オバケの沼地で宝探し『おいてけオバケ』日本語版、10月18日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ghostsofthemoorJ.jpgアークライトは10月18日、『おいてけオバケ(Ghosts of the Moor)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.キースリング&W.クラマー、イラスト・S.ハートマン、2~5人用、10歳以上、30分、2400円(税別)。

沼地のオバケに気を付けて、探検家コマを進めて宝物を集めるゲーム。『ティカル』『トーレス』でドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、『ペッパー』『アブルクセン』『炭鉱讃歌』と精力的に傑作を作り続けているドイツ人ゲームデザイナーコンビの新作で、オリジナルはTMG社(アメリカ)から今秋発売される。

手番には自分の探検家コマを進め、移動する前のマスにタイルがあってほかのプレイヤーがいなければ、そのタイルを取らなければならない。タイルは宝だとよいが、オバケの場合もある。またタイルのないマスだったら、手持ちの木の橋をかければ渡れるが、木の橋がなければ宝を落としてしまう。

全員が沼地から脱出したら集めた宝のセットと、着順の得点から、途中で拾ってしまったオバケの失点を引いて、得点の高いプレイヤーが勝つ。すごろくのように簡単に遊べてしっかり頭も使うお手軽ボードゲームだ。

内容物:ゲーム盤1枚、道タイル38枚、探検家コマ25個、ダイス1個
、ゴールタイル5枚、ルール説明書1枚

ghostsofthemoorJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください