『老師敬服』キックスターター成功

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

国産同人ゲーム『老師敬服』の一般発売にあたって、ホビージャパンが行っていたキックスタータープロジェクトが17日に終了し、574名から目標額の2倍以上となる220万円の出資を受けて成功した。

『老師敬服』は道場主たちが弟子をとって鍛えていくゲーム。HOY GAMESがゲームマーケット2016秋に発表した。弟子カードにアクションタイルを割り当て、順番に実行するが、自分が選んでいないアクションでも「敬服」することで便乗できる。

ゲームマーケットの新作評価アンケートで6位に入り、ホビージャパンがアートワークを一新して一般発売を企画。国内だけでなく、海外展開の一環として日英独仏の他言語版を制作し、キックスターターで出資者を募集していた。

キックスターター版では、予定されていた全てのストレッチゴールをクリアし、コンポーネントが追加されたり豪華になったりしている。5月に発送予定。国内でもこれに合わせて一般発売される見込み。

キックスターターでのボードゲームの製品化は盛んになっており、個人だけでなく企業も参入して昨年1年間で総額1億3777万ドル(150億円)が出資されている。ホビージャパンが国産ボードゲームの製作でクラウドファンディングを利用するのは初めて。

Kickstarter: Master of Respect : Kung-Fu Dojo Management Game | 老師敬服

リンクフリー このバナーをお使いください