クマの動物園を作ろう!『クマ牧場』日本語版、11月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

barenparkJ.jpgホビージャパンは11月下旬、クマの動物園を作るタイル配置ゲーム『クマ牧場(Bärenpark)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ウォーカー=ハーディング、イラスト・K.フランツ、2~4人用、8歳以上、30~45分、4000円(税別)。

P.ウォーカーハーディング(オーストラリア)がデザインし、ルックアウトシュピーレ社(ドイツ)が発売。今年のオーストリアゲーム賞を受賞した(TGiWニュース link)。

新しいクマ牧場ができ、その計画を担当する。ゴビグマ、シロクマ(ホッキョクグマ)、パンダ、コアラを適切に飼育するためには、狭いオリではなく、大きな運動場と広い厩舎も必要。しかし狭い用地にこれらを揃えるのは容易ではない。かぎられた土地を無駄なく活用して、価値の高いクマたちを飼育し、栄誉あるクマの像を設置しよう。

各プレイヤーはクマ牧場のプレイヤーボードに、さまざまなかたちの飼養場、厩舎、緑地タイルを組み合わせて並べる。厩舎と飼養場、それと完成した区画が得点になり、建設は早ければ早いほど高い。パズルチックで、時間も多くかからず、大人同士でもファミリーでも遊べるゲームだ。

内容物:用地ボード16枚、緑地タイル52枚、飼養場タイル12枚、厩舎タイル28枚、クマの像チップ16枚、契約タイル30枚、ストックボード1枚、ルールシートほか

リンクフリー このバナーをお使いください