世界の七不思議(7 Wonders)

| コメント(0) | はてなブックマーク - 世界の七不思議(7 Wonders) 

七不思議、同時進行中

3つの時代にわたって、自分が受け持つワンダーを発展させるフランスのゲーム。2010年のエッセン国際ゲーム祭でひときわ注目を浴びている。作者は『ゴーストストーリー』のボーザ。7人まで遊ぶことができ、何人で遊んでも30分くらいしかかからないというスピーディなゲーム展開がウリだ。

七不思議から、各自1つのワンダーを受け持つ。第一時代のカードとお金が全員に配られ、その中から1枚を選んで自分のワンダーに置く。全員が置いたら、残りのカードをそれぞれ隣の人へ。また1枚選び、残りを隣の人へ……というようにして、1枚ずつカードを置いていく。カードを置くのは全員同時なので、待ち時間がほとんどない。

カードには資源や軍事力や勝利点などがあり、新しいカードを出すために資源やお金、別の建物が必要だったりして、コンボを作りやすくなっている。また、ワンダーによって、資源が手に入りやすいものや、軍事力が強いものがなど能力が異なり、その方向でカードのコンボを考えていくと面白い。

しかし、隣の人はどんなコンボができそうか分かっているので、絶好のカードはそうそう回ってこない。隣の人に渡したくないカードは、捨て札にして換金もできる。しかし、自分も出したいカードがあるとき、相手を伸ばさないか自分を伸ばすか、選択が悩ましい。

最後に残った1枚を捨てて第一ラウンド終了。ここで両隣の人とだけ、軍事力を比較して、勝っていれば勝利点チップがもらえ、負ければマイナス点のチップを受け取る。両隣だけなので、時間はかからない。

同じように第二時代、第三時代を行う。時代が後になるほど、効果が大きく、出す条件が厳しいカードが増えてよりダイナミックになる。前の時代でしっかり準備して、高いカードを狙いたい。

最後に勝利点を計算して多い人が勝ち。たくさんの要素があるのでひと目では点数が計算しにくいのと、中にはほかプレイヤーの状況によって勝利点が変動するカードがあるのとで、勝敗は最後まで分からない。

神尾さんが、隣りの人のワンダーでボーナスを得るカードなどで大量得点し1位。私は行き当たりばったりで方向性のない発展をしてしまい、第三時代で行き詰まってしまった。

ゲーム紹介には「ドミニオンやレースフォーザギャラクシーに連なる発展ゲーム」と書いてある通り、流行のゲームで高い評価を受けるのは間違いない。同時進行によるインタラクションの薄さは、隣の人にどのカードを渡さないか選ぶのと、軍事力の競争をすることで解決されている。

なお、エッセン国際ゲーム祭で限定販売された第八の不思議「小便小僧」は初日午前中で瞬殺していた。

7 Wonders
A.ボーザ/レポスプロダクション(2010年)
2〜7人用/10歳以上/30分
ホビージャパンより近日発売予定

コメントする

カレンダー