「ボードゲームグランプリ」最優秀賞に『バードウォッチング』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム情報サイト「ボドゲーマ」と東中野のプレイスペース「ディアシュピール」が、不動産・住宅情報サービスの「LIFULL HOME'S」の協賛により開催した「ボードゲームグランプリ」の結果が13日に発表された。最優秀賞には月並いおり氏の『バードウォッチング』が選ばれ、賞金20万円が贈られ、商品化が進められる。

第1回目となるボードゲームコンテストのテーマは協賛社にちなんで「住むこと」で、213作品が応募。8月に発表された一次審査通過作品の中から、最優秀賞1タイトル、優秀賞1タイトル、佳作5タイトルが選ばれた。

最優秀賞に選ばれた『バードウォッチング』は、ウォッチングカードで指定された鳥が自分の視点から見えるように折った建物カードを置いていき、全員で協力して街を作り上げるゲーム。作者は創作ゲームサークル「吉々庵」の月並いおり氏で、『上洛―joraku』『チネチッタ1937』などの作品がある。

優秀賞には『ぽんぽこ不動産』(かくまラボ)。3階建てのアパートに個性豊かな動物を相性を考えて住まわせるゲーム。佳作には『サイコロホーム』(ある)、『住まイイネ!』(キナメリショー&あかおだいすけ)、『ようこそ僕らの村に』(砂漠のキタキツネ)、『ホイザー』(かとうかなれ)、『理想のペヤ探し』(ドラ)が選ばれた。

『バードウォッチング』の商品化進捗状況は適宜ウェブサイトで発表される予定。また作者のツイートによると、11月に行われるゲームマーケットに出展されるということなので、サンプルを見ることができそうだ。

ボードゲームグランプリ:最優秀賞 優秀賞 佳作 全7作品発表!

リンクフリー このバナーをお使いください