既婚ボードゲーム愛好者

| コメント(1) | はてなブックマーク - 既婚ボードゲーム愛好者 

読売新聞のフォーラム「発言小町」に、奥さんからボードゲームという趣味を理解してもらえない男性の書き込みがあった。

私は月1ペースで友人と集まり、日中ボードゲームを遊んだ後で、それを肴に宴会をするのを楽しみにしているのですが、いまいち妻の受けがよくありません。妻いわく「麻雀ならともかく、大の大人が集まってただゲームする状況が理解できない」とのことです。

相当レスがついているが、男性女性問わずほとんど賛意ばかりである。もっとも、ボードゲーム愛好者が書き込んでいるようなので、一般的に理解してもらえるかはこれだけで分からないだろう。

知り合いの既婚ボードゲーム愛好者では、奥さんもボードゲームを好きだという人は珍しく、たいていは不興を買っているか、よくて(悪くて?)無関心といったところだ。結婚を機に、ボードゲームから遠ざかるという人もいる(そして子供をダシにして少しずつ復活する)。

その原因は、ボードゲームという趣味がマイナーということよりも、疎外感(自宅なのに奥さんにかまわないで仲間と盛り上がっている)や荷物の多さ(ボードゲームは本当にかさばる)によることが多いようだ。

反対の立場で考えてみよう。休日に、奥さんの友達がやってきて延々おしゃべりで盛り上がっている。おしゃべりに入ろうとしても、話題にまるで付いていけないのですごすごと退散。笑い声が聞こえてくるのをよそに、自室でネットをしたり、子供の世話をしたり。それが夜中まで続くとしたら、耐えられるだろうか。

また、奥さんが通販に凝っていて洋服やらバッグやらどんどん品物が届く。収納スペースはもういっぱいなのに、またダンボールが届いた。おいおい、前に買ったのもろくに使ってないじゃないか。どれか処分してから買えよ……なんてことを言いたくならないだろうか(おしゃべりとか洋服とかバッグとか、ステレオタイプですみません)。

自分の不快を直接表明すれば角が立つ。そんなとき、趣味がマイナーであるとか、オタクくさいとか、仕事の役に立たないとかいうことが格好の攻撃材料になる。「大の大人が集まってただゲームする状況が理解できない」という奥さんの発言の裏には、そんな感情があるような気がしてならない。

まとめ:
1.自宅ゲーム会もほどほどに。近所の公民館を借りるという手もある。
2.奥さんの趣味にも協力を。趣味は寝ることや食べることくらいしかないという人には、精一杯の自由時間を。
3.ゲームに買いすぎには気をつけよう。

私の場合、自宅ゲーム会は月1〜2回程度で、前日や前の週に家族みんなでお出かけしてガス抜き(ゲーム会のためにお出かけをしているわけではないけれど)。ゲーム棚は5つで、入りきらなかった分は放出する約束。とはいえたまに、妻と遊ぶこともある(この頃はワードゲームばかり)。

読売新聞発言小町:趣味がボードゲームって…

コメント(1)

私は結婚したのは3年前,ボードゲームと出会ったのはそれよりも半年後の2年
半前です。
以来ボードゲームは私の一番の趣味になりましたが,妻も一緒に楽しんでいます

自宅ゲーム会は月に2回のペースで開催していますが,メンバーのほとんどは妻
の職場の同僚です。妻が同僚に声をかけて連れてきてくれました。
毎回休日の昼過ぎ(14時頃)に始めて,解散は深夜(2時頃)なので,約12
時間も楽しんでいます。途中で妻は全員分の夕食も作ってくれます。
テーブルゲームをテーマにした私のブログも,部分的に妻が担当しています。

今回の記事を読んで,私は幸せ者だなと感じました。
ですが,「奥さんにボードゲームという趣味を理解してもらえないという」方も
,奥さんと一緒にボードゲームで遊んでみてはどうでしょうか。
私も,最初は妻と遊ぶことから始めました。
妻はボードゲームには全く興味をもっていませんでしたが,すぐにその面白さを
実感できたようです。
ボードゲームのもつ魅力は,老若男女を問わず伝わるはずです。
毎年クリスマスには妻にボードゲームをプレゼントしていますが,喜んでもらえ
ています。
ぜひ,奥さんともボードゲームで遊んで面白さを実感してもらい,自宅ゲーム会
のメンバーに加えてみてはいかがでしょうか。

ただ,今回の記事の「まとめ・3」に書かれていたことには同感です。
最初はゲーム棚1つで収まっていたボードゲームが,溢れに溢れて一部屋の半分
を占拠しつつあります。
さすがにこれには妻もよい顔をしていません。
よく吟味して購入することと,整理整頓を心がけたいと思います。

コメントする

カレンダー