ミープルたちの曲芸バランスゲーム『ミープルサーカス』日本語版、10月4日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

meeplecirkusJ.jpgアークライトは10月4日、『ミープルサーカス(Meeple Circus)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.ミレー、イラスト・A.コスタマグナ&M.ルイッセンヌ&S.トバル、2~5人用、8歳以上、45分、5000円(税別)。

オリジナルはマタゴー社(フランス)が昨年リリースした作品。『カルカソンヌ』からすっかりおなじみとなった人型コマ「ミープル」を積み重ねて、机の上に大サーカスを広げる。

中央から各自順番に、木製コマの動物や曲芸師を取ったらスタート。専用アプリで音楽を流し、制限時間内の全員同時プレイで、「観客の期待」で指示された得点ができるだけ多くなるようにコマを積み重ねる。難易度が高いものほど得点が高いが、そればかり狙っていると途中で崩れてしまうことも。

さらにボーナスのあるコマが登場し、作業中に行うアクションが指示されるなど、手先の器用さと集中力だけではない盛り上がりが期待できるゲームだ。トマトとご褒美のミニ拡張セットも付いている。

内容物:ゲーム盤(拍手メーター)1枚、個人用の円形ステージ5枚、得点手段タイル3枚、測定ボード1枚、観客の期待カード32枚、演目タイル38枚、コマ獲得タイル18枚、曲芸師ミープル32個、スーパースター・ミープル10個、サポートコマ32個、得点マーカー5個、親マーカー1個、早上がりトークン2個、シールシート1枚、(トマト&ご褒美ミニ拡張)演目タイル道化師1枚、トマト・トークン25個、ご褒美トークン5個

meeplecirkusJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください