『チケット・トゥ・ライド:北欧の国々』日本語版、11月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは11月上旬、鉄道旅行ゲームのシリーズ作品『チケット・トゥ・ライド:北欧の国々(Ticket to Ride: Nordic Countries)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.R.ムーン、イラスト・C.ドージン&J.デルヴァル、2~3人用、8歳以上、30~60分、6000円(税別)。拡張セットではなく、単独でプレイ可能。

オリジナルは2007年に発売された。スタンドアローンの『チケット・トゥ・ライド』シリーズとしてはドイツ年間ゲーム大賞を受賞したアメリカ(2004年)、ヨーロッパ(2005年)、メルクリン(2006年)に続いて4作目の作品である。

コペンハーゲン、オスロ、ヘルシンキ、ストックホルムなどの北欧の大都市をめぐる鉄道の旅が始まる。ラウマ鉄道に乗って、ノルウェーの美しいフィヨルドや、壮大な山の景色を楽しもう。バルト海に面したあわただしいスウェーデンの港、かつてバイキングたちが歩いたデンマークの地域、北極圏内の白夜の地域が待っている。

プレイヤーはいろいろな種類の列車カードを集め、トンネルを抜けたり、フェリーに乗船したりして、北欧の国々を巡る。2人または3人プレイ専用にデザインされているのが特徴で、家族からゲーム愛好家まで楽しく遊ぶことができる。

内容物:ゲームボード(スカンジナビアの鉄道マップ)1枚、列車コマ120個、 列車カード110枚、行き先チケットカード46枚、ボーナスカード1枚、木製スコアマーカー3個ほか

リンクフリー このバナーをお使いください