仙台フォーチュン21

| コメント(0) | はてなブックマーク - 仙台フォーチュン21 

フォーチュン21は、4年前にオープンした国内初のボードゲームカフェである。当初は英会話カフェとしてスタートしたが、会話だけでは物足りないと『スクラブル』を始めたのがきっかけ。店長の千田さんが『スクラブル』以外にもたくさんのボードゲームがあることを知り、店内のボードゲームが少しずつ増えていったという。

一方の英会話カフェも継続しており、その結果、ボードゲーム好きな外国人が集い、日本人のボードゲーム愛好者とボードゲームで交流する独特の空間が生まれた。

TBC東北放送の深夜番組『このへん!!トラベラー』ではお笑い芸人のトータルテンボスとオリエンタルラジオが訪れた。英会話のシーン以外カットされてしまっているが、ボードゲームを楽しんでいったという。千田店長さんも登場。

一昨年の東日本大震災でしばらく営業できなかったのを機に、千田店長は京都に長期滞在。そこでゆうもあゲーム会をはじめ数多くのゲーム会に参加して知見を広めた。営業再開後はボードゲームイベントの告知を密に行うようになったのに伴って参加者が増加。特に『ドミニオン』と『人狼』の愛好者が集まる。

仲間で来店する人もいれば、ここで知り合ってボードゲームを遊ぶ人もいる。東北の玄関である仙台という土地柄と、千田店長の明るい人柄が、初対面でも溶け込める雰囲気を作っている。2~3人の仲間で来ていた人も、もっとたくさんの人数で遊べるため、自ら持ち込んで遊ぶというケースもあり、遊べるボードゲームの種類はどんどん増えている。

店内は4~5卓くらいの広さで、キッチンがすぐそばにある家庭的な感じで、子供連れでも楽しめる。席料とワンドリンクで1000円が基本料金。そのほかのメニューは日替わりで軽食もある。現在は火曜日と日曜日の13:00~19:00(延長あり)と、それ以外の曜日は予約に応じて適宜営業しており、定期的にボードゲームのイベントも開かれている(告知はミクシィかツイッターにて)。

フォーチュン21は『カタンの開拓者たち』で宮城県のCPCにも登録されており、今後は仙台大会の開催も企画されている。

昨日はカナダ人のダニエルさんがゲーム会を開くというので参加した。大雪のため到着が遅れたが、何人か残っていた方と『ダイヤモンド』を遊ぶ。奥のほうでは『ブロッカーズ』が遊ばれ、後からは『パイレーツ』が立っていた。お話を伺うと、近隣では生徒とボードゲームを遊ぶ学習塾があったり、学生のボードゲームサークルメンバーが出張してきたり、人狼を遊ぶサークルもあったりするとのことで、ボードゲーム先進地域であることを感じた。

ボードゲームカフェFortune-21
宮城県仙台市青葉区春日町10-23-春山ビル1階
地下鉄「勾当台公園」駅より徒歩10分
電話:022-352-5565 Twitter:cafe_fortune21

フォーチュン21
家庭的で開放感のある店内。入り口で靴を脱いで入る

フォーチュン21
メニューとボードゲーム。お客様が置いていくものもあるという

コメントする

カレンダー