サーカスパレード(Zirkusparade)

| コメント(0) | はてなブックマーク - サーカスパレード(Zirkusparade) 

パレードは揃えて長〜く

カードをめくってサーカスのパレードをつくる記憶ゲーム。記憶だけではなく、集めるカードを切り替えるタイミングの判断も問われる。

場にはピエロや猛獣使いや動物たちのカードが裏になっている。自分の番になったら、カードを1枚めくって、取るか戻すかを選ぶ。取ることにしたらさらにめくってもよいが、戻したらそこで手番終了。取ったカードは取った順に並べられ、場札がなくなったときに一番長い人の勝ち。

カードは6種類あり、どれから集め始めてもよいし、好きなところで別の種類に切り替えてもよい。ただし、前に集めていた種類に戻ることはもうできない。このルールが秀逸で、どこまで集めてどこで切り替えるかに悩むことになる。

長いパレードを作るには、同じ種類をできるだけ集めて、もうほとんどないという状態になってから次の種類に着手したい。でも、狙ったカードをめくることができずに戻してばかりいると、ほかの人にどんどんヒントを与えてしまい、後で集めるべきカードが取られてしまう。かといって、2枚くらいしか集めないで次々と種類を変えると、そのうちどのカードも取れなくなってしまう。ほかの人が集めているもの、これから集めるものをよく見て、めくったカードの状況と照らしあわせながら判断しなければならない。

Psy+さんと私が同じようなカードを競り合っているうちに、ぽちょむきんすたーさんがクマさんをほぼ独占し、その長さで勝利。私は最後まで集めないでおいたゾウさんを最後に独占して最下位を逃れた。

神経衰弱のように、前にめくられたカードの内容を覚えておくことは大切だが、そこに臨機応変な判断が求められるのが面白い。記憶系のゲームは体力を消耗するので苦手だが、これなら楽しめる。

Zirkusparade
D.エルハルト/カクテルゲームズ(2006年)
2〜4人用/6歳以上/15分

コメントする

カレンダー