッドサンド・サイクル」6タイトル以来。そのほかに大型拡張セット『創造と支配』、2016年と2017年の世界選手権デッキが日本語版となっている。


東京・下高井戸に18日、ボードゲームカフェ「シュパース(SPAß)」がオープンした。京王・東急下高井戸駅徒歩3分、11:00~22:30、月曜休。

店名はドイツ語で「楽しみ」の意味。世田谷線の終着駅となっており、近隣に大学や高校も多いエリアでボードゲームを楽しんでもらうことを目指す。最大30席で、150種類のボードゲームが遊べる。全てのテーブルが伸縮式で、『アンドールの伝説』や『サイズ』など、テーブル面積が必要なボードゲームも余裕をもってプレイできる。

料金は30分300円で、終日最大2500円。1ドリンクオーダー制(学生は1ドリンクサービス)。小学生以下は保護者同伴で無料。飲食はソフトドリンク300円、アルコール500円で、スナックやアイスクリームもある。飲食物の持ち込み可。

シュパース
東京都世田谷区赤堤4-41-5あいばらビル2F/TEL:050-3692-1564
[Web ] [Twitter ]
​​b.g.cafe.spass@gmail.com

ボドゲde遊ぶよ!! phase 11-8

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

khanofkhansJ.jpgアークライトは5月17日、『カーン・オブ・カーンズ(Khan of Khans)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・I.オートール、2~5人用、9歳以上、20分、3000円(税別)。

カオシウム社(アメリカ)がキックスターターを経て2016年に発売したカードゲーム。TRPG『ルーンクエスト』や、ボードゲーム『ドラゴンパス』などの舞台となる神話世界グローランサをテーマとし、ライナー・クニツィアがデザインした。

各プレイヤーは、プラックス平原の部族長「カーン」となり、肥沃なドラゴン・パス高原へと略奪隊を送り出す。群れの大女祭が「ドラゴン・パスより、より多くの富......すなわち牝牛をもたらしたカーンを、プラックスの覇者たる"カーン・オブ・カーンズ"に任命する」と宣言したのだ。群れの暴走、敵対魔法、そして牛を盗もうとする不届きな他のカーンに目を光らせ、栄光の頂点を目指そう。

場には10箇所の狩場があり、それぞれ山札になっている。手番にはそこから1箇所を選んでカードを引くか、自分の前にあるカードの列を確保できる。確保していないカードは奪われるかもしれない。山札から何が引けるかはお楽しみ。最後に自分の前にあるカードの牛の数で勝敗を競う。各プレイヤーには特殊能力があり、カウンティングも併せて戦術を練りたい。

内容物:地域カード90枚(カードサイズ:63.5×89mm)、ダチョウ乗りトークン1枚、インパラ乗りトークン1枚、勝利者メダル1枚、囲いタイル13枚、カーン・シート10枚、周辺地図1枚、ルール説明書1冊

khanofkhansJ2.jpg

すごろくや、神保町に2号店をオープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・高円寺のボードゲーム専門店「すごろくや」は本日、神保町に2号店をオープンする。地下鉄神保町駅徒歩30秒、11:00~20:00、水曜休。

昨年の末に神保町で期間限定イベント「ミニすごろくや」を開催したのがきっかけ。地元商店街から誘致され、高円寺に開店して12周年の記念日にあわせ高円寺店よりも広いスペースでスタートすることになった。ボードゲームカフェ「アソビCafe」からは徒歩3分、輸入ボードゲームコーナーのある「書泉グランデ」からは徒歩4分、水道橋の「メビウスゲームズ」からは徒歩12分と至便なところに位置する。

オープンを記念して商品を2000円以上購入すると特製の「すごろくやアクリルキーホルダー」がプレゼントされる。なくなり次第終了。高円寺店でも毎年好例の開店記念セールを本日から3日間にわたって始める。全品10%OFFで特価品もあり。

すごろくや神保町店
東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター7階
TEL:03-6261-2122 [Web link]

dawnsshimokita2.jpg東京・下北沢の古着店「どーん!!ズ」で15日よりボードゲームが遊べるプレイスペースがオープンした。京王・小田急下北沢駅徒歩1分、13:00~19:00、不定休(Twitterで告知)。

ボードゲームカフェJELLY JELLY CAFE下北沢店の酒井りゅうのすけ氏がオープン。ボードゲームカフェではアクセスできなかった新しいボードゲームユーザーの入口として、古着を購入に来られる若い層にアピールをする場所を目指す。古着エリアの真ん中にハイテーブル置き、「本日の気まぐれ無料ボードゲーム」というコーナーを設置(写真)。古着を目当てに来店した客にもボードゲームに触れてもらってプレイスペースを紹介する。

このコーナーとは別に、プレイスペースでは約100種類のボードゲームが遊べる。利用料金は最初の30分500円で、延長30分ごとに300円、最大2000円。食べ物・飲み物の持ち込みは基本的に自由だが、コーラ、ジンジャーエールなどを各250円で提供する。

JELLY JELLY CAFE下北沢店とも連携しており、閉店近くなったらJELLY JELLY CAFE下北沢店を案内したり、逆にJELLY JELLY CAFE下北沢店が満席だった場合にサブスペースとして利用することも見込んでいる。商店街の入り口にあるため、看板としての役割も担うという。

ボードゲームカフェの広がりとともに、このように既存のボードゲームと関係のない店舗にプレイスペースを増設するケースも今後増えそうだ。

どーん!!ズ
東京都世田谷区北沢2−32−3 2F
[Web ] [Twitter ]

dawnsshimokita.jpg

ニューゲームズオーダーは4月11日、R.クニツィアのオークションゲーム『ハイソサエティ(High Society)』日本語新版を発売した。ゲームデザイン・R.クニツィア、アートワーク・ママダユースケ、3~5人用、10歳以上、30~45分、1800円(税込)。

もともとはR.クニツィアが1995年にラベンスバーガー社(ドイツ)発表したもので、同年にアラカルトカードゲーム賞3位を獲得し、『珍獣動物園』を含め何度もリメイクされてきた。ニューゲームズオーダーでは2011年、グリフォン社(アメリカ)版に基いて日本語版を製作販売してきたが、『なつのたからもの』と同様、ママダユースケ氏のアートワークに一新した。ボックスもアミーゴサイズの小箱になっている。

上流家庭のステータスシンボルとなる16枚のタイルを1枚ずつめくり、各自が手札のお金カードを用いてオークションを行う。競り落としたタイルは所有者に名声をもたらすが、ゲームを通じて両替ができないため、手札の使い方には大胆さと慎重さの両方が求められる。しかもゲームの進行を示す4枚の赤枠タイルが山札から全てめくられたら、即座にゲーム終了。そのときに所持機が最も少なかったプレイヤーは脱落となってしまう。どこでゲームが終わるか分からない中で、お金をどれくらいつぎ込むか、度胸と駆け引きが試される。

B2FGames:ハイソサエティ日本語版を、新規仕様で発売します。

ヒロ・コーポレーションは18日、「カーリング」を卓上ゲームで再現した『コンパクト カーリング(Compact Curling)』を発売した。2~8人用、9歳以上、30分、1980円(税込)。

「氷上のチェス」ともいわれ、平昌オリンピックで日本チームの活躍が話題となったカーリング。そのテーブルゲームとしては『コンパクト カーリング』(メガハウス、2006年)以来となるこの作品。ストーンが4つ付属し、シートも120cmあって実際に近くなっている。

樹脂製のシートの上にカーリングのリンクを再現。直径25mmのストーンはハンドルが施されているリアル仕様となっており、鉄球が入っていて氷上の上を滑るように移動する。「チップ」「ドロー」「フリーズ」「トリプルテイクアウト」などのテクニックにも挑戦できる。2チームでストーンを弾き出すルールや、より中心へストーンを止めるルールなど、遊び人に合わせてルールを工夫して遊ぼう。

内容物:ゲーム用シート(サイズ:約1200×約280mm)1枚、マグネットバー2本、オレンジストーン4個、ブルーストーン4個、ストーン保存袋1枚、取扱説明書1枚

ヒロ・コーポレーション:コンパクト カーリング

アークライトは5月24日、フランスの多人数チーム戦ゲーム『キャプテン・ソナー(Captain Sonar)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.フラガ&Y.レモニエ、イラスト・エルヴァン&S.トバル、2~8人用、14歳以上、20~45分、5500円(税別)。

オリジナルはマタゴー社(フランス)から2016年に発売された作品。リアルタイムゲームを得意とするR.フラガ(『ドクターエウレカ』『ドクターパニック』)のデザインで、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2017推薦リストに入った。

時は2048年。世界的をめぐる経済戦争が深刻化する中、その要因となっているレアアースを求めて、民間企業が最新型の潜水艦で探査に繰り出した。プレイヤーはこの潜水艦の乗組員となり、ほかの乗組員と協力して敵陣営の潜水艦を捕捉し、撃沈することを目指す。

大きなついたてを挟んでチームが向き合って座り、各自が役割に応じたボードと、書き込むペンをもってスタート。両チームがリアルタイムで潜水艦を進める。艦長は進路を指示し、一等航海士は設備を起動する。機関士はダメージを管理し、通信士は相手チームの艦長の指示をもとに潜水艦の位置を予測する。

艦長がゲームを先導するが、ほかの役職の情報提供も欠かせない。チーム内でいかにうまくコミュニケーションをとるかが勝利のカギとなる。チームワークがより良く、より統率の取れたチームがこの戦いを生き延びるだろう。

内容物:任務シート24枚、一等航海士用任務シート2枚、機関士用任務シート2枚、艦長用任務シート10枚、通信士用任務シート10枚、ついたて2枚、マーカーペン8本、透明シート2枚、ルール説明書1冊

captainsonarJ2.jpg

bgdguidebook.jpgスモール出版は5月14日、書籍『ボードゲーム デザイナー ガイドブック ~ボードゲーム デザイナーを目指す人への実践的なアドバイス(Leitfaden für Spielerfinder - und solche, die es werden wollen. Ein praktischer Ratgeber)』を発売する。著/トム・ヴェルネック、訳/小野卓也、四六判並製200ページ、2200円(税別)。 5月5日のゲームマーケット2018春(1日目のみ)で先行発売される。

ドイツ年間ゲーム大賞の設立メンバーのひとりであり、ドイツ・ボードゲーム界の第一人者であるボードゲームジャーナリスト・T.ヴェルネック氏によるボードゲームデザイナーのための実用的なアドバイス本。原書はドイツ語でラベンスバーガー社から出版されており、韓国語とイタリア語に翻訳され、版を重ねて最新の第7版になっている。

日本語訳は当サイトの管理人が担当している。著者と15年以上の親交があり、この書籍には以前から注目していた。スモール出版から海外のボードゲーム書籍を出版したいという打診を受けて提案したのがきっかけ。ドイツ語のルールは普段から翻訳しているが、書籍をまるごと一冊翻訳したのは初めてである。ドイツのボードゲーム事情について知らなかったことがたくさんあり、思いのほか楽しんで翻訳できた。

「ゲーム」とは何か、良いゲームとは何かという根本的なところから説き起こし、アイデアの出し方、試作品の作り方、テストプレイの仕方、権利の保護、関連法規の知識、出版社への提案の仕方、プロモーションの方法まで、著者の30年にわたる経験に基づいてトータルにサポート。ボードゲームを作ってみたいと考えている初心者から、ゲームマーケットに何度も出展しているようなベテラン、さらにはドイツのボードゲーム事情に詳しくなりたいボードゲーム愛好者まで、一読をお薦めしたい作品だ。

藤沢・湘南台に16日、プレイスペース付きボードゲームショップ「ゲームショップぶんぶん」がオープンした。小田急・相鉄湘南台駅徒歩5分、平日17:00~23:00、土日祝11:00~23:00、無休。

横浜・関内の「ゲームカフェぶんぶん」2号店としてオープン。店長には常連客出身のあとり氏が就任した。新作ボードゲームやTRPGのルールブックをはじめ、非電源ゲーム全般商品の販売を行う。販売されているボードゲームは約80種類。

プレイスペースは200種類のボードゲームが遊べ、料金は30分200円、4時間1200円。1ドリンク付き。食べ物の持ち込み可。「実際に遊んで楽しかったものを買って頂く」をコンセプトに、商品購入時割引あり。

オープンスペース20席は高い天井が特徴で、広々とした空間となっている。個室は12席と6席の2部屋があり、身内でゆっくり遊んだり、人狼など多人数ゲームを集中して遊んだりすることを想定している。

ゲームショップぶんぶん
藤沢市湘南台1-16-13小林ビル2階/TEL: 0466-52-4198
[Twitter ]

bgsbunbun.jpg

東大阪にボードゲームカフェ「1306」オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東大阪・近畿大学前通りに本日、ボードゲームカフェ「1306(いちさんまるろく)」がオープンする。近鉄長瀬駅徒歩10分、10:30~22:00、日曜休。

ポッドキャスト「新生!ミスターのミスみすなんでもやってみるラジオ 」のパーソナリティーで、近畿大学の卒業生でもあるミスターこと中村氏が時間に余裕のある大学生にもっとこの素敵な世界を知ってほしいとオープンした。落ち着く空間を目指し、1階はカフェバー16席、2階は全席ラグマットでテーブル5卓が用意され、その日の気分に合わせてくつろげる。WiFi完備。

ボードゲームの種類は現在約250種類。来週には300種類になる予定。料金は1時間500円でフリータイム1500円。ナイトタイムフリー(18:00~22:00)は1000円。ドリンクバーが料金に含まれている。ほかにコーヒー、紅茶、簡単な軽食、海外のビールを揃え、近くの店舗から出前を取ることもできる。

店名は店長がかつてサークル長を務めた大学のボードゲームサークルの名前で、遊んでいた部屋番号に由来する。グループで来店や、ゼミやサークルでコミュニケーションゲームをしながら親交を深めたり、カウンター席でゆっくり1杯飲んだりという使い方もできる。

Analog Game Café 1306
東大阪市小若江4丁目12-14
[Twitter ]

railwaysnipponJ.jpgアークライトは5月17日、『レイルウェイズ・オブ・ニッポン(Railways of Nippon)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.ワレス&林尚志&G.ドローバー、2~4人用、14歳以上、120分、6800円(税別)。

イーグルゲームズ(アメリカ)がキックスターターを経て昨年製品化したボードゲーム。同社の『レイルウェイズ・オブ・ザ・ワールド(レイルロード・タイクーン、2005年)』をコンパクト化したもので、2~6人だったプレイ人数を2~4人にし、日本マップを日本人デザイナーである林尚志氏(OKAZU Brand)が手がけた。1000人以上が12万ドル(1200万円)を出資している。

プレイヤーは鉄道会社の経営者となり、多くの利益を獲得するために自身の路線を拡大していく。都市と都市とを線路で繋ぎ、機関車をレベルアップさせ、貨物を遠くまで運んで利益をあげる。

M.ワレスの作品を特徴づける債権の発行がこのゲームのポイント。タイミングを見計らって資金投入を行えば、事業を軌道に乗せられるだろう。しかし発行のしすぎは事業拡大の障害となるかもしれない。

日本マップは世界版より狭く、また収益も厳しく設定されているためよりシビアな経営が求められる。林氏のこだわりで、明治初頭の鉄道関係の有名人が史実の活躍に合わせて設定された偉人カードなど、独自のカードにも注目だ。

内容物:ゲームボード1枚、ルールブック1冊、収入/得点表1枚、機関車カード16枚、鉄道事業カード42枚、偉人カード10枚、早見表カード4枚、線路タイル164枚、新都市タイル16枚、貨物袋1枚、空き都市マーカー15個、プラスチック製機関車コマ100個(4色、各25個)、木製貨物キューブ125個(5色、各25個)、ゲーム用紙幣一束(額面3種類)、債権54枚(額面3種類)(※カードサイズ63×89mm)

railwaysnipponJ2.jpg

横浜関内のゲームカフェ「ぶんぶん」を訪問

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

交流会のお誘いを頂き、横浜・関内のゲームカフェぶんぶんを訪問した。関内駅はベイスターズの本拠地である横浜スタジアムの最寄り駅で、ユニフォームを着たファンを横目に南口から1分。ビルの2階がカフェになっている。

bunbun1.jpg
ゆったりとした広い店内。全自動麻雀卓やマッサージチェアもある

bunbun2.jpg
「重ゲー」コーナー。ボードゲームカフェにしては珍しく、重量級ゲームがよく立つ

bunbun4.jpg
重ゲー会、デザイナー会、ペット持込みのアニマル会、クイズ会、TRPG会など、毎日いろいろなイベントが行われている

bunbun5.jpg
ドリンクバーの下には公式キャラクター「ぶんぶん」ちゃんと、名物・三崎港直送のマグロ丼のデザイン

物議を醸した「ほらボド!」のぶんぶん会(リンク link)でもmomiさんが苦戦していたが、経営体制は結構ややこしい。税理士事務所、経営コンサルティングなどいくつかに分社化されているBUNグループの中に「BUNアミューズメント有限会社」があり、そこにゲームカフェぶんぶん関内南口店、経営を引き継いだ「とけいまわり」と「Gamez白楽」、今度オープンするゲームカフェぶんぶん湘南台店が属している。実は横浜の4つのボードゲームカフェを束ねる一大グループなのだ。イメージキャラクターの「ぶんぶん」ちゃんは、子どものためのお金の教室のために何年も前に作られた。

税理士でもあるBUNグループの代表・松村文子氏、経営コンサルタントでもあるゲームカフェぶんぶんのオーナー・岩渕靖弘氏をはじめ、スタッフはもともとボードゲーム愛好者だったわけではなく、「何か楽しいこと」(松村氏)を始めたくてたまたまボードゲームカフェを見学したのが開店のきっかけだったという。経営コンサルタントの観点からボードゲームカフェは「面白いビジネスモデル」であると岩渕氏はいう。

bunbun6.jpg
「総帥」松村文子氏と店内統括のまさや氏

ボードゲームにあまり力を入れすぎず、まず料理を充実させた。三崎港直送のマグロ丼(1000円)、カルボナーラ、日替わりメニューなど、松村氏のご令嬢で調理師資格をもつ「ゆり」さん(「ぶんぶん」ちゃんの考案者でもある)が料理を担当。クイズやTRPGにも力を入れているところがほかのボードゲームカフェにない特徴である。ここに集まった人たちがきっかけで早押しゲーム機の開発も進められている。

「思いつくものは全部やってみよう」という方針で、たまたま来店していた林尚志(OKAZU Brand)氏とコラボで『セイルトゥインディア』を再版。ゲームマーケットで発売し、その後店内や卸売も始める。次は『ひも電』で、その次にはオリジナルゲームの発売も計画しているという。TRPGのアンソロジーも製作し、大阪のゲームマーケットではボードゲームとTRPG別々のブースで出展した。また「よち工房」というブランドを立ち上げ、『ごい牌』『天九牌』も頒布している。

ゲームカフェは半日いても料金は1000円で、来客は1日平均60~70人ほどだというから、利益はまだ小さい。店舗を増やし、多方面に展開することで事業拡大を目指している。

bunbun3.jpg
「NoisyGals」さやか店長とゆりさん。

とはいえ店内は経営のことなど感じさせないアットホームな雰囲気である。それはNoisyGalsこと店長のさやかさんとゆりさんによるところが大きい。momiさんもたじたじのお2人、「ぶんぶん放送局」で動画を生配信している。

ゲームカフェぶんぶん
〒231-0031 神奈川県横浜市中区万代町1-2-3 座間不動産ビル2F
Tel:045-228-8254 / Twitter link / Web link
平日・土日祝:11:00~23:00/不定休

VRガイスター『The Outer Foxes』4月26日配信

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

南国ソフトは4月26日、ネットカフェのVRサービス「バーチャルゲート」にて、A.ランドルフの『ガイスター』をVRでプレイする『The Outer Foxes』を配信する。先行して4月21日(12~18時)、イエローサブマリン池袋RPGショップにて体験会が行われ、サービスを提供するネットカフェでプレイできるようになる。

2人で向かい合った盤面には8人ずつ妖精が並んでおり、頭の上に、青いマークがある良い妖精が4人、赤いマークがある悪い妖精が4人いる。自分の番には縦か横に自分の妖精を移動させ、相手の青い妖精を4人全て倒すか、自分の赤い妖精を4人全て倒させるか、相手側の左右の角マスから青い妖精を1人でも盤外に脱出させることを目指す。

瞳孔の動きを捉えて画面上に目線が表示され、それをもとに取られたいコマ、取られたくないコマが予想できるようになっているところはVRならでは。視線の可視化は、アナログではできない新しい要素だ。

なお製品化にあたっては『ガイスター』権利者からのライセンスを得ているという。

The Outer Foxes公式サイト

cosaicは5月11日、正体隠匿サバイバルボードゲーム『シャドウレイダーズ』を発売する。ゲームデザイン・池田康隆、アートワーク・磨伸映一郎、4~8人用、13歳以上、60分、2800円(税別)。5月5~6日のゲームマーケット2018東京にて先行発売される。

ゲームリパブリックから2005年に発売された『シャドウハンターズ』のリメイク。『シャドウハンターズ』はその後6カ国でローカライズされ、フランス年間ゲーム大賞(2010年)にノミネートされている。長らく絶版となっていたが、リメイクにあたって小箱に変わり、リーズナブルな値段で入手できるようになる。

霧の都を舞台に、闇から生まれた「シャドウ」、シャドウ討伐の任を受けた「レイダー」、その戦いに巻き込まれた市民「シチズン」の三陣営に分かれ、お互いの正体を探りながら、各自に与えられた目標を達成することを目指す。

プレイヤーはいずれかの勢力のキャラクターを担当するが、ゲーム開始時、自分の正体は自分にしか分からない。ダイスを振って移動し、カードを引いて誰かに質問したり攻撃力を上げたりしていく。「シャドウ」陣営は「レイダー」陣営を、「レイダー」陣営は「シャドウ」陣営を全滅させれば勝つが、無差別攻撃をしたり一番最初に死んだら勝ったりする「シチズン」がゲームの展開を見えなくする。

自分の仲間を見つけライバルを倒すことができるか。あるいは孤独に自分の目標に向かって突き進むか。各プレイヤー固有の特殊能力やアイテムカードが盛りだくさんで、ゲーム毎に違った展開が楽しめる。

pgdb評価コメントリスト:シャドウハンターズ

日テレ「ヒルナンデス!」でボードゲーム

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

日本テレビ系列で本日昼に放送された『ヒルナンデス!』にて、ボードゲームカフェ「上野上さま」と『ボブジテン』などが取り上げられた。

「東京ど真ん中裏道さんぽ」というコーナーで、つるの剛士、ハリセンボン、岡田結実の各氏が東京ドームから上野駅まで歩く途中に「上野上さま」に立ち寄った。

マンションの2階にあった店内には500種類のボードゲームがあるといい、『カタン』や『心臓発作にならないための10の方法』を紹介した後、『ボブジテン』と『デュプリク』を実際に遊んだ。

『ヒルナンデス!』でボードゲームを取り上げるのは2016年に「JELLY JELLY CAFE渋谷店」と『フォトパーティー』などが取り上げられて以来。

日本テレビ:ヒルナンデス!

『カードライン:恐竜編』日本語版、5月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cardline_dinosaurJ.jpgホビージャパンは5月中旬、動物雑学カードゲームの第二弾『カードライン:恐竜編(Cardline: Dinosaurs)』日本語版を発売する。2~8人用、7歳以上、15分、2200円(税別)。

恐竜のいろいろな特性を順番に並べるゲーム。好評発売中の歴史雑学カードゲーム『タイムライン』の姉妹編としてアスモデ社(フランス)からシリーズ化されている作品で、オリジナルは2014年に発売された。

全110枚のカードそれぞれにはさまざまな恐竜と、その動物の大きさ、重さが記されている。このカードをその時のルールで決めた大きさか重さの順に正しく並べていくのが目的。

場札の右か左に、手札の1枚を出す。出したカードをめくって、置いたとおりに前のカードより特性が多い/少なかったらOKで、違っていたらカードを捨てて1枚引かなければならない。だんだん狭くなってくる領域に、うまくはめこむことはできるか。「ディプロドクスは、明らかにティラノサウルスよりは重そうなんだけど、ブラキオサウルスと比べたらどうだろう? 僕は、その3体よりもステゴザウルスの方が軽いと思うんだけど、ケナガマンモスと比べたらどうだろう?」などと悩むことになる。

遊び方は簡単で、楽しみながら恐竜の知識も身につく、子供から大人までエキサイティングにプレイできるカードゲームだ。2014年に発売された『カードライン:動物編』と組み合わせて遊ぶこともできる。

プフェファークーヘル2018に『アズール』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年度の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が7日、ドイツのボードゲーム情報サイトにて報告された。

「プフェファークーヘル」は、イースターの休日を利用して約400名の参加者がホテルに集まり、1週間ボードゲームを遊ぶイベント。参加者は気に入ったゲームを3つまで挙げ、これに上から3,2,1点として集計している。このランキングで上位だったゲームが秋に発表されるドイツゲーム賞に入りやすく、予備投票に近いものとして注目される。

今年の一番人気は『アズール』。昨年秋の発売以来、高く評価されているタイルコレクションゲームで、日本語版も2月に発売されたが品薄となっている。2位はノルウェーの戦略ダイスゲーム『サンタマリア』、3位はドイツの戦略ダイスゲーム『バイオスフィア』。

10位以下は次の通り。今年もこの中の多くがドイツゲーム賞に入賞すると考えられ、また現在選考が行われているドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞へのノミネートも期待される。

【プフェファークーヘル2018】
1位:アズール(Azul/プランBゲームズ)160点
2位:サンタマリア(Santa Maria/アポルタ)89点
3位:バイオスフィア(Biosphere/DDD出版)88点
4位:ガンジスの藩王(Rajas of the Ganges/フォイヤーラント)85点
5位:クヴェードリンブルクのやぶ医者(Die Quacksalber von Quedlinburg/シュミット)76点
6位:ザ・マインド(The Mind/NSV)65点
7位:アルティプラーノ(Altiplano/dlpゲームズ)65点
8位:ウッドランド(Woodlands/ラベンスバーガー)39点
9位:レース・トゥ・ニューファンドランド(Race to the New Foundland/ハンス・イム・グリュック)37点
10位:イスタンブール:ダイスゲーム(Istanbul - Das Würfelspiel/ペガサスシュピーレ)35点

Brettspielbox:Pfefferkuchel - Oberhof 2018

hightideJ.jpgアークライトは5月10日、浜辺の陣取りゲーム『ビーチリゾート・パラダイス(High Tide)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ヘン、イラスト・D.ローハウゼン、3~6人用、8歳以上、25分、4800円(税別)。

オリジナルは2016年、クイーンゲームズ(ドイツ)から発売された。『アルハンブラの宮殿』でドイツ年間ゲーム大賞を受賞したD.ヘンの最新作だ。

プレイヤーは陸(おか)サーファーとなって、できるだけ他のよりも海に近く、眺めの良い場所になるよう、浜辺に自分のデッキチェアを置く。しかし、時おり高い波が押し寄せるため、海に近すぎる場所に陣取ってしまったら、波に飲み込まれてしまう。自慢の髪型が台無しにならないよう気を付けて、眺めの良い場所を確保して、冷たいビールを飲もう。ベストスポットを独占するのは誰か?

手番には袋からサイコロを取り出して振り、その色の列で自分のデッキチェアを出目の分だけ波打ち際へと進める。全員の手番が終わったら、使わなかったダイスの色の列に波が押し寄せる。これを繰り返して、6ラウンドか誰かのデッキチェアが波に飲まれたらゲーム終了。その時点で無事だったデッキチェアのうち、波に近いほど高得点が得られる。

「チキンレース」の要素を手軽に楽しめるゲームで、4種類の拡張ルールが入っており、組み合わせて難易度を変えられる。これからの季節に、自宅で陸サーファーを決めよう。

内容物:ゲーム盤1枚、波タイル12枚、デッキチェア貸出タイル1枚、亀タイル1枚、勝利点マーカー6枚、ビーチパラソル6本、タオル6枚、デッキチェア36個、ダイス18個、布袋1枚、ルール説明書1冊、コイン48枚、サメタイル7枚、警報タイル6枚、サーファータイル6枚、監視員タイル9枚

hightideJ2.jpg

ボドゲde遊ぶよ!! phase 11-7

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

京都・河原町三条に4月6日、ボードゲームカフェ「Brespi(ブレスピ)」がオープンした。地下鉄京都市役所前駅徒歩3分、13:00~22:00、水曜休。

ゲームマーケット2018大阪のカタログに広告を掲載。ドイツ語の「Brettspiel(盤ゲーム)」から取った店名で、世界のボードゲーム約120種類を楽しめる(持ち込みも可)。『カタン』のヘックスをあしらった壁に、広いテーブルと、長く座っても疲れない椅子28席と、内装にもこだわったお店だ。

料金は30分250円、平日最大1500円、土日祝最大2000円。ワンドリンク制。ドリンクはコーヒー、紅茶、クラフトビールなどで、スナックもある。

京都のボードゲームカフェ/バー/プレイスペースはこれで7軒目となる。

brespi.jpg

Brespi
京都市中京区恵比須町434-2プチトール884 3F
[Web ]

landertoppenJ.jpgアークライトは5月10日、世界の国々のデータを比べ合うカードゲーム『世界でイチバンの国(Länder toppen!)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.ユーネマン、イラスト・、2~6人用、8歳以上、30~45分、2200円(税別)。

オリジナルはドライハーゼン社(ドイツ)から2016年に発売された作品。5ヶ国語の多言語版で発売され、スマッシュヒットとなっている。

世界各国のデータで国土面積、最高地点、平均気温、人口、平均寿命、平均GDPのトップを比べるゲーム。カードには1枚1枚別の国がデータ付きで書かれており、配られたカードを裏向きで5つのジャンルの最高か最低に振り分ける。例えばロシアは国土面積最高のところ、日本は平均寿命最高のところへ。

全員がカードを置き終わったら、ジャンルごとにめくって、誰のカードが最高(最低)だったかを比べる。そのプレイヤーは全員のカードを総取り。ゲームの最後に大陸ごとに最も多くカードを置いた人に得点が入る。

カードには地図や国旗のデータも記されており、地理の勉強にもなる。日本より平均寿命が長い国、赤道近くなのに意外に涼しい国、予想を覆す未知の小国など、新しい発見が待っているだろう。

内容物:国カード120枚、ワイルドカード8枚、プレイシート6枚、ルール説明書1冊

landertoppenJ2.jpg

落語家とボードゲーム、4月15日東京・東陽町

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

4月15日、江東区文化センター(地下鉄東陽町駅徒歩3分)にて、落語家と一緒にテーブルゲームを遊ぶ会「らくゲー」が開かれる。出演・三遊亭楽天、14:30~18:30、2000円。

圓楽一門でゲーム好きの二つ目、三遊亭楽天氏の落語を1時間楽しんだ後、一緒に3時間ボードゲームをプレイする。初心者からベテランまで歓迎で、どんなボードゲームが遊べるかだけでなく、どんな落語が聴けるも楽しみだ。

定員は40名で、残り15名ほどとのこと。問合せ、予約は三遊亭楽天事務所(電話/FAX・03-6884-6632、メールinfo.rakuten3@gmail.com)まで。

三遊亭楽天のブログ:2018年4月15日(日) らくゲー ~落語家と一緒にテーブルゲーム(カードゲーム、TRPG等)を遊ぶ会~

ジーピー、4月の輸入ゲームリストを発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ジーピーは今月発売予定の輸入ボードゲームリストを発表した。いずれも外国語版で日本語ルールが添付される。今回はフッフ社(ドイツ)とカタンの拡張セット。

フライングキウイ(Flying Kiwis)
ゲームデザイン・F.ベーベンロート&M.トイブナー、2~4人用、6歳以上、10分、3600円。
飛べない鳥キウイを、発射台を使って飛ばすアクションゲーム。各自10枚のディスクを、カタパルトを使って4✕4に仕切られたボックスに入れる。自分の色のディスクが2✕2か縦横一列に揃ったら勝利。急いで飛ばし切るか、慎重に狙うかはあなた次第だ。2015年発売。

ヤギのベッポ(Beppo der Bock)
ゲームデザイン・A.ドレッシャー&P.シャッカート&K.ツォッホ、2~4人用、6歳以上、15分、4200円。
2007年ドイツ年間キッズゲーム大賞受賞作。ボードの中央でお昼寝しているベッポくんを起こさないようにゴールを目指す。ベッポくんはパチンコ玉でいたずらされると目を覚まし、ものすごい勢いで吹っ飛んでくる。ベッポくんにぶつかったコマは振り出しへ。強力磁石と鉄球を使ったギミックの作品だ。

崖の下のドラゴンナイト(Die kleinen Drachenritter)
ゲームデザイン・M.トイブナー、2~4人用、6歳以上、10分、4200円。
2012年ドイツ年間キッズゲーム大賞ノミネート作品。カラーダイスで指示されたアイテムを立体の壁に積み上げて、騎士のニルスくんをドラゴンの巣まで送り届け、お宝を取り戻すバランスゲーム。落石の出目が出ると、反対側から見ないでコマを落とし、せっかく崩されたアイテムが崩されてしまうこともある。

ガムガムマシーン(Gum Gum Machine)
ゲームデザイン・S.ドラ&R.ツァ・リンデ、2~4人用、8歳以上、30分、5500円。
謎の物質「ガムガム」製造機でカラフルな「ガムガム」を作るゲーム。どのスイッチを入れたかによって、ボード上の製造ラインが異なり、できあがる「ガムガム」の色も変わる。少しずつ変わっていく製造ラインで、どのスイッチでどの「ガムガム」ができるか、記憶しておかなければならない。2015年発売。

ノックス(Nox)
ゲームデザイン・S.ブリュックナー、2~6人用、8歳以上、20分、1500円。
手札からカードを自分か他人の前にプレイして、得点を競うカードゲーム。手番には新たな山札を作るか、すでにある山札の上に重ねておく。同じ数字の山札ができたら合体しなければならない。こうして誰かの前に6つの山札ができるか、全員の手札がなくなったらラウンド終了で、自分の前にある各山札の一番上の数が特典になる、ただし3色揃っていなければ0点。これを繰り返して目標点に達した人が勝つ。2012年発売。

アンク(Ankh)
ゲームデザイン・D.グリガー、2~5人用、8歳以上、30分、1500円。
アンクとは、よみがえり。ミイラになったプレイヤーは、新たな人生に転生することを目指し、女王ファラオへの贈り物を集めよう。手札からミイラカードを自分の前にプレイして、得点の高いパターンを作るカードゲーム。得点パターンはパピルスカードに指示されており、何枚カードを出した時点で得点計算をするか、その際にどの色のミイラが何点になるかが指示されている。このパピルスカードも手札に入っており、上書きされると得点パターンも変わる。規定点に達した人が勝つ。2016年発売。

ブードゥーマニア(Voodoo Mania)
ゲームデザイン・M.N.アンデルセン、2~6人用、7歳以上、20分、1500円。
ブードゥーの呪いで消えてしまった要素と色は何だろうか。自分のカードからそれを素早く探します。最初にカードを使い切った人がブードゥーマニアだ。スピードが勝負の同時プレイパターン認識ゲーム。カードには5つのアイテムが5色でさまざまなパターンに描かれており、いずれかひとつが欠けている。中央の場札のカードを見て、そのカードにないアイテム・色が描かれたカードか、同じパターンのアイテム・色が欠けているカードを手札から探して出す。2013年発売。

プンギ(Pungi)
ゲームデザイン・K.クレオウスキ、3~5人用、8歳以上、20分、1500円。
プンギとはヘビ使いの笛のこと。笛を使って最も価値が高いヘビを誘惑する。場にヘビカードが並べられ、それを見て順番に、手札からヘビのエサカードを裏向きにプレイする。ヘビのエサカードは裏面に種類だけ描かれており、単独で最多の種類があれば、そのカードを出した人たちが出したカードを表にして数字の大きい順にヘビカードを取る。単独がなければ全体で数字の大きい順。ヘビカードには得点になるものと失点になるものがあり、ヘビ使いカードによって失点になるカードを得点にできるが、失点になるカードがないと特典になるカードが失点になってしまう。それを踏まえて、どのカードを狙うかが考えよう。2017年発売。

カタン フレネミーズ(Catan Scenarios: Frenemies)
ゲームデザイン・K.トイバー&B.トイバー、3~4人用、12歳以上、60分、1000円。プレイするためには『カタン』基本セットが必要。
油田に続く『カタン』拡張シナリオ第2弾。フレネミーズとは、「味方のふりをした敵(friend+enemy)」という意味の造語で、遅れているプレイヤーに資源を譲り、 仲間を妨害している盗賊を追い払う。他のプレイヤーが喜ぶ行動をするとさまざまな恩恵が得られるのだ。2012年発売。

沖縄・豊見城に3日、ボードゲームカフェ「りゅうき」がオープンした。ゆいレール奥武山公園駅から車で7分、平日16:00~24:00、土日14:00~24:00、水曜休。

那覇空港からでも車で15分ほどのところにオープンしたボードゲームカフェ。沖縄のボードゲームカフェ・プレイスペースはこれで5軒目となる。

カウンターと座卓合計18席で80種類のボードゲームが遊べる。料金はチャージ700円とドリンク料金。食事はとなりのピザ屋さんからデリバリーできる。

りゅうき
豊見城市豊見城763-1 地下1階
[Twitter link]

アンケート:自宅か自宅外か

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Q128:自宅と自宅外、どちらで遊ぶほうが多い?

A.自宅のほうが多い 54票(40%)
B.自宅外のほうが多い 55票(41%)
C.半々ぐらい 26票(19%)

ゲームサークル以外にもボードゲームカフェが増えている今、自宅で遊んでいる人と自宅外で遊んでいる人とどちらが多いのか尋ねました。その結果はほぼ半々。自宅で家族や友達と遊ぶ人と、自宅外でゲーム仲間と遊ぶ人が同じくらいでした。

また、1人の中で半々ぐらいというバランスタイプも2割ほどいらっしゃいます。このほうがいろいろなボードゲームが遊べるのかもしれません。「月2回ほど自分で運営しているボードゲーム会と、友人のボードゲーム会や自宅会等に月1,2回行く感じですね。家ではたまに夫婦でラミィキューブやトランプ等を遊んでいます。(オルターさん)」

4月のアンケートは、オープンボードゲームサークルです。オープン=誰でも参加できるボードゲームサークルに、どれくらい参加していますか? 場所は公民館でも、ボードゲームカフェ内でも問いませんが、会の名称のもとで定期的に開かれていることを条件とします。最も近いものをお答え下さい。

ゲームマーケット大阪2018レポート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

4月1日(日)、桜の花が満開の下、大阪市住之江区にある国際展示場「インテックス大阪」にて「ゲームマーケット2018大阪」が開かれた。神戸での2年を経て会場を大阪に戻した今回、参加者は前回神戸の4700名から大幅に伸ばして6000名(事務局発表)となった。

開催前はツイッターでそれほど話題の作品が挙がらなかったにも関わらず、会場前はいつもの長い待機列。10時の開場時にはたくさんの人がどっと入場した。クラウドファンディングで話題を集めた『GANGSTER PARADISE Requiem(カイシンゲームズ)』、『Liqueur the GAME(ドイツゲーム喫茶B-CAFE/豚小屋)』の行列が特に長かったようだ。

gm2018o1.jpg

オインクゲームズは新作『ゾーゲン』を発表。デザイナーは『サメ警報』などで知られるA.ヴレーデとC.カンツラー(ドイツ)。今年2月のニュルンベルク国際玩具メッセでオインクゲームズのブースにアイデアを持ち込み、スピード製品化されたという。タイトルは日本語の「増減」からだが、ドイツ語風でもある。『海底探険』のTシャツも販売。

gm2018o2.jpg

『ゾーゲン』は、自分の手札を中央にどんどん出していっていち早く3枚まで減らすことを目指すスピード勝負のパターン認識ゲーム。前に出されたカードよりも、1パターン多いか少ないカードを、そのパターンの名前を言いながら出さなければならない。間違っていると思ったら「ゾーゲン!」といって確認し、それまで出した手札を戻さなければならない。誰も「ゾーゲン!」と言わなければそのまま続行するところがポイントで、みんな自分の手札に必死なので結構いい加減でも通る。判断力の鋭い人だけが勝つとは限らない。

gm2018o5.jpg

少ないカード枚数から想像もつかない駆け引きが楽しめるミニマルな推理ゲーム『トリックと怪人』(BrainBrainGames)は、もともと日英の多言語版ではあるが、韓国のボードゲームカフェが興味を示して韓国語版も製作されていた。人数別バリアント集を無料配布。

gm2018o6.jpg

「往き征きて されど険しき ボドゲ道 続く我が路 那由多の果てまで」という名句を体に書きつけたミープルコスプレが登場。しかし会場が混みすぎて歩き回ることができず、出入り口で皆を見送っていた。開いて顔ハメができるようになっている。

gm2018o4.jpg

午後3時からはフランスのボードゲームデザイナー、B.フェデュッティ氏が登場。カナイセイジ氏(カナイ製作所)、林尚志氏(OKAZU Brand)と対談を行った。司会は健部伸明氏、通訳はヤニック・ドゥプラド氏。カナイ氏から「よいゲームとは何か」と聞かれて「タイミングである」と答え、『あやつり人形』が最近発売されていたらこれほどまでに売れなかっただろうとフェデュッティ氏は答えた。

gm2018o3.jpg

今回目立ったのは、ボードゲームアクセサリの数々である。D列はそのようなサークルが集められており、さまざまな創造的なアイデアのアクセサリーが頒布された。Cygnusさんのダイスタワーやカードスタンド。

gm2018o7.jpg

尼崎の中古ボードゲームショップ「シャッツィ」の高橋夫妻が運営する「MeepRing!!」からはミープル模様のファイバークロス。ボードゲーマーはメガネ率が高いので需要も高そう。

gm2018o8.jpg

「駒の時間(とき)」はアグリコラのコマをあしらったネックレス。ほかにも前回のゲームマーケット東京に出展していた「たかみぃぷる」のミープルボタン、「ハコノソト」のダレカラダイス、「ノスゲム」のトートバッグなど、クオリティーの高いものがたくさん出展されていた。

gm2018o9.jpg

関西といえばこの人、北条投了先生(芸無工房)の新作は『平成終了のお知らせ』。漢字を組み合わせて新しい元号を作るゲームだが、それぞれの漢字がこれまでの元号でどれくらい使われてきたかというデータもあってネタを大事にするネタゲーとなっている。

gm2018o10.jpg

「OKAZU Brand」の最新作「メトロックス」も発表。カードをめくって指示された数だけ地下鉄路線の駅に○をつけて完成させていくゲームで、書き込み型としては『Rolling Japan』以来。「連続した駅しか○をつけられない」というルールと「路線が途中で交差する」という地下鉄の事情が見事なジレンマを生んでいる。4月1日から「大阪メトロ」になる大阪市営地下鉄と、東京メトロの両方が入っており、地下鉄の勉強にもなる。

gm2018o15.jpg

もうひとつの試遊は初出展となる地元大阪のサークル「Beginners」のトリックテイク『Tribes』。メイフォローで強い順に全員が出したカードから1枚を選んで取り、そのカードで資源を手に入れ、その資源の組み合わせで勝利点を得るという3段構えの作品。ほしい資源を手に入れるために必要なカードを出しても、ほかの人に取られてしまうかもしれず、テクニカルなプレイが要求される。

gm2018o14.jpg

関西のソーシャルゲーム会社「Rezest」は自社Webゲームをボードゲーム化し、『JOLLYROGER 〜大海の覇権〜』というタイトルで発売。デジタルゲームの会社の参入も近年の新しい動きである。

gm2018o11.jpg

関西といえば「Boardgame Lab!DDT」のちむ店長のコスプレも名物となっている。

gm2018o12.jpg

最後にriver gamesの『魔法陣のルール【仮】』のプロモコスプレ。「【仮】」も本題であるという。

gm2018o13.jpg

以上、写真で徒然にレポートしてみたが、会場が大きくなり、参加者が増えたとはいえ、東京に比べれば規模が小さく、その分余裕をもって楽しむことができた。東京では新作のチェックに時間を取られてこうはいかない。前日の「アダルトボードゲームフェス」に参加された方、ネットでしかお会いしたことがなかった方、しばらくぶりに会った方ともお話できてのんびりできたのが良かった。また来年もお会いしましょう!

『ゲームマスタリーマガジン』第3号発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

書苑新社は30日、グループSNEのアナログゲーム誌『ゲームマスタリーマガジンVol.3』を発売する。B5版163ページ、1800円(税別)。

TRPGとボードゲームの両方を扱う専門誌。ボードゲームではグループSNE発の新作ボードゲーム『ヘルヴィレッジ』『CVポケット』『テストプレイなんてしてないよ』『ブラックストーリーズ』『脱出:ザ・ゲーム』『シャドウレイダーズ』紹介のほか、傑作ボードゲーム攻略講座として杉本=ヨハネ氏の『アグリコラで農場人生を体験しよう』が掲載されている。

ボードゲームコミックは磨伸映一郎氏の『アナゲ超特急』、冬城あおい氏の『めいことボドゲ』が連載。R.ダヴィオー氏(『狂気山脈』)の『コボルドのゲームデザイン』翻訳連載もある。グループSNE代表の安田均氏の海外最新情報コラムは「原作ものとストーリーゲーム」。

付録には『ブラックストーリーズ』『テストプレイなんてしてないよ』『モンデビES』『デモンワーカー』の追加カードが入っている。

リンクフリー このバナーをお使いください