独年間大賞をカラフルにリメイク『マンハッタン』日本語版、7月5日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

manhattannJ.jpgアークライトは7月5日、高層ビル建築ゲーム『マンハッタン(Manhattan)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ザイファルト、イラスト・J.デイヴィス、2~4人用、8歳以上、30分、4200円(税別)。

オリジナルはハンス・イム・グリュック社(ドイツ)が1994年に発売した作品。ドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、ロングセラーとなっており、輸入版がメビウスゲームズで扱われていた。今回の日本語版は、マンドゥーゲームズ(韓国)がリデザインしたもので、ビルのパーツがカラフルな透明になっているほか、追加プロモカードが10枚入っている。

世界6大都市で、高層ビルの建設を競う。手番にはカードをプレイして、その位置に自分の色のビルのパーツを配置。階数のマジョリティーで一番上にパーツを置いているプレイヤーがビルのオーナーとなる。ラウンドが終わるたびに世界一高いビル、各都市ごとに所有するビルが一番多いプレイヤー、各ビルで得点が入り、3ラウンドの合計を競う。

シンプルなルールながらインタラクションが強く、誰のビルを乗っ取るかをめぐってさまざまなプレイスタイルが楽しめる作品だ。

内容物:ゲーム盤1枚、建物ブロック96個、プレイヤーボード4枚、得点マーカー4個、親マーカー1個、ルール説明書1冊、建設カード45枚(※カードサイズ:45mm×70mm)

manhattannJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください