ボードゲームの邦題

| コメント(2) | はてなブックマーク - ボードゲームの邦題 

クラシック音楽、洋画、外国小説など、ジャンルによってやり方は自ずと変わると思うが、ボードゲームの邦題は、どれくらいがしっくりくるのだろうか。

1.意訳…操り人形、銀河大戦争、楽しい動物園
2.直訳…城の守り、オイそれはオレの魚だぜ!、乗車券
3.音訳…レース・フォー・ザ・ギャラクシー、ストーンエイジ、チケット・トゥ・ライド、パレロワイヤル

まず意訳は訳者のセンスが問われる。野暮ったくなく、覚えやすく、ほかのゲームと混同しないもの。糸井重里氏くらいじゃないと無理なのではないだろうか。

次に直訳であるが、全部日本語だと野暮ったさが否めない。カタンの開拓者とか、マチュピチュの王子というように、半分カタカナならまだいいが、それはカタカナ部分が固有名詞だからであって、「キャッスルの守り」なんかにしても変わらない。

ちなみに直訳調の野暮ったい邦題がずいぶん出回っているのは、TGWの新作情報に責任の一端があるかもしれない。私にはそういうセンスがないので、申し訳ない次第である。

そして音訳だが、どうしても字数がかさんでしまうのと、英語と固有名詞以外は意味が分からず暗号みたいになってしまうのが難だ。ドイツでの発売名にはイタリア語のタイトルが多いが(特にセレクタ社)、そのままで何となくでも通じる確率は日本人の場合かなり低いだろう。

ではどういう邦題ならよいのか。まず、文学作品などですでに邦訳が出ているものはそれに逆らわないほうがよいだろう。とりあえず、タイトルをそのままググってみるとよい。著作権の関係でそのまま使えないこともあるかもしれないが、混乱は避けたい(大地の柱→大聖堂、小さなオバケ→小さいおばけ)。

次に外国のゲームを完全日本語化しないで遊ぶわけだから、カタカナが入ったほうがよさそうだ。オール漢字&ひらがなというのは、上記の場合を除き、よほど気が利いていない限り今ひとつピンと来ない。
1.固有名詞の入っているゲームはそのまま入れる(ル・アーブル)
2.さほど長くない英語ならば音訳する(ドミニオン)
3.日本語でもカタカナで表記してみる(サメ警報)
4.ドイツ語でも、一旦英語に直してカタカナにする(リバーフィーバー)

そしてカタカナによって長くなるのを防ぐ方法だが、冠詞や複数形を省略するのはアリだろう(ゴーストストーリーズ→ゴーストストーリー)。日本語としてしっくりくる順番や読み方に変えるという手もある(スルー・ジ・エイジ→スルー・ザ・エイジ)。レース・フォー・ザ・ギャラクシーはギャラクシーレースでもよいと思うがどうだろうか。

というわけで来年、クラマーが発売する予定のゲームのラインナップを試訳。

シングルアイ、ジュニアニムト、クソったれコンパクト、大慌てワードクイズ、ザ・トレーダー ……センスないなぁ。

コメント(2)

小説や映画のタイトルには著作権がありません。
 「人間失格」でも「風と共に去りぬ」でも「七人の侍」でもOKなのです。著作権的には如何様に流用盗用しようとも問題ないのですが、それを商標登録という違った角度で、権利を主張保護している場合があります。(丸Rというやつですね)
 その範囲は、同種の商品に限定されていることが多いのですが、アナログゲームとデジタルでの区別はないんじゃないでしょうか(詳しく判りませんが)ですから、「ドラゴンクエスト」はNGということになるんでしょうね。

ああ、それなら小説や映画をもとにしたゲームの邦題はそのまま使っていいわけですか。でも映画(やテレビ番組)はいろいろ権利関係の関門があるみたいですね。『ロード・オブ・ザ・リング』の映画カードゲームが入らなかったのは残念でした。いいゲームだったのに。
デジタルゲームのボードゲーム版というと、中身が相当似通ってくるでしょうから、メーカー主導で作るのを待つしかないのでしょう。
でも、ロングセラーの小説でなければ、折角ライセンスをとっても旬を過ぎた頃に出したら売れないのです。

コメントする

カレンダー