『カードライン:恐竜編』日本語版、5月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cardline_dinosaurJ.jpgホビージャパンは5月中旬、動物雑学カードゲームの第二弾『カードライン:恐竜編(Cardline: Dinosaurs)』日本語版を発売する。2~8人用、7歳以上、15分、2200円(税別)。

恐竜のいろいろな特性を順番に並べるゲーム。好評発売中の歴史雑学カードゲーム『タイムライン』の姉妹編としてアスモデ社(フランス)からシリーズ化されている作品で、オリジナルは2014年に発売された。

全110枚のカードそれぞれにはさまざまな恐竜と、その動物の大きさ、重さが記されている。このカードをその時のルールで決めた大きさか重さの順に正しく並べていくのが目的。

場札の右か左に、手札の1枚を出す。出したカードをめくって、置いたとおりに前のカードより特性が多い/少なかったらOKで、違っていたらカードを捨てて1枚引かなければならない。だんだん狭くなってくる領域に、うまくはめこむことはできるか。「ディプロドクスは、明らかにティラノサウルスよりは重そうなんだけど、ブラキオサウルスと比べたらどうだろう? 僕は、その3体よりもステゴザウルスの方が軽いと思うんだけど、ケナガマンモスと比べたらどうだろう?」などと悩むことになる。

遊び方は簡単で、楽しみながら恐竜の知識も身につく、子供から大人までエキサイティングにプレイできるカードゲームだ。2014年に発売された『カードライン:動物編』と組み合わせて遊ぶこともできる。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンクフリー このバナーをお使いください