インストは1人に任せること

| コメント(0) | はてなブックマーク - インストは1人に任せること 
そのグループで初プレイならば、前もって誰が説明するか決めておかないといけない。説明する人を1人だけにしておかないと、カオスになってしまうよ。
ドイツ年間ゲーム大賞:ボードゲーム準備のコツ

ボードゲームを遊ぶとき、私はルール説明の側に回ることが多いが、ときどき説明を受けることもある。そのときに嫌なのが、2,3人が同時に説明してくること。上記のようにカオスになるだけでなく、寄ってたかって説教されているような気分になる。学生時代、某宗教団体の部室で延々と取り囲まれたのを思い出す。

逆に自分がルールを知っているゲームでほかの人がルールを説明しているとき、誤解を招きそうだとか、言葉足らずだと思うこともあるが、明らかに間違いだったり、インストする人がヘルプを求めてきたりするのでもない限り、口を押さえて我慢することにしている。ルール理解の面でも、また心情的な面でも、余計な混乱を避けるためだ。言いたいことがあったら、全部終わってから補足する。

どんなに丁寧な口調でも、ルール説明は「教える」という行為であり、無知を正すという枠組みを免れない。したがって教える側としては、無知に恥を与えるようなことがあってはならない。ルール説明が終わったら、あくまでも対等なプレイヤー同士でゲームが始められるようにしたい。

そういう観点では、言わずもがなのルールや、戦略のヒントなども、聞かれない限り教えないほうがよいかもしれない。聞くほうも、説明する人が自分の人格を尊重していることを認識して、甘えずに聞きたい。説明が一段落する前に質問するのも考え物だ(それはこれから説明しますって)。もちろん、それは経験によって自ずと異なるものではあるが。

コメントする

カレンダー