ボドゲ五観の偈

| コメント(0) | はてなブックマーク - ボドゲ五観の偈 

『五観の偈(ごかんのげ)』とは、禅宗で食事の前に唱える偈文である。 修行道場では毎日、朝食と昼食の前に、みんなで声を合わせて唱えている。すべてに感謝し、自らの行いを反省し、欲張らず、節制を心がけ、修行に邁進することを誓う。

これのボードゲーム版はできないかと考えた。ボードゲームという趣味の敷居を高くするつもりはないが、この頃ポジティブに臨めないというお悩みをおもちの方は遊ぶ前に密かに心に誓ってから始めてはどうだろう。

一、楽しさを つくってくれて ありがとう
(このボードゲームがどのようにしてできたかを考え、デザイナー、出版社、流通業者、翻訳者、インストしてくれた人たちに感謝をいたします。)

二、今ここで ご一緒できて 幸せです
(一緒に遊ぶことができるのも何かの縁。ここに集ってくれた仲間にも感謝をいたします。)

三、言いません やめようゲームの 好き嫌い
(どんなゲームでも腐ったり文句をいったりせず、最後までめいっぱい楽しむことを誓います。)

四、脳きたえ 心なごます よき薬
(ボードゲームとは良薬なのであり、頭脳とこころの健康を得るためにプレイします。)

五、レッツプレイ 今を大事に 生きるため
(今このボードゲームをプレイするのは、自分の人生を輝かせるためです。)

こんなことを思いついたのは、長年ボードゲームをやっているうちにボードゲームの欠点をあげつらったり、あまつさえデザイナーや、ショップの文句をいうことにボードゲームの楽しみを見い出しているような愛好者の話を聞いたからである。振り返れば自分自身にも知らず知らずのうちにそうなりかけているような気もする。始めたての頃のように純粋な気持ちで楽しもうとするならば、感謝や謙虚な気持ちといった精神面でのコントロールが必要になってくる。

私のボードゲームライフで一番大切なものは一緒に遊んでくれる仲間。そしてすぐれたアイデアと膨大なテストプレイでボードゲームを開発してくれるデザイナー、美しいコンポーネントで製作してくれる出版社、面白いゲームを厳選して輸入し、ルール翻訳を手配し、販売してくれる輸入代理店や専門店といった働く方たち。さらに情報を融通し合う世界のボードゲーム愛好者、どこまでいっても人人人である。ありがとうございます。

コメントする

カレンダー