カルカソンヌ日本選手権2018、藤本巌郎氏が優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年で8回目となるカルカソンヌ日本選手権(主催・メビウスゲームズ、実行委員会)が8月18日(土)、すみだ産業会館にて開催された。のべ700名(昨年比+40)が参加した51回(昨年比+4)にわたる全国各予選の成績優秀者とシード選手あわせて73名が参加し、藤本巌郎氏が初優勝した。

ルールは世界選手権と同じ2人対戦。予選6ゲームの成績で上位8名が準々決勝に進出し、うち4名が準決勝、そして2名が決勝へと勝ち進む方式。藤本氏は、3度目の優勝を目指した望月隆史氏を準決勝で破った北村諭史氏と決勝で対戦。激戦を制した。

優勝した藤本氏は日本代表として10月にドイツ・エッセンで行われる第13回カルカソンヌ世界選手権に参加する。歴代日本代表と、世界選手権における成績は小向真之介氏(準優勝)、村田大輔氏(5位)、岩村響氏(25位)、望月隆史氏(優勝、準優勝、11位)、根岸丈氏(18位)、月形祐輔氏(7位)。

当日はそのほか、メビウスゲームズが『ジャンボカルカソンヌ』を制作した新潟県上越市の降旗太地氏を招き、チームで参加者がミープルになって対戦を繰り広げた。

リンクフリー このバナーをお使いください