屋台料理大食い勝負(小吃大胃王 / Taiwan Snackbar)

| コメント(0) | はてなブックマーク - 屋台料理大食い勝負(小吃大胃王 / Taiwan Snackbar) 

腹八分目は難しい

屋台料理大食い勝負

各サイズのカードスリーブを製作販売している台湾のスワンパナシア社が、ゲームマーケットに持ち込んだカードゲーム。ウノ系かと思いきや、カードを押し付けあうチキンレースで、「これは買いだよ」「どこで売ってるかな」と好評だった。

カードには美味しそうな台湾料理のイラスト。手番には、好きな料理を出してとなりの人に渡す。となりの人は、同じ料理を出してさらに次の人に渡すか、そのカードに書かれた枚数を山札から引く。そのほかにリバースや指名でやり過ごすこともできる。

同じ料理を出して次の人に渡すと、数字が累積して山札から引く枚数が増える。「2」の「臭豆腐」なら2,4,6…と穏やかに増えるが、「6」の「油肉飯」だと6,12,18…と激しい。

ただし、目的は手札をなくすことではない。山札の中からたまに出てくる「もう食べられません!」カード(-1点)を引かないことなのである。最初、「もう食べられません!」カードは山札の中に1枚しかない。少ない枚数なら、引けるうちに引いておき、絶体絶命の押し付け合戦に備えておきたいところだ。

「もう食べられません!」カードが引かれるたびに、捨て札をシャッフル。「もう食べられません!」カードを増やして次のラウンドを始める。ロシアンルーレットの弾が1発ずつ増えていくような感じで、山札から引くのがどんどん怖くなる。

誰かが3枚目の「もう食べられません!」カードを引いたら終了で、マイナスの少ない人が勝ち。同点の場合は、手札の多いほうが勝つ。そのためにも、引けるところでは引いておきたい。

ここは大食い大会。食べない(カードを引かない)ままでは終われないが、食べ(引き)過ぎるといつ限界が来るか分からない。そんなジレンマが絶妙である。2ゲーム遊んで、1ゲーム目はできる引かないようにしていたが、それでは勝てないことが分かり、2ゲーム目は適度に引く展開。そうなるとみんなが「もう食べられません!」カードを引いて均衡してくる。勝敗がどうなるか分からなくなる中、鴉さんが思い切って3枚目を引いて終了。かろうじて無傷だった私の勝利。

小吃大胃王 / Taiwan Snackbar
倉木羽/スワンパナシア(2011年)
3〜10人用/8歳以上/30分

コメントする

カレンダー