もっとよせて(Dicht dran)

| コメント(0) | はてなブックマーク - もっとよせて(Dicht dran) 

一番近いと思ったのにぃ!

中央に出されたカードに最も近い数字を狙うカードゲーム。それと同時に、2枚のカードの間に入っていないといけない。このカードは通るや否や?

6枚のカードを円形に並べ、そのうち1枚を中央に移動したらスタート。全員一斉にカードを出して、中央のカードに一番近かった人(一番近い人が2人いた場合、数字の大きいほう)が得点となる。それ以外の人は、別の2枚のカードの間に数字が収まっているかをチェックして、外れていると山札から引かなければならなくなる。カードは1~100までで、重複はない。

写真では、22が「目標カード」。これに対して、21を出した人が22のカードをゲットして得点になった。それ以外の人は、42と52の間に収まっているかをチェック。47のカードはセーフである。

リスクを承知で目標カードを狙うか、諦めて失点しないようにするかが悩ましい。目標カードと、2枚のカードは毎回変わっていく。2枚のカードの間が狭くなると絶体絶命。「出せるカードがないよ!」と思って出したら、他の人もあまりもっていなくて目標カードをゲットできたりもする。『ニムト』のような、一か八かの賭けや、してやったり感が楽しい。

もっとよせて

誰かの手札か山札がなくなったら前半終了。得失点を合計して後半に入る。前半と後半の合計が多い人の勝ち。

前半は手探りだったが、後半になると、どのようにカードを出していったらいいかコツが飲み込めてくる。この次、この次の次の目標カードと2枚のカードが分かっているので、そこに出すカードを温存しておくという戦略も有効なようだった。前半は私が1位で折り返したが後半、鴉さんが巻き返して逆転した。

逃げてばかりいては得点できないが、無謀プレイは失点になってしまうところがよい。簡単なルールで1枚1枚に一喜一憂できる楽しいゲーム。『ニムト』に飽きた方などに。

Dicht dran
R.シュタウペ/ニュルンベルガー・シュピールカルテン(2013年)
3~5人用/8歳以上/20分
ゲームストア・バネスト:もっとよせて

コメントする

カレンダー