爆発に気をつけて薬作り『クアックサルバー』日本語版、9月20日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

quacksalberJ.jpgアークライトは9月20日、今年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞した魔法の薬作りゲーム『クアックサルバー-クアドリンブルクの治療師たち-(Die Quacksalber von Quedlinburg)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ、イラスト・D.ローハウゼン、2~4人用、10歳以上、45分、5500円(税別)。

オリジナルはシュミットシュピーレ(ドイツ)から今春発売され、先月発表されたドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞した作品。袋から材料を引いて鍋に入れ、爆発しないように注意して最高の薬を調合する。

プレイヤーはこの界隈で有名な魔法医師や治療師たちとなり、材料を集めて独自の特効薬を作る。自分の薬袋から薬効のある「材料チップ」を1枚ずつ引き、そこで薬を作るのをやめるか、さらに材料を投入するか決める。投入することを決めたプレイヤーは、さらにチップを薬袋から引く。しかし、特定の材料を鍋に入れすぎてしまったプレイヤーの薬は爆発してしまう。

手遅れになる前に材料投入をやめたほうがいいのはもちろんだが、早く止めすぎると利き目の薄い薬になり、得られるボーナスも勝利点も少なくなる。どこまで引けるか、度胸を試すチキンレースが繰り広げられる。

また、ゲーム中に新しい薬剤を購入して自分の薬袋を作っていく「バッグ・ビルディング」の要素もある。それぞれの薬剤には特殊効果があり、強力なコンボを発生させよう。薬剤の特殊効果はゲームごとに変えることができ、新しい展開が待っている。

内容物:鍋ボード4枚、薬ビントークン4個、薬袋4枚、雫トークン8個、干しネズミトークン4個、得点/ラウンド表1枚、得点マーカー4個、炎トークン1個、幸運カード24枚、ルビー20個、薬剤解説タイル12枚、材料チップ219枚、0/50マーカー4個、ボーナス得点ダイス1個、薬剤解説一覧1冊、ルール説明書1冊

quacksalberJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください