クニツィア『カーン・オブ・カーンズ』日本語版、5月17日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

khanofkhansJ.jpgアークライトは5月17日、『カーン・オブ・カーンズ(Khan of Khans)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・I.オートール、2~5人用、9歳以上、20分、3000円(税別)。

カオシウム社(アメリカ)がキックスターターを経て2016年に発売したカードゲーム。TRPG『ルーンクエスト』や、ボードゲーム『ドラゴンパス』などの舞台となる神話世界グローランサをテーマとし、ライナー・クニツィアがデザインした。

各プレイヤーは、プラックス平原の部族長「カーン」となり、肥沃なドラゴン・パス高原へと略奪隊を送り出す。群れの大女祭が「ドラゴン・パスより、より多くの富......すなわち牝牛をもたらしたカーンを、プラックスの覇者たる"カーン・オブ・カーンズ"に任命する」と宣言したのだ。群れの暴走、敵対魔法、そして牛を盗もうとする不届きな他のカーンに目を光らせ、栄光の頂点を目指そう。

場には10箇所の狩場があり、それぞれ山札になっている。手番にはそこから1箇所を選んでカードを引くか、自分の前にあるカードの列を確保できる。確保していないカードは奪われるかもしれない。山札から何が引けるかはお楽しみ。最後に自分の前にあるカードの牛の数で勝敗を競う。各プレイヤーには特殊能力があり、カウンティングも併せて戦術を練りたい。

内容物:地域カード90枚(カードサイズ:63.5×89mm)、ダチョウ乗りトークン1枚、インパラ乗りトークン1枚、勝利者メダル1枚、囲いタイル13枚、カーン・シート10枚、周辺地図1枚、ルール説明書1冊

khanofkhansJ2.jpg

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンクフリー このバナーをお使いください