ドイツゲーム本

| コメント(0) | はてなブックマーク - ドイツゲーム本 

(今年ではなく)昨年のゲームマーケットでグランペールの山上さんから持ちかけられたドイツゲームレビュー本の原稿をようやく書き終えた。1年半もかかったのか〜。

128ページで年間ゲーム大賞、キッズゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルトカードゲーム賞を全て網羅している。シャーロックホームズのゲームブックやマジック:ザ・ギャザリングから、大聖堂、ズーロレットまで66タイトル。おまけとしてクラマーからシャハトまで6人のデザイナー紹介が入る。白黒だけど写真満載。

TGWのレポートをもとにして加筆修正していったのだが、紙媒体となるとルールを確認したり字数を揃えたりと結構時間がかかる。特に90年代後半のDSP(チグリスやタージマハル)がまとめるのにたいへんだった。新幹線の中、ノートパソコンで仕上げたこともある。

総文字数は約10万字に及ぶ。『トイプラス』が合計7万字、『ボードゲーム天国』への寄稿が5.5万字だったから、過去最大級の執筆量だ。これ博論にならないかな(ウソウソ)。

後から読み返すと、文体にそのときに読んでいた本の影響が出ていて、論文調のこともあればフレンドリーになったりと同じ人物が書いたように思えない。前のほうはすっかり忘れていて、校正しながら読んでいて唸らせられたり、いまさら買ってみたくなったり。

タイトルは『ドイツゲームでしょう!』になる見込み。発売は11月のTGFが一応の目標。どれくらい売れるか分からないけれども乞うご期待。

コメントする

カレンダー