大きくなって敵を食べる『パックンギョ!』日本語版、8月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

LittleBigFishJ.jpgアークライトは8月9日、『パックンギョ!(Little Big Fish)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ペレズ&I.ポロウチャイン、イラスト・D.コルボック、2人用、8歳以上、15分、2900円(税別)。

ザ・フライングゲームズ(フランス)が2017年に発売した作品。大中小の魚を移動させ、相手の魚を先に5匹食べることを目指す。魚たちは自身より小さい魚しか食べることができないため、海に漂うプランクトンを食べて大きくなってから、相手の魚に接近する。しかし大きくなると沈没船の間を通ることができず、遠回りをしなくてはいけません。さらに海には危険はつきもので、漁師に釣り上げられてしまったり、突然渦巻が発生して相手の魚との距離が変わってしまうこともある。

手番には、自分の魚1匹を2マス動かすか、2匹を1マスずつ動かす。プランクトンのいるマスに入ればサイズが大きくなり、産卵のマスに入れば新たな魚を投入できる。「?」のマスはタイルを引いてみてのお楽しみ。アブストラクト色の強いゲームだが、モジュラーボードで展開も毎回異なるようになっている。弱肉強食の世界で困難を乗り越え、成長しながら相手の魚をパックンと食べてしまおう。

内容物:ゲームボード4枚、さかなコマ24個、プランクトンマーカー8個、びっくりトークン8個、ルール説明書1冊

LittleBigFishJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください