プゥー(Prrrt...)

| コメント(0) | はてなブックマーク - プゥー(Prrrt...) 

おならの犯人は誰か?

密室で起こったおなら事件の犯人をつきとめるフランスのパーティゲーム。昨年のエッセンで先行発売があり、今年から正式発売される予定となっている。ハエを押し付ける『モウ(Mow)』の続編で、箱を開けると早速、「プー」と音がする。

はじめに0〜7の悪臭ポイントが書かれたカードが配られる。この合計が一番多い人(同点の場合は、より臭いカードを持っている人)が犯人ということになる。徐々に公開されるほかの人の悪臭カードから、誰が犯人かを探ろう。でももしかしたら、犯人は自分かもしれない。そうだとしたら、最後まで隠し通すか、早々と白状するか。

スタートプレイヤーから順に、となりの人に「何かくせえぞ、お前が犯人だろ?」(セリフは自由)みたいに尋問していく。しらを切るならば、手札から1枚カードを公開して、次の人を尋問。白状するならば、場札の羞恥カードを受け取って失点となる。

1周して皆がしらを切った場合、羞恥カードが追加される。だから明らかに自分の悪臭ポイントが多いようであれば、早々に白状したほうがダメージが少ない。でもそこは人間の尊厳。自分が犯人だとうすうす気づいていても、しらを切ってしまうものだ。

こうして3周、誰も犯人を名乗り出なかったとき、最後の審判が下される。公開されたカードや言動から、犯人だと思う人を一斉に指さす。悪臭カードを公開して、犯人だと確定した人は場札の羞恥カード(シチュエーションによって増減する)+指さされた分の羞恥カードを受け取る。

しらを切っているうちに状況が変わることもある。悪臭カードには特殊効果があって、悪臭カードを交換したり、押し付けたり、捨てたりできる。悪臭ポイントの強いカードほど効果も強力なので、諦めてはいけない。

尋問は隣の人にしかできず、カードの特殊効果で何とかなることも多いので、ブラフゲームという感じでも、推理ゲームという感じでもない。それでも「やばい、俺かな……」とだんだん焦ってきて、手札を公開するにつれ追い込まれてくる感じは、ほかのゲームでは味わえない独特のプレイ感。エレベーター内、ラブホテル内(ばればれだろうけど)など、シチュエーションに合わせて、皆でクサイクサイ言い合うのは妙に盛り上がる。人数多めでワイワイ遊ぶのがよい。

Prrrt...
B.カタラ、L.モーブラン作/ウリカン(2011年)
3〜7人用/8歳以上/15分
ホビージャパンから限定販売終了、一般販売未定

コメントする

カレンダー