勝つのは誰?(Who Would Win?)

| コメント(0) | はてなブックマーク - 勝つのは誰?(Who Would Win?) 

口からでまかせで30秒

ランダムに決められた対戦相手・対戦内容でディベートするコミュニケーションゲーム。アークライトで輸入しているが、少量のため店頭のみの取り扱いだという。見るからにしょぼい箱だったのに、開けてみればこれが大盛り上がり。

自分が受け持つキャラクターと、対戦内容のカードを引いたら、砂時計を返してスタート。制限時間内に、自分のキャラクターがその対戦でいかに優れているかを主張する。砂時計が切れたら相手の主張タイム。さらに先攻に5秒だけ反論の時間が与えられて判定となる。審判は、この2人以外の全員。勝ったほうはポイントが与えられ、対戦相手を変えて次のディベートを始める。

スパイダーマンVS子役の俳優、綱引き。先攻のふうかさんはスパイダーマンの力強さを強調するも、後攻の侍さんは「全米が泣いた」の一言で勝利。次は白雪姫VSサンタクロース、剣で戦う(写真)。白雪姫は毒リンゴから生き返ったばかりで口から血を流しており、サンタクロースは怖くて近づけないと主張したが、サンタクロースは袋から次々と剣を出すという侍さんと引き分け。

私とふうかさんは、フランケンシュタインVSゴジラ、水泳。フランケンシュタインは水泳選手のパーツをそろえているので早いと主張したが、腐っていると反論されて負け。

主張しているほうは割と必死なので、実は聞いているほうが楽しい。正当な理由でも、苦しい理由でも、口からでまかせで突拍子もない話が出てくるのがおかしかった。アメリカのゲームなので、分からない
キャラクターも一部あるが、それはそれでチャレンジングである。

Who Would Win?
J.スィアデック/ゴリラゲームズ(2009年)
3人以上/13歳以上/15分

コメントする

カレンダー